森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【サバイバル・ウェディング】見逃し2話のあらすじとネタバレ感想「脱!元カレ底なし沼になるか!?ついに王子登場」

f:id:aeron501:20180705004604j:plain
出典:公式サイトより

【サバイバル・ウェディング】見逃し2話のあらすじとネタバレ感想「脱!元カレ底なし沼になるか!?ついに王子登場」

「サバイバル・ウェディング」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月21日時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【サバイバル・ウェディング】見逃し2話のあらすじ「脱!元カレ底なし沼になるか!?ついに王子登場」

30歳目前で寿退社をしたが婚約破棄により行き場を失ってしまった黒木さやか(波留)
元々勤務していた出版社に復職を申し出るが別の部署なら受け入れてもらえるということで何とか復職。
しかし、そこでは婚活コラムを担当し、半年以内に結婚しろという。
結婚できなければクビという無茶な指示をされる。

その指示を出した編集長の宇佐美(伊勢谷友介)は元カレの和也(風間俊介)には会うなと言い、万が一でも体を許したりすることはダメだと強く言っていた。
しかし、さやかはあっさりと体を許してしまった。

お互いに必要な存在だと信じたかったさやかだったが体を許してしまうと和也はすぐに帰ってしまった。
しかも帰り際には「今の関係がいいんじゃないか」と都合のよいことを言ってきた。


さやかは宇佐美の指示に背いたことにヒヤヒヤしながら出社した。

そして、さやかの婚活コラムが始まる。
そしてコラムのタイトルは「サバイバル・ウェディング」に決まった。


さやかは元カレとのことを同期の三浦多香子(高橋メアリージュン)に相談するが多香子は絶対に反対だと言う。
そんなのは最悪、都合のいい女だと言い、自分なら絶対に無理だと言った。

多香子は今のさやかは「元カレ底なし沼」だと言った。


そして、多香子から引き継いだ川村製薬のタイアップキャンペーンのために出向くとそこには広告代理店の柏木(吉沢亮)という広告マンがいた。
さやかは柏木のことを一目見て「元カレ底なし沼から助けてくれる王子様」かもと思ってしまった。

そして、打ち合わせでは川村製薬の愛され系女子の栗原美里(奈緒)からの激しいツッコミを受けるも、柏木がかばってくれた。
そして、帰りのバスで柏木と一緒になった。
以前、フェスでくまの着ぐるみの人に弁当を渡したことがあった。
その中に自分が入っていたと柏木が言った。
またしても、運命的なことを感じてしまうさやか(波留)だったが、帰りのバスではすっかり寝てしまい柏木にずっと寄りかかってしまった。
帰り際、「黒木さんって面白人ですよね」と言われ少しヘコんでしまう。


さやか(波留)は第1回のコラムを執筆するが編集長のOKがでない。
そんな日だが和也(風間俊介)が泊まりに来たいと連絡が入る。
宇佐美(伊勢谷友介)から元カレとの接触を禁止されていることや原稿が上がらないこともあり、今日は会えないと告げた。
しかし、和也は「今日はふたりにこれからのことを話そうと思ってた」と強めの口調で言われ電話を切られてしまった。

さやかは落ち込んだが「私たちって、どんな関係なの?」と聞きたかったが和也の機嫌を損ねそうで聞けなかった。

和也との電話を切った後に多香子(高橋メアリージュン)からメッセージが届く。
元カレとのことを宇佐美(伊勢谷友介)に報告しておいたと言う。
そして、何かあったら行きつけの「クリフ」というバーにいるからおいで、と誘った。


そして、さやか(波留)は宇佐美に呼び出される。
当然怒られると思い、宇佐美の部屋に行くとエスプレッソを用意してくれていた。
そして、元カレとの関係を断ち切り、次の男に目を向けるんだと言った。
しかし、さやかは「できない」と答えた。
自分でも都合のいい女だと自覚していると言った。

宇佐美(伊勢谷友介)はさやか(波留)のことを咎めなかった。
指示を守れなかったことで叱られると思っていたさやかは意外だった。
そして、宇佐美はルイヴィトンのブランドポリシーの話を例えに出して、さやかに「自分を愛して、自分を大切にしろ」と言った。
元カレに成り行きで体を許すことは自分を大切にしていないと言った。
さやかは最初は不満があったが話を聞くうちに宇佐美が自分のために言ってくれた言葉に感謝した。
そして、宇佐美の指示に従ってみようという気持ちになった。
「次の戦略を教えてください」と宇佐美の指示を仰いだ。

宇佐美は次の戦略は「リセット」だと言った。
今の自分をリセットしろと言い、部屋の要らないものは全て処分しろと指示した。
その指示には多香子(高橋メアリージュン)付き合ってくれた。
さやかはひとりではあれこれ処分できないと思い頼んだのだ。

多香子はどんどん捨てていった。
そして、和也(風間俊介)との写真はさやかが自ら捨てた。
和也の携帯の連絡先も消去した。
和也との待ち受け画面も消した。
和也との思い出のマグカップも捨てた。

自然と涙が流れた。
そんなさやかを見て多香子が慰めた。


そんな気持ちで書いたコラムは宇佐美も褒めてくれた。
しかし、雑誌にさやかのリアルな写真を載せると言われさやかは「ムリ」と言い、イラストを使いたいと提案した。
宇佐美も渋々OKしたが「Rizにふさわしいイラストレーターを探せ」と指示した。

【サバイバル・ウェディング】2話ネタバレ感想「脱!元カレ底なし沼になるか!?ついに王子登場」

今回はどうも風間俊介さん演じる和也のクソヤローぶりが目立ってしまいますねー。
あまりにもひどいのですが実際にこんな男もいるんですかね。

ちゃんとさやか(波留)が吹っ切ってくれればいいのですが。

とは言え今回「元カレ断捨離」を一緒に結構してくれた高橋メアリージュンさん演じる多香子も何やら元カレを断ち切れていない雰囲気をだしています。

「半分、青い。」の菜生ちゃん(奈緒)が今回はちょっと感じの悪い「愛され女子」役で衝撃を受けています。
何故か「倉科カナ」さんが浮かんでしまいます。

伊勢谷友介さん演じる宇佐美も何だかんだ言いながらやさしい感じです。

とりあえず早いところ元カレ和也を吹っ切って欲しいところです。

「サバイバル・ウェディング」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月21日時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。