森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【透明なゆりかご】見逃し1話のあらすじと感想「命のかけら」

f:id:aeron501:20180720215502j:plain
出典:NHK公式サイトより

【透明なゆりかご】見逃し1話のあらすじと感想「命のかけら」

そんな『透明なゆりかご』の見逃し配信情報や再放送情報などについてまとめていきます。

U-NEXTでは「透明なゆりかご」の見逃し配信がスタートしました。
▶▶▶「U-NEXT」お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年7月20日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

『透明なゆりかご』1話のあらすじ「命のかけら」

1997年夏
自転車で急ぐ女子校生アオイ(清原果耶)
着いたのは産婦人科、建物の前にひとりの妊婦が待っていた。
今日は産婦人科は休みだが、病院の前で倒れた。

急遽、産婦人科医で診察をするが妊婦は母子手帳もなく「厄介な患者」として少し迷惑がられた。


アオイは今日からこの産婦人科「由比産婦人科」で看護助手としてアルバイトをすることとなった。
初日からの遅刻で看護師の望月(水川あさみ)に小言を言われてしまった。

そんな中、アオイは急遽院長の由比(瀬戸康史)の手伝いをすることに。

そこで人口妊娠中絶の処置の手伝いをする。
高校生のアオイにとっては初日の初めての処置の手伝いが「中絶」という衝撃的な光景を見ることとなった。

由比は淡々と処置をするがアオイはその隣でじっと立ち会っていた。
その様子に驚くでもなく、不思議と冷静に行動をした。


由比産婦人科は忙しい。
初日のアオイですら分娩室の手伝いにかりだされる。
中絶手術をさっき手伝ったばかりなのに今度は出産の手伝い、アオイ(清原果耶)は不思議な気持ちになった。
自分でも気がつかないうちに自然と涙が流れた。


アオイが家に帰ると母の史香(酒井若菜)がくす玉を用意していた。

アオイは初日から大変だったと話す。
母も自分の娘の初バイトに少し感慨深そうだ。


翌日もバイト
望月(水川あさみ)はアオイに色々なことを教えてくれた。


そんな中、初日にアオイが病院の前であった女性は出産後姿を消した。
入院費も出産費も未払い、病院に届け出た名前や住所もすべて嘘だった。

由比(瀬戸康史)は警察に届けた。
しかし、夜になってあの女性は赤ちゃんの父親と思われる男を連れてきた。
男性とは不倫関係だろう。
男性は子供を産むことは知らなかったと強い口調で不満を言った。
赤ちゃんは父親からも母親からも望まれなかったのだろうか、アオイ(清原果耶)はその事実に複雑な気持ちになった。

その女性は田中と名乗ってはいるが偽名
不倫相手の子供を産めば結婚できると思っていたと子供に興味はないと言い切った。
しかし、アオイが赤ちゃんを連れてくると少しだけ興味を持ったようだ。
そして、抱き上げると母親として、何か自覚が目覚めたのかもしれない。

それから田中は自分の子供の世話を楽しそうにした。

田中は本当の名前は木島と言い、赤ちゃんに「健太」と名前を付けてとても前向き退院していった。
しかし、その赤ちゃん健太くんは退院後すぐに亡くなった。
授乳中に窒息死したのだという。
事故として処理されたようだ。
それは虐待かもしれないと看護師たちは話したがアオイはそうではなく健太は愛情に包まれながら亡くなっていったと信じたかった。


アオイ(清原果耶)は毎日繰り返される命のやりとりに悩んでいたが、それは自分にとってとても大切なことだと思っていた。

『透明なゆりかご』1話の感想「命のかけら」

日本で一番多い「死因」
実は病気では亡く中絶だと知りとても衝撃的でした。

望まれない命
女性だけが身体的な負担を強いられる....なんとも言えない気持ちです。
そんな衝撃的なテーマを扱ったドラマ、もちろん明るいテーマもありながら進んでいきました。

色々と考えさせられるドラマです。

明朗な看護師役の水川あさみさん、少し娘との距離感に困っている母親役の酒井若菜さん、冷静な産婦人科医役の瀬戸康史さん、そんなメンバーの中にあってもまったく同等な存在感の清原果耶さん、かなり期待できます。 というか期待してます、これから楽しみですね。

そんな『透明なゆりかご』の見逃し配信情報や再放送情報などについてまとめていきます。

U-NEXTでは「透明なゆりかご」の見逃し配信がスタートしました。
▶▶▶「U-NEXT」お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年7月20日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

『透明なゆりかご』電子コミックお試しはコチラから
『透明なゆりかご』電子コミックお試しはコチラから