森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【健康で文化的な最低限度の生活】見逃し2話のあらすじと感想「不正受給疑惑...裏に高校生の夢と秘密」

f:id:aeron501:20180717230256j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

【健康で文化的な最低限度の生活】見逃し2話のあらすじと感想「不正受給疑惑...裏に高校生の夢と秘密」

『健康で文化的な最低限度の生活』見逃し配信はFOD
【AD】【FODプレミアム】1ヶ月無料おためしはコチラから

登録後に別途ポイントの購入が必要です。

本ページの情報は2018年7月24日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。

【健康で文化的な最低限度の生活】見逃し2話のあらすじ「不正受給疑惑...裏に高校生の夢と秘密」

えみる(吉岡里帆)はある家庭を訪ねる。
そこは日下部聡美(江口のりこ)と要介護の父、娘と息子の4人暮らし。
息子の欣也(吉村界人)は高校生だがギターに夢中。


えみるは仕事帰りに行きつけの定食屋に立ち寄る。
店主の青柳円(まどか:德永えり)はえみるによくしてくれる。
その定食屋の新人として阿久沢(遠藤憲一)が働いていた。

その日の夜、阿久沢は給料を貰った。
「今日だけは良いよね」とビールを買った。

今までは生活保護を受けていて自重していたが久しぶりのビールを飲んだ。


聡美(江口のりこ)は娘リナ(瑞城さくら)のSNSを見ると小遣いだけではやりくりできないような遊びをしている。
援助交際とかしていないのかと心配する。

その夜、欣也は妹に母がSNSを見ていると注意した。
そして、5000円の小遣いを渡した。


ある日、生活科の窓口でえみるの同期千奈(川栄李奈)は生活保護受給者の男性と口論になっていた。

結局「誰の味方なんだよ?」と言われ何も言えなかった。


ケースワーカーが集められる。
昨年度の各世帯の収入などのデータができたのだ。
そのデータを元に深刻なく収入がある世帯を確認し、不正受給の世帯には厳しく対応するという指示が京極(田中圭)から出された。
最悪の場合、刑事告発もあり得るというものだ。
そのリストの中に、あの日下部聡子の息子、欣也の収入があった。
「不正受給?」
欣也は高校生だがアルバイトをしているようだ。
そして、昨年29万円ほどのアルバイト収入があった。

まずは本人に話を聞くように半田(井浦新)から指示される。

日下部家ではこの欣也の収入を無申告だった、高校生のアルバイトと言えども申告が必要。
えみる(吉岡里帆)は聡美(江口のりこ)の元を訪ね、欣也のアルバイトのことを話す。

聡美は欣也のアルバイトのことを知らなかった。
そして、帰宅した欣也にアルバイトのことを聞く。
今回のケースでは欣也がアルバイトで得た収入の全額29万円分を返納しなくてはならない。
欣也はそのことで声を荒げ怒りだした。


聡美はどうにかならないかとえみるに相談する。
えみるは63条の存在を思い出した。
63条では「不正の意思がなく、やむを得ない理由があった場合」には一部免除されることもあるという制度があると言う。

そのことをえみるは聡美に言うと聡美も喜んだ。
しかし、京極(田中圭)は「不正は不正だ」と認めない。

かつては免除になっていたこともあったが最近は高校生のアルバイトでも全額徴収となる。
しかも、欣也(吉村界人)の確認書の署名もあった。

結局、全額の返済以外の道はない。
本来、申告さえしていれば半分以上は手元に残ったはずだった。
結局、えみるは聡美たちに安易に希望を持たせてしまった。


そして、半田(井浦新)に相談するが「まさか、今もアルバイトしていないよね?」という言葉
このままだと昨年分の29万円どころか今年の収入も全額没収されてしまう。


えみる(吉岡里帆)は悩みを抱えたまま、定食屋に
円(まどか:德永えり)と阿久沢(遠藤憲一)はえみるを優しく出迎えた。


えみる(吉岡里帆)は欣也(吉村界人)のアルバイト先を偵察する。
そこには先客として半田(井浦新)もいた。
そして、厨房に欣也の姿を見つけてしまった。
欣也もえみるの姿に気がついた。


いよいよ、えみるが日下部家に
上司の京極(田中圭)は同期の七条(山田裕貴)にも同行するように指示した。

えみるはまずはひとりでちゃんと話すと七条を外に待たせた。
そして、欣也も同席させ、29万円と今年の分、あわせて60万円ほど徴収しなくてはならないと告げた。
聡美(江口のりこ)はムリだと声を荒げた。

そして、欣也の部屋へ行き押し入れを開けると大量のCDとオーディオ機材がでてきた。

欣也は納得いかないと声を荒げ、そして「アルバイト代で買った」ギターを折ってしまった......

【健康で文化的な最低限度の生活】見逃し2話の感想「不正受給疑惑...裏に高校生の夢と秘密」

難しいところですねー
生活保護を受給するにはちゃんとルールがあって高校生のバイトであっても世帯の収入になるということですね。
確かに「高校生のアルバイトくらい」と思わなくもないのですが、納税している身としては、という感情もあります。

税金を使っているという所に難しさがあるのでしょうね。
ケースワーカーが厳しく接すれば良いというものでもないですしね。

ということで個人的には德永えりさん演じる円(まどか)あたりがいい感じだなーと思っています。
前期のデイジーラックでは気弱な主婦役でしたが今回は定食屋を切り盛りする男前な感じの店主役です。

遠藤憲一さんとのコンビもいい感じです。
えみる(吉岡里帆)とコンビの半田役の井浦新さんもいい感じです。

「タナケー」こと田中圭さんも今回は強めの役で良いですよ。

『健康で文化的な最低限度の生活』見逃し配信はFOD
【AD】【FODプレミアム】1ヶ月無料おためしはコチラから

登録後に別途ポイントの購入が必要です。

本ページの情報は2018年7月24日時点のものです。最新の配信状況はフジテレビオンデマンドサイトにてご確認ください。