森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【絶対零度】4話のあらすじと感想「銀行員が殺人!?潜入中に強盗発生!」

f:id:aeron501:20180627004034j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【絶対零度】4話のあらすじと感想「銀行員が殺人!?潜入中に強盗発生!」

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月30日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

【絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜】4話のあらすじ「銀行員が殺人!?潜入中に強盗発生!」

とある銀行に潜入津優の小田切(本田翼)
「ミハンシステム」が危険人物を特定した。
その人物は58歳の佐伯という男性
銀行勤務で質素な暮らしぶりだが貯金はほとんどない。

ただ、西麻布の会員制バーに一度だけ行った様子がある。


佐伯はとても殺人をするような人物ではなさそう。
そんな時、銀行に強盗が入る。

しかし、その様子が何かおかしい。
監視カメラの映像を見ている井沢(沢村一樹)は「佐伯は強盗が入ることを知っていた」と言った。

強盗の行動の中で佐伯と強盗犯がアイコンタクトをとっていたという。

そして、現場から送られてくる映像から犯人を特定した。
更にミハンシステムが作動していないことから今回の強盗は「人を殺さない」と東堂(伊藤淳史)は言った。


銀行の人質となってしまった小田切(本田翼)は一人の女性を話をする。
その女性は来月結婚するという。


山内(横山裕)は佐伯の自宅を捜索すると闇金の借用書を見つけた。
しかし、その借主は強盗のひとり。


銀行では強盗のひとりと佐伯がロッカー室に。
そこには同じく潜入していた田村(平田満)が隠れていた。
強盗はやはり佐伯と繋がっている。
佐伯は「どうしてあの子が居るんだ?」と強盗に聞く。
「おっさんが裏切らないように」と言った。
あの子とは?

ロッカーに隠れていた田村だったが強盗が部屋を出た後にロッカーを開けた佐伯に見つかってしまう。

田村はロッカー室に隠れる前に佐伯と会っていた。
佐伯とは小学生時代の同級生だった。
そして、佐伯は強盗との会話を聞かれていたことは気にとめずに昔話をした。
田村がある同級生の話をすると、佐伯はその友達は10年くらい前に自分が殺したと告白した。


東堂(伊藤淳史)は小田切(本田翼)仕掛けたカメラの映像から人質の身元を割り出していた。
その中のひとりの岡本由梨は佐伯が「殺した」と言っていた同級生の娘。
殺された岡本はかつてネジ工場を経営していたが倒産、同じころ「急性心不全」で亡くなっている。
そして、その工場には強盗犯のひとり立石が勤務していた。


由梨は佐伯を睨んでいた。
小田切が話を聞くと、佐伯のことを「父の工場への融資を断った人、殺したんです」と言った。

そして、強盗と佐伯は金庫室に入る。
佐伯は強盗が銃を手放した隙に銃を奪い、男を狙う。

佐伯はずっとこのときを待っていたと言い、「ここなら殺しても正当防衛になる」と言った。
いよいよ佐伯が銃を撃とうとしたとき、強盗の仲間が佐伯の銃を奪う。
しかし、その強盗の仲間は実は井沢(沢村一希)だった。

井沢は佐伯の過去を調べていた。
そして、話し始める。

ちょうど同じ頃、人質になっていた小田切も暴れだした。
その隙に岡本由梨は金庫の方へ。
そして佐伯と井沢の話を耳にしてしまう。


元々、岡本由梨の父親は工場を経営していたがある時、若い従業員が会社の金を盗もうとした。
そのことを見つけた由梨の父は相手と揉み合っていたが倒れた相手が後頭部を打ち付け死んでしまった。

由梨の父は自首すると言ったが佐伯が自首を止めた。
死んだ男を林に埋めた。

しかし、由梨の父はその罪悪感に堪えられなくなり結局自殺してしまった。
そのままでは由梨の父が自殺した理由あバレてしまうと思った佐伯は岡本の工場への融資を打ち切ったように見せかけ、由梨の父が資金難で自殺したように見せかけた。

そのことで由梨の前には居られなくなってしまったが遠くから由梨のことを見守り続けた。

そして、由梨の結婚が決まった頃、佐伯の前に岡本の工場で働いていた男が佐伯の隠しごとに気がつき脅迫してきたのだ。

そのことを由梨にバラすと脅され、佐伯は金を出し続けた。
しかし、そのことで佐伯も追い込まれ、「いつか由梨に事実がバレる」ことを恐れ、男の口封じのために殺す計画を立てたのだ。

結局、由梨に事実がバレたが、父の本当の死の理由を聞いた由梨は涙を流している佐伯にハンカチを差し出した。
そして、由梨は佐伯を抱きしめた。

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年7月30日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

【絶対零度】4話の感想「銀行員が殺人!?潜入中に強盗発生!」

ラストでは山内(横山裕)に東堂(伊藤淳史)が井沢(沢村一希)の過去を少し話しました。
井沢は公安時代に検挙した犯人に恨まれ妻子を殺された。
その犯人を追い詰め、大きな殺意を持って追い詰めた。

結局、その殺意はミハンシステムによって補足されていたために未遂となった。

ということ。
沢村は犯人を殺してはいなかったようです。
ただ、殺意の持つパワーは今でもスゴイということ。
常に殺人のリスクを抱えながら刑事を続けるようです。

少しずつ井沢の過去が明らかになっていく感じです。

泉(上戸彩)との関係も実は気になるところであります。