森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【絶対零度】3話のあらすじと感想「昏睡状態で殺人!?予測不能の犯人」

f:id:aeron501:20180627004034j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【絶対零度】3話のあらすじと感想「昏睡状態で殺人!?予測不能の犯人」

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月23日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

【絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜】3話のあらすじ「昏睡状態で殺人!?予測不能の犯人」

井沢(沢村一樹)の過去の記憶か...
井沢が必死に家に妻と娘が刺殺されていた。
その後、犯人を追い詰めた井沢は犯人を射殺?
1話冒頭のシーンの犯人は井沢の妻子を殺した犯人だった。


山内(横山裕)が井沢(沢村一樹)を屋上に呼び出す。
山内は死んだ桜木(上戸彩)のメモに井沢の名前があったことを追求する。
同じメモに井沢の妻子を殺した犯人の名前も書かれていた。
山内が問い詰めるが井沢は話をはぐらかして行ってしまった。


そして、「ミハンシステム」により新たな危険人物が特定された。

その人物は20歳の女子大生若槻真帆
真帆は1年前に自殺未遂を図ったが一命は取り留めた。
現在も通院しているが最近になって、所属していたテニスサークルのグループSNSに「復讐してやる」という書き込みをしている。
しかも、海外の通販サイトで大量のニトログリセリンを購入している。
そのことから危険を察知した。
ミハンチームのメンバーは1年もたってからの復讐に疑問を持っている。
しかし、小田切(本田翼)が病院に潜入するが真帆は今でも昏睡状態でとても復讐できる状態ではなさそうだ。

誰かが真帆になりすましているようだ。
小田切は真帆の病室に隠しカメラを仕掛けた。

そうこうしているうちに真帆の父親と出くわしてしまった。
小田切は真帆の予備校時代の友達だと嘘をついた。
すると真帆の父は病室に小田切を招き入れた。
そして、サークルでのことを少し話し始めたが、真帆が飛び降り自殺をするようなことはなかったようだと思っているという。

そして、テニスサークルの代表の湯川という学生も真帆の自殺に心を痛めているようだと言う。
湯川は薬学部の大学生でありながらカフェも経営している。
そして、小田切(本田翼)は湯川の店にバイトとして潜入し情報を集める。

そこで真帆の自殺未遂の直後から学校に来なくなってしまった阿部という男が怪しいという噂もあるようだ。

真帆が飛び降りる直前に阿部からのしつこい電話があったようだ。


小田切(本田翼)は引き続き真帆の友達になりすましたまま真帆の父と接触していた。
ある日、真帆の父と話をすると、真帆が飛び降りる前日に阿部が真帆に会いに来て揉めていたという。
そのとき、真帆は震えていたという。
真帆の父は阿部が何かしたのかもしれないと言った。


山内(横山裕)が阿部と接触したが阿部は「何も知らない」と言うだけだった。


井沢(沢村一樹)は大学の職員を装い真帆の病死を訪ねた。
そこであの脅迫メッセージが送られた日に湯川が密かに真帆の病室を訪れていたことが分かった。
脅迫メッセージを送ったのは湯川なのか?

井沢は何か違和感を感じていた。


小田切(本田翼)は店のバイト帰りに湯川と話をして、真帆のことを聞く。
すると暗がりで湯川が小田切に襲いかかった。
小田切はいつもなら湯川にも負けなくらいの格闘技の腕前なのだが、過去のトラウマがあるようで取り乱してしまった。
小田切は高校生の頃に暗がりで男に襲われたことがあるようだ、その過去のトラウマを抱えている。
後ろからの人の気配に常に敏感に気を使っている。
普段、人型のクッションを背中に背負っているのもそのせいかもしれない。


今回のことで湯川の過去の強姦事件が判明した。
湯川は過去に数回訴えられているがいずれもすぐに親の弁護士が示談に持ち込んでいた。
湯川にはそんな怪しし本性が隠されていたのだ。

そして、真帆の病室に仕掛けられていた隠しカメラに阿部の姿が映った。

阿部は意識のない真帆の手を握り泣きながら「あの日、守れなくてごめん」と言葉をかけた。
そして「やっぱり湯川が許せない」と言った。

真帆の自殺未遂の原因は湯川
湯川を狙うのは阿部


そして阿部が湯川を狙っている以上、湯川を守らないわけにはいかなくなった。
そして、湯川には小田切が付く。
小田切は湯川に会うと「昨日、私に何をたべさせたの、真帆さんの時もそうだったの?」と聞き、自首をするように言った。
しかし、湯川はしらを切った。


山内(横山裕)はこれまで黙っていたがあの日、真帆は湯川達に襲われ、その様子を動画に撮られていた。
阿部はその現場に居合わせ、止めに入ったが結局は湯川達に暴行を受け手も足も出せなかった。

そして、そのことを警察に訴えようと真帆を説得していたのだ。
真帆は誰にもあのことを知られたくない、父親にももちろん知られたくない、と拒否していた。
結局、阿部が説得した翌日に真帆は自殺を図った。

あの日、父親が見ていたのは阿部が真帆を説得している所だったのだ。
そして、これまで真帆のために黙っていたが、もう限界だと言う。

阿部は自分があんなにしつこくしなければ真帆が飛び降りなかったんじゃないかと悩んでいるという。


小田切は湯川の店にいた。
そして、大きな物音がしたので地下に向かうと何者かに後ろから殴られ気を失った。

小田切を殴ったのは真帆のリハビリ担当の理学療法士の大谷
真帆のことを見ているうちに大谷に愛情が芽生えた。
田村(平田満)が大谷の部屋に潜入するとそこには病室で昏睡状態の真帆の写真が部屋中に貼られていた。


元々、大谷は誰が真帆を自殺に追い込んだのかは知らなかった。
そして、真帆のスマホから「復讐してやる」とサークルのグループSNSに書き込んだことで真帆の病室を訪れた湯川が犯人だと知ったのだ。

大谷は小田切(本田翼)と湯川を地下室に縛り付け、爆弾のスイッチを入れた。
タイマーは15分


大谷は真帆の病室に戻り、点滴に何かを入れようとしていた。
真帆を死に至らしめるための何か「僕も後から行くからね」と声をかけ点滴に注射器を誘うとしたそのとき、井沢(沢村一樹)が現れた。

そして、湯川の店の地下では小田切が必死に脱出を試みていた。
残り2分のところで縛られたロープから脱出した。
ちょうど山内(横山裕)と田村(平田満)も駆け付けた。
小田切は湯川を置いて逃げたかったがそこは任務、湯川も「自首する」と約束した。
小田切はしかたなく湯川を救出を試みる。
そして、残り数秒
湯川のロープがほどけない。

残り2秒、「元爆発物処理班」の経験もある田村が爆弾を止めた。

何とか助かったが湯川は結局「証拠なんかないだろ」と自首しないという。
悔しいがなすすべがない。


結局、捜査一課の取調でも湯川は何の罪にも問われなかった。
そして、湯川が警察で事情を聞かれ出てくるとその様子を井沢が見ていた。
ガード下の人気のないところで何者かが湯川の額を撃った。

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月23日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

【絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜】3話感想「昏睡状態で殺人!?予測不能の犯人」

やっぱり井沢(沢村一樹)が湯川を殺したのか?
前回は井沢が危険人物としてミハンシステムにピックアップされていたけれど、今回も井沢が湯川のことを確認してその直後に湯川が射殺。

あーなんか昔のブラックエンジェルスを思い出す。
厳密には「ブラックエンジェルス」は読んでいなかったのであくまでイメージ
「殺しちゃうのが正義的な」

今回は上戸彩さん演じる桜木の件はあまりでてきませんでしたが、小田切(本田翼)の過去が分かりましたね。

とにかく井沢の挙動が怪しいので目が離せないです。