森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【絶対零度】見逃し5話のあらすじと感想「美しき少年殺人者!ミハン最大の危機」

f:id:aeron501:20180627004034j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【絶対零度】見逃し5話のあらすじと感想「美しき少年殺人者!ミハン最大の危機」

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年8月6日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

【絶対零度】見逃し5話のあらすじ「美しき少年殺人者!ミハン最大の危機」

今回の危険人物は高校2年生17歳の岡崎直樹
成績優秀でスポーツもできる、父は事務次官候補の官僚

最近、近辺で起こっている動物の殺傷事件の犯人がこの岡崎直樹ではないかと危険人物にピックアップされた。

動物殺傷は重大犯罪の予兆になることが多い。
段々エスカレートして人をターゲットにする可能性も高まってきた。

岡崎直人が通う高校のバスケ部外部指導員として山内(横山裕)が潜入する。
山内が簡単に潜入できたのは外部指導員がすぐに辞めてしまうから。

そのことに山内も井沢(沢村一樹)も少し引っかかる。

すると早速、岡崎が山内にバスケの勝負を挑んできた。
山内が勝負に勝つと岡崎は素直に「よろしくお願いします」と頭を下げた。
しかし、山内を見つめる目は何か恨みのようなものを感じさせるものだった。


山内は学校の内部のことを調べたが「学校裏サイト」で数人の生徒や先生などの誹謗中傷が書き込まれ部活を辞めたり学校を辞めたりしなくてはならない状況があった。
その書き込みはいずれも岡崎直樹によるものだった。


小田切(本田翼)と田村(平田満)は動物殺傷事件のある近隣の聞き込みをするが直樹の評判はとても良い。

すると、近所を調べているフリージャーナリストの川上(近藤公園)は岡崎直樹を疑っているようだが警察が岡崎を捜査の対象から外したことに少し疑問を持っているようだ。


ジャーナリストの川上は岡崎直樹に近づき、最近ではふたりで喫茶店で会うこともある。
ミハンチームは川上に岡崎の情報を聞きだそうということに。

小田切が川上に接触し、岡崎とはどんな話をしているのかと尋ねると「殺人のことなど」を話すこともあると言う。

そして、官僚の息子として「模範的な子供」であり続けるために「精神的虐待」なものを受けているようなものかも知れないと言った。


山内(横山裕)と田村(平田満)は岡崎直樹の様子を見ている。
岡崎が携帯に何かを打ち込むと「学校裏サイト」に山内のことを誹謗中傷する書き込みが溢れた。
山内は偽名で潜入しているが「暴力教師」という悪評が書き込まれている。

そして、川原で鳩に向けナイフを持ちだしたが誰かからの電話でその行動を踏みとどまった。


東堂(伊藤淳史)は引き続き岡崎と川上のことを徹底的にマークするようにミハンチームに指示した。
そこにこだわるのは東堂自身が子供のこと無差別殺人事件に巻き込まれた経験からだ。

井沢(沢村一樹)、小田切(本田翼)、田村(平田満)は川上(近藤公園)の住まいに隠しカメラや盗聴器を仕掛ける。
そこで井沢が見つけたのは新聞記事のスクラップブック
そこには川上の周囲で起こった自殺や殺人事件のことがまとめられていた。
しかし、その数が異常に多い。
川上の兄、同級生、同僚など不自然な状況。

川上と岡崎はふたりとも「反社会的なサイコパス」
川上が岡崎に接触していたのは自身が言っていたような「防波堤としての役目」ではなく「背中を押すため」なのかも知れない。

そんな時、川上の部屋の防犯カメラに異変が起きる。
というよりも、川上が井沢達の行動を逆盗撮していたのだ。
カメラを仕掛ける様子をあらかじめ仕掛けておいた防犯カメラで撮影していたのだ。
その結果、防犯カメラに向かって話しかけてきた。
チームは動揺したが川上は「直接お話しましょう、連絡お待ちしています」と手を振った。

井沢(沢村一希)は川上のもとを訪ねた。

川上はミハンチームの行動をお見通し。
井沢達の行動を「違法捜査」だと言い井沢に向かって「あなた、人を殺したことがありますね」と言った。

そして川上は余裕で「彼はどこに行ったのか」と井沢に問いかけた。
井沢は岡崎の父の勤務先文部科学省だと直感した。
そして、ミハンチームは文科省に向かう。

岡崎が文科省で無差別に人を殺すのは父親のことを恨んでいるからでもなく「ただ、支配したいから」
センセーショナルなことをしたいだけ

そして文科省に忍び込んだ岡崎直樹は3Dプリンターで作った銃を乱射する。
そして、父親を見つけると迷わずに射殺した。
「やっと殺せた」と言い、更に銃を撃つ。
井沢が飛びかかり銃を奪うとカッターを振り回した。
そして、周囲をミハンチームが取り囲むとそこでも迷わずに自分の喉をカッターで切った。

チームが集まっているとそこに川上が現れ、現場の写真を撮り続けている。
「彼に最高の記事にすると約束した」と言い、シャッタを切り続けている。

その姿に東堂(伊藤淳史)は激高し、川上の首を絞めた。

田村が止めに入ったが東堂は本当に殺意があったようだ。


結局、川上には何の容疑もかからない。
それでも殺人を仕掛けた張本人
井沢は許すことができなかった。

川上のスクープが雑誌に掲載された日の夜
川上の後をつける男、井沢か?
川上のことを射殺した。

【絶対零度】見逃し5話の感想「美しき少年殺人者!ミハン最大の危機」

いよいよ井沢の行動が明るみに出てきました。
ハッキリと顔は見えませんでしたが後ろ姿から川上を射殺したのは井沢で間違いないでしょう。

ミハンチームはそれぞれに過去のある人たちが集められています。
井沢は何度もミハンシステムに「危険人物」としてリストアップされていますが....

東堂もかつて無差別殺人事件に巻き込まれ父を殺されていますし、小田切(本田翼)にも過去があります。

あとは、上戸彩さんの桜木泉のことが気になるところです。

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年8月6日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。