森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【高嶺の花】見逃し3話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180629011935j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【高嶺の花】見逃し3話のあらすじと感想

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年7月25日時点のものです。

「高嶺の花」見逃し3話のあらすじ

風間直人(ぷーさん:演・峯田和伸)ともも(石原さとみ)はぷーさんの友人風間(吉田ウーロン太)の肉屋の前で揚げたてのコロッケを食べる。
原田は妻との関係をももに愚痴る。

スナック喫茶でぷーさんやもも、原田、田村(袴田吉彦)らはぷーさんの両親の話を聞く。

そして、話はももの失恋の話。
ぷーさんはももの失恋を忘れる必要はないと説明する。
忘れようとするから辛くなると言った。

そして、ぷーさんはこれからももの失恋話を聞いてくれると言ったがそのことを聞きももは怒ってしまった。
居合わせた男性陣はももがどうして怒ったのか分からなかったが店主の佳代子(笛木優子)はももが怒った理由が分かると言った。


もも(石原さとみ)は雑誌の撮影に臨んでいた。
そこに宇都宮龍一(千葉雄大)が姿を現す。
同行していたなな(芳根京子)は龍一の出現に困惑していた。


ぷーさん(峯田和伸)はもも(石原さとみ)が怒りだした理由を秋保(高橋ひかる)に相談する。
元カレの甘い話を聞くというぷーさんの言葉に秋保はももが怒るのは当然だと秋保も怒り出した。


ももが家に戻ると拓真(三浦貴大)が待っていた。
ももは驚き、拓真の目を見て離すことはできなかったが拓真が紙袋を渡し「これを調べてくれ」と早々に立ち去った。
その紙袋を見ると月島流の免状
それは拓真を股から奪った真由美(西原亜希)の免状
ももはその状況に驚いた。


なな(芳根京子)は龍一(千葉雄大)の主宰する「宇都宮龍彗会」のライブ会場に来ていた。
しかし、ライブでは龍一が急遽出演できないとのアナウンスがあった。
そして、ライブ終了後に龍一の姿を見つけた。
龍一は迷子になった女の子の世話でもしていたのか....
なな(芳根京子)はそんな龍一の姿が少し意外だった。


ももはキャバクラでひとり飲んでいた。
そこにぷーさんが現れる。
ももは相当酔っており、先日のことも怒っていた。
そして、ぷーさんに厳しく接した。

ぷーさんもそのことを詫びた。
それでもも(石原さとみ)はぷーさんのことを酔った勢いで非難した。

こちらの庭に入ってくるが自分の庭に花は咲いているのかと、プーさん自身はどうだ?と問いかけた。
しかし、飲み過ぎたももはそのままダウンした。

翌朝、ももは二日酔い
起きると部屋にはなな(芳根京子)が来ていた。
そして、ももは拓真(三浦貴大)から真由美(西原亜希)の免状を受け取ったと言った。
そのことで誰かが拓真のももの間に真由美を差し向けたのかも知れない、と疑念を持った。


ななの母ルリ子(戸田菜穂)は龍一(千葉雄大)といた。
ルリ子は龍一がももに接触したことを避難したが龍一は動じない。
それどころかこのことが明るみに出れば....とルリ子を脅した。
そして、「あなたは僕のスパイになった」と釘を刺した。


もも(石原さとみ)となな(芳根京子)はふたりで倉に入った。
そして、拓真に真由美を差し向けたのは家元で父親の市松(小日向文世)ではないかと話した。
そして、ももはその後に市松を訪ね「壊したのね?私の結婚」と言った。

市松はももが月島を捨て、華道を捨てようとしたことに怒っていた。
生まれながらの才能を捨てようとするももの結婚を許せなかったのだ。

その言葉を聞き、ももは家元のことを「絶対に許さない」と言ったが家元は「いずれ感謝する」と言った。


龍一はラウンジでももを待っていた。
しかし、ももは姿を現さない。
代わりに現れたのはなな。
龍一はななに対しては冷たく接する。
「お姉さんのほうが好みだ」と言い、「家元と結婚するのが俺の運命だ」と言った。 その言葉を聞いたななは「私が家元になったらそれが運命になるのね?」と聞きいた。


もも(石原さとみ)は拓真(三浦貴大)と由美子(西原亜希)のことを仕組む手伝いをした運転手の高井(升毅)を責めた。
しかし、「解雇して欲しい」という高井に「甘えないで、元どけて貰うからこの顛末を」と言い、ももが「苦しんでいくとしても私の近くで見届けて貰う」と言った。

ももは部屋に戻り鏡を見ると鏡の中のもう一人に恐れを抱いた。

ももは以前ぷーさんから貰っていた植物園のチケットを見つけた。
そして、後日ふたりは植物園に。
ももは「花が似合わない」と言い何か楽しそうだった。

ベンチに座り唐突にぷーさんが父親の話を始める。
それは中学2年生の時に亡くなった父のこと。
父は画に描いたような善人だったが若くして亡くなった。
もっと悪い人はたくさんいるのになんで自分の父親なんだとぷーさんは神様を恨んだ。

そして、自分の物語はそこで終わったんだと泣きながら言った。

その姿を見たももはぷーさんを抱き寄せキスをして抱きしめた。

【高嶺の花】見逃し3話の感想

ラストで思いがけない展開です。
このままももとぷーさんがくっつくのかは微妙ですがかなりの展開です。

ももの正体が次週明かされる模様ですがぷーさんの言葉を選んで話す様はリアルな感じもします。

で、石原さとみさんはもう完全体です。
何をしても許されます(笑

そして、なながどうやら龍一にアプローチをかけている模様ですがこちらも注目です。
そこにななの母親のルリ子も入ってくるとなかなか大変なことになります。

ということで次週がたのしみであります。

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年7月25日時点のものです。