森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【サバイバル・ウェディング】見逃し1話のあらすじとネタバレ感想「ドン底女、立ち上がれ!幸せつかむ戦い始まる!」

f:id:aeron501:20180705004604j:plain
出典:公式サイトより

【サバイバル】見逃し1話のあらすじとネタバレ感想「ドン底女、立ち上がれ!幸せつかむ戦い始まる!」

「サバイバル・ウェディング」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月14日時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【サバイバル】見逃し1話のあらすじ「ドン底女、立ち上がれ!幸せつかむ戦い始まる!」

2018年3月
寿退社として出版社勤務の最後の日を迎えあいさつをする黒木さやか(波留)
しかし、一緒に住み始めてすぐに婚約者の和也(風間俊介)の浮気がバレてしまう。
それどころか和也はいきなり「結婚できない」と言われてしまう。

結婚のことも、さやかが会社を辞めることも和也は一言も言っていないと言い。
色々なことが「重い」と言われてしまう。
そして、結局婚約は解消となった。


仕事を辞めてしまったのでカードの支払いができない。
困ったさやかは元の上司に泣きついた。
同じ職には戻れないが別の雑誌なら戻れるかもしれないと言った。

紹介されたのはrizという30代女性向けの雑誌の仕事
そのrizの編集長は宇佐美(伊勢谷友介)という男
宇佐美から出された唯一の条件は「半年以内に結婚すること、できなければクビ」

rizで婚活をテーマに扱うという。
そのrizで本当の婚活とは何かを体当たりで取材しろという。

その企画はできないと断るさやかだったっが結局それができなければ無職になってしまう。
仕方なく受けることに。

そして、婚活と言っても新しい男を捜すのではなく、その元カレ和也(風間俊介)と復縁してもいいと言った。

そして宇佐美からの指示は「2週間」和也からの連絡を無視しろというもの。

さらに宇佐美は部署のスタッフにさやかに好きなだけ仕事を頼んで良いと全員に言った。

そんな風に忙しくしているさやかに1週間ぶりに和也からのメール。
すぎに返信したくなるさやかだったが宇佐美の目が光っている。
2週間は返信できない。


そして、さやかの忙しい日々が始まった。
毎日仕事に追われ、和也の連絡を無視して、2週間が過ぎた。

そして、和也からのメール
そろそろ和也と連絡を取りたいさやかは宇佐美に懇願する。
宇佐美は「次の行動が重要だ」と次に会うときのことについて説明した。
さまざまな事例を挙げてさやかに説明した。

そして、和也と会う日
和也と会う時間は30分だと指示した。
さらに30分たって和也と別れた後に別の男と会う約束をして、その様子を見せろとと言う。
そのことでさやかの商品価値を高めるという。
その次に会う男性の役目を宇佐美が育てたモデルに頼もうと言った。

いよいよ和也との再会
そして、さやかは携帯のタイマーを30分にセットした。

さやかは宇佐美の指示通り、別れた後も落ち込むことなく充実しているとアピールした。

和也は思いでの店に行こうと持ちかけたが30分で切り上げて行かなくてはならない。
30分後、さやかは和也に今日は予定があると告げ別れた。

そして、さやかが待ち合わせだと行った場所には宇佐美がオープンカーで現れた。
そのままさやかは宇佐美の運転するオープンカーに乗り込んだ。

そして、ふたりはさやかの行きつけのホルモン焼き屋へ

宇佐美は元カレが自分の所有欲を満たすために近づいてくるが体は許すなと指示した。
「大切にされたかったら、すぐに手に入るような存在じゃだめだ」と言った。
そして「大切にされるかどうかは自分次第だ」と教えた。

数日して、さやか(波留)がアパートに戻るとそこには和也(風間俊介)が待っていた。
そしていきなりキスを迫った。
一度は拒否したさやかだったが二度目は受け入れてしまった。
宇佐美の指示を破ったことになる....

「サバイバル・ウェディング」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月14日時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【サバイバル】見逃し1話の感想「ドン底女、立ち上がれ!幸せつかむ戦い始まる!」

思っていた感じと違う展開です!
もっとさやか(波留)は突き放されひとりで作戦を練って行動していくのかと思いましたが当面の戦略は宇佐美(伊勢谷友介)が練る模様。

それはそれとして宇佐美の戦略はなかなか聞いていて恋愛だけでなく「生き方」のようなものにも通じる感じでタメになります。

それにしても風間俊介さん演じる和也の「クソヤロー加減が...」