森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【健康で文化的な最低限度の生活】見逃し動画情報と1話あらすじ感想

f:id:aeron501:20180717230256j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

【健康で文化的な最低限度の生活】見逃し動画情報と1話あらすじ感想

『健康で文化的な最低限度の生活』見逃し配信はFOD
【AD】【FODプレミアム】1ヶ月無料おためしはコチラから

登録後に別途ポイントの購入が必要です。

本ページの情報は2018年7月17日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

「健康で文化的な最低限度の生活」見逃し動画配信について

「健康で文化的な最低限度の生活」は7月17日(火)よる9時からフジテレビ系列で放送が開始されました。
(制作は関西テレビです)

見逃し配信は関西テレビ系とフジテレビ系とがあるのですが管理人のオススメは「フジテレビ系列のフジテレビオンデマンド」です。

関西テレビ系列の「カンテレドーガ」もいいのですが「フジテレビオンデマンド」の方が配信本数が多いのでオススメです。

フジテレビオンデマンド利用するためには「FODプレミアム」への登録が必要となります。
また、この「健康で文化的な最低限度の生活」については登録後に別途ポイントの購入が必要となってしまいますのでご注意ください。

ただ、この視聴用のポイント以外については月額888円(税抜)で見放題となるドラマやバラエティ番組が多数ありますから充分に元は取れると思います。

『健康で文化的な最低限度の生活』見逃し配信はFOD
【AD】【FODプレミアム】1ヶ月無料おためしはコチラから

登録後に別途ポイントの購入が必要です。

本ページの情報は2018年7月17日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【健康で文化的な最低限の生活】1話のあらすじ

主人公の義経えみる(吉岡里帆)は大学を卒業し東京都東区役所の福祉保健部生活課勤務となる。

同期のうちえみるを入れて5人が生活課の配属となった。
同期は生活課での勤務に戦々恐々とする。

生活課の上司係長京極(田中圭)は早速厳しい言葉を新人達にかけた。

生活保護とは「生活に困窮するすべての国民に対し、最低限度の生活を保障し、自立を助長することを目的とした制度」

同じくケースワーカーの半田(井浦新)は京極とは異なり優しい態度。

今回、えみるが担当するのは110世帯
ケースワーカーとして援助をしていくというがいきなりの資料の多さに圧倒される。

えみる(吉岡里帆)は各世帯の調書を読み、どの世帯も特殊な事情を抱えていることに驚く。

早速、えみるは忙しさに目が回りそう。
そんな時、早速担当となった平川という男子が電話をかけてきて「死にます」と宣言した。
この平川の「死にます」は時々あるらしく周囲の人々は驚かない。
近所に住む親戚に様子を見に行ってもらおうと電話をかけた。
しかし、親戚ももう20回以上も同じことがあると笑って電話を切られてしまった。

そのまま、電話を切ってそれっきりになってしまった。
そのとき、半田(井浦新)に呼ばれ外回りに。
生活保護受給世帯の生活状態の調査。
早速、最初の世帯を訪問する。

そこでえみるは小学生の子供に「何か困ったことあるかな?」と聞くが「叶えてくれないなら気軽に聞かないで欲しい」と言われてしまう。


翌日、出勤すると昨日のあの「平川」が亡くなったという。
近所のビルから衝動的に飛び降りたようだ。
京極(田中圭)はえみる(吉岡里帆)のせいではないと気にするなと言う。

周囲の人たちも気にして言いたら身が持たないと言った。
中には「自分の担当がひとケース減って良かったじゃん」と言う人までいた。
しかし、えみるは「それは言ってはいけない」という気持ちで一杯だった。

えみるは半田(井浦新)と平川の部屋を訪れた。
そして、救いきれなかった命の重さを感じた。

夜の役所でひとりになったえみるは涙を流した。


そして2ヶ月後
それでもえみるは強く働いていた。

ある日、えみるの担当する受給者の阿久沢(遠藤憲一)がやってくる。
1日1食しか食べていないという。
そのことで阿久沢が食事も食べられないような何かにお金を使っているのではないかとの疑いがかかる。
半田(井浦新)も京極(田中圭)も家庭訪問し徹底調査しろと指示する。

そして、えみるが阿久沢の家を訪ねると阿久沢は何か借金をしているようだ。
そんな阿久沢のことに親身になって考えるが阿久沢はやる気を出さない。

そんな時、阿久沢(遠藤賢一)が警察に逮捕された。
しかし、そのことについて阿久沢は多くを語らなかった。


えみる(吉岡里帆)は阿久沢(遠藤憲一)を問い詰めるが阿久沢はそんなえみるに「これ以上、関わらないで欲しい」というがえみるは一方的に善意の気持ちを押しつける。
ちょうどそのとき半田(井浦新)が現れる。
そして、ふたりの間に入り、穏やかに話を聞く。
その姿を見てえみるは自分で考え、役所に戻り阿久沢の資料を全て読み直した。
えみるは再び阿久沢の元を訪ね、やっぱりチカラになりたいと言った。

その重いに阿久沢も答えようとする。
そして、債務整理のためにやっと「法テラス」へ

そこで分かったのは阿久沢の債務は過剰な金利での過払いでもう返済しなくてもいいようだと言う。
阿久沢は借金がなくなり喜んだ。
そんな阿久沢にえみるも救われたと礼を言った。

結局、阿久沢の借金は完済しており更に過払い金の150万円が返還されることとなった。

「健康で文化的な最低限度の生活」1話の感想

吉岡里帆さんも良いですが個人的には井浦新さんがいいですね。
「アンナチュラル」の医師役やコントレールの影のある役とは違って少し明るめです。
1話を見た感じではいい人役ようです。