森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【高嶺の花】見逃し2話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180629011935j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【高嶺の花】見逃し2話のあらすじと感想

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年7月18日時点のものです。

「高嶺の花」見逃し2話のあらすじ

華道の名家「月島家」
その長女もも(石原さとみ)
その才能は天性のもの。
しかし、その自由奔放菜性格から跡取り話は疎遠。

父もその才能を認めている。
時期家元はももだと考えているようだが、今は失恋の影響で華道にも影響が出ていることを心配した。


その「もも」に近づいてきたのは新興流派の華道家宇都宮龍一(千葉雄大)
龍一はももと結婚して華道界でのし上がろうとしていた。


もものものとプーさん(峯田和伸)から電話
ぷーさんとその友人達(袴田吉彦ら)は何故かもものことを「キャバ嬢」だと思っているのだ。
そして、「今日はお店にいるの?」と尋ねてきた。
話を合わせて「ボトルサービスしちゃう」と言ったももだったがさて困った。
そして近場のキャバクラに「社会科見学」だと称して店に入っていった。


月島ルリ子(戸田菜穂)はももに興味を示した龍一にももは自分の娘ではない、結婚は自分の本当の娘である「なな(芳根京子)」とお願いしたいと二入だけで話した。

しかし、龍一もそれなりに考えがあるようだ。
その代償として龍一はルリ子の体を要求した。


もも(石原さとみ)はキャバクラに面接。
取り合えず自分の客(プーさん達)以外のテーブルには付かないと無理を言って入店した。
そして、プーさんたちが店に。
ももが姿を現すと雰囲気が一転した。

ももはぷーさんたちととても楽しく過ごした。
そして、帰りの車のなかで元婚約者の拓真(三浦貴大)からの電話に驚いた。
拓真は明日会って話がしたいと言った。


そして翌日、ももは拓真に会った。
拓真はももを捨てて今の妻と結婚したが、今の妻を愛していない、子供のことで責任をとっただけだと言った。
その言葉を聞き、ももは吹っ切れた。
そして、今まで捨てられなかった指輪を渡し、あなたが捨ててと帰るように促した。


その帰り道、ぷーさんの自転車屋に寄る。
ももは昨晩のキャバクラの流れで「ぷーさんと付き合うことになった」と居合わせた元教頭先生の三宅(城後光義)と秋保(高橋ひかる)に話す。
それでもぷーさんはそのことに難色を示す。

ももは超上から目線で「付き合ってやる」と言うがプーさんは乗ってこない。
結局、ももが怒って飛びだして行ってしまった。
それでもぷーさんは「元気が出たみたいで良かった」と言った。

【AD】石原さとみさんの「キャバ嬢」と言えば『ディアシスター』が必見ですが今ならFODプレミアムで見放題です
【AD】『ディアシスター』FOD全話見放題はコチラから

もも(石原さとみ)は拓真(三浦貴大)とのことをなな(芳根京子)に話す。
そして、この状況にももは「華を生ける」と宣言した。
今は自分のことが見えていない、もっと自分を見直さなくてはとももは気持ちを込めた。
そして、倉にこもった。


なな(芳根京子)の前に龍一(千葉雄大)が姿を現すがななは龍一のことを避ける。


もも(石原さとみ)は倉にこもって華を生けていたが夏祭に顔を出した。
そこではぷーさんの太鼓の演舞が披露されていた。
もも(石原さとみ)も一緒に舞台に上がり太鼓を叩く。

太鼓を叩きながらももは拓真の言葉を思い出し、涙を流した。
その姿を見てぷーさんも切ない気持ちになった。

それでも帰りにぷーさんと少し話をしたももの心はまた少し軽くなった。

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年7月18日時点のものです。

「高嶺の花」2話の感想

やっぱり石原さとみスゲーとなりました(笑
というか面白かったです。
たぶん、この感じ石原さとみさんしか出せないよなーと思いながら見ていました。

途中、高飛車な感じで超上から目線で石原さとみさん演じるももがぷーさん(峯田和伸)のことをディスる訳ですがぜんぜん嫌味なくすんなんり入ってきました。
自分で「高嶺の花」と言っちゃうあたりさすがに心配ですが個人的にはぜんぜんアリでした。