森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【高嶺の花】見逃し5話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180629011935j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【高嶺の花】見逃し5話のあらすじと感想

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年8月8日時点のものです。
最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【高嶺の花】見逃し5話のあらすじ

もも(石原さとみ)の正体を知った風間(ぷーさん:演・峯田和伸)
ももの部屋に招かれ一夜を共にした。

朝、目が覚めると目の前のもも
朝食はふたりで食べるが、ももは本物のお嬢様だと知っても驚かなかったことに驚いた。

ぷーさんは元々高嶺の花だと思っていたから、と言った。


宇都宮龍一(千葉雄大)は月島流をどう乗っ取るのか思案している。
そして、なな(芳根京子)と結婚し、ななが家元を継げるように裏工作をして欲しいとルリ子(戸田菜穂)に迫る。

龍一とルリ子は既に体の関係がありルリ子も龍一のことを気にかけている。

ななも最近は龍一に対して好意的になってきた。
「運命」というようなものに弱いなな(芳根京子)は龍一との関係を運命的だと思っている。


ぷーさんはももの部屋に泊まったことを幸平(袴田吉彦)と太郎(吉田ウーロン太)に告白した。
もも(石原さとみ)もお嬢様の身分がバレたが商店街の人たちには今まで通りにして欲しいと言った。
「あっち(月島流のお嬢様)」の自分は息苦しいこともあるが「こっち」は開放的でおおらかでとても開放的な感じであっちのストレスを忘れることが出来ると言う。
商店街の人たちも今まで通りにすると約束してくれた。


もも(石原さとみ)はなな(芳根京子)にぷーさんのことを話す。
ななもそんな人がいたなんてと驚くがももの部屋で会うことに。
ななも期待したが予想以上の庶民登場に言葉が出なかった。

一緒にななの彼氏として「宇都宮龍一(千葉雄大)」も登場するがぷーさんも少し気後れしてしまう。


そして、ぷーさんは早々に月島家に招かれる。
ぷーさんは月島家の運転手高井(升毅)が迎えに来たが道中、「家元に対しての心得」を聞かされる。
市松(小日向文世)はぷーさんに「月島家へ養子に」と言うがぷーさんはできないと答える。
もも(石原さとみ)も月島ではなく「風間」になるという。

そして、月島流の次の家元を「なな」にと言った。

市松は「家元の意向に反するなら破門」と激高し立ち去った。


もも(石原さとみ)は龍一(千葉雄大)の元を訪ね、「月島を破門になった」と告白した。

その上で「ななを泣かしたら許さない」と言い更に「市松をなめないほうがいい」と忠告した。

同じ頃、月島の家ではルリ子(戸田菜穂)がななを家元として考えても良いのではないかと市松に迫っていた。
しかし、市松は聞く耳を持たない。

そして、ななが龍一と付き合っているとルリ子が言うと「なんと愚かな」と吐き捨てるように言った。
市松はルリ子を突き飛ばしたが倒れ込んだルリ子は「許さない」と悔しさを滲ませた。


ぷーさん(峯田和伸)のもとに月島家の運転手高井(升毅)がひとりでやってきた。
どうやら、もも(石原さとみ)とは釣り合わないから身を引けと言うことらしいが居合わせた秋保(高橋ひかる)が一蹴し追い返した。

同じ頃、ももは拓真(三浦貴大)の妻真由美(西原亜希)と会っていた。
拓真の行方が分からないという。

そして、真由美は家元の指示で拓真に近づき、ももとの縁談を破談にしたことを謝った。

ももは月島の人間ならその状況が断れないことは理解できると真由美を責めることはしなかった。

拓真は市松(小日向文夫)に暴行
市松は頭から血を流し倒れた。


市松はこのことを家族にも隠すと高井に指示した。
連絡を聞いて慌てて集まった家族だったが、大ケガではないことに安堵した。


もも(石原さとみ)は拓真(三浦拓真)の仕業だと知り、市松に謝ったが市松も彼を責めるつもりはないと言った。

市松はそんなももに母親の話をした。
そして、ももの母親は自分の命と引き換えに「月島の跡取りを生んだ」のだと言った。
自分の母親が「月島の跡取りを生むこと」を選んだと聞きももはやはりその道(次期家元)に進む決意をした。

そして、部屋に戻ると拓真(三浦貴大)が待っていた。
拓真は妻に「はめられた」と家には帰らないと宣言した。
そして、ももを抱きしめた。
もももそれに答えた。

【高嶺の花】見逃し5話の感想

またまた、拓真(三浦貴大)が帰ってきました。
それにしても往生際が悪い感じです。
まあ、拓真自身もだまされていたわけですから....

もも(石原さとみ)もなぜか家元を継ぐ感じになってきましたね。

翌朝、ぷーさんの家でももは朝食を作っていた。
朝から上機嫌のももだったがその姿を見て、ぷーさんは「何か嘘を隠している」と直感した。
それでもももに話を合わせて聞いた。