森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【グッド・ドクター】見逃し5話あらすじと感想

f:id:aeron501:20180704220307j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【グッド・ドクター】見逃し5話あらすじと感想

【AD】「グッド・ドクター」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
→→→FODプレミアム1ヶ月無料お試しはコチラ
原作「韓国版グッド・ドクター」もFODプレミアムで配信中です。
上記の配信情報は2018年8月9日時点のものです。実際の配信情報はフジテレビオンデマンド公式サイトにてご確認ください。

【グッド・ドクター】見逃し5話あらすじ

天才ボーイソプラノ歌手の羽山響(城桧吏)
東郷記念病院の子供達にもファンが多い。
そんな響が喉の痛みを訴え病院にやってくる。
響の喉にはウミがたまり熱を持っている。

甲状腺にも異常が見られ切除しないと炎症を繰り返す恐れがあるが手術で神経を痛めると高音が出なくなる可能性がある。
響の父親はそんな手術はできないと取り合わない。

痛みだけ取ってくれればいいと言う。
そして、病院に入院して抗菌薬を投与し様子をみることに。

病院の子供たちは響の入院に喜ぶ。
そして、病院内で行われる合唱会に誘うが響は子供達の持ってきた合唱の冊子を破り捨てる。
父親も響を普通の子供達と一緒にするなと怒る。


そんな時、響の容態が悪くなる。
近くにいた湊(山﨑賢人)が様子を見るが後から来た父親は「近づくな」と更に激高する。

響の父親は息子のことよりも「歌手としての響」の方が大切な様子。
高山(藤木直人)も父親の説得を試みるが一向に聞く耳を持たない。


高山は湊を「画像診断科」に転科させることにした。
それでも湊は「小児外科医」にこだわる。


そんな高山のもとに副院長の猪口(板尾創路)が現れる。
「弟さんと重なりますか?」と言うが高山はそのことには触れず、湊を理由に院長を失脚させようとしている猪口に「ずいぶん汚いことをしますね」と言い、湊が画像診断科に転科すればトラブルの恐れもなくなると副院長に言った。


その話を聞いてしまった瀬戸(上野樹里)と高山(藤木直人)はふたりで食事に。
湊を理由に汚いことを考えている副院長に失望したと瀬戸は言い、それでも湊が幼い頃に兄を亡くし、どうしても小児外科医になりたいという夢を持っているということを高山に話した。
高山は少しハッとした顔をする。


帰り、高山は少し飲みすぎてしまったようだ。
そんな高山に瀬戸は副院長が言っていた「弟」のことを聞く。

そんな瀬戸(上野樹里)に「もう一杯付き合え」と高山は言った。
歩道橋の上で缶ビールを飲みながら話をするふたり。
そこに病院理事長で高山の彼女でもある東郷(中村ゆり)から電話
高山は後でかけ直すと電話を切った。

そして、高山は自閉症だった弟(吉村界人)のことを話した。
高山は初めて自分のやりたいことを見つけたという弟に喜んだ。
そして、両親の反対を押し切って自動車の整備工場へ就職をさせた。
しかし、自閉症の弟への風当たりは強く、職場の人たちに冷たく扱われパニックを起こし電車に轢かれてしまった。

そんな弟のことを湊の姿に重ねているという。
そして、「湊が傷つく姿を見たくない」と言った。

そして、電話を切ったはずの高山だったが電話は切れておらず、その会話は東郷美智(中村ゆり)も聞いていた。


翌朝、羽山響(城桧吏)の父親が病院に迎えに来る。
しかし、響の姿がない。
父親は「まったくこの病院は、息子になにかあったらどう責任をとる?」と瀬戸(上野樹里)を責め立てる。
そこに湊(山﨑賢人)が現れる。
響の居場所は知っているが「言いたくない」と言う。

結局、響は病院の片隅でひとり、膝を抱えていた。
響は「歌は嫌いだ」「歌いたくない」と言い、歌えば歌うほど父親が自分のことを見てくれなくなったと言った。
湊はいつも響が聞いている音楽プレーヤーに何も入っていないことを明かした。

しかし、父親は湊が何か言ったに違いないとすぐにでも退院させると言う。
父親は湊に向かって「普通じゃない人がいる病院には息子を預けられない」と言った。
湊は何も反論ができなかった。
隣にいた瀬戸(上野樹里)も黙って見ているしかなかった。

そして、瀬戸は「画像診断科に言ってみない?」と言い、画像診断科ならひどい言葉をかけられることもないと説得しようとするが湊は怒りだした。


病院の小児科では子供達の合唱会
一番楽しみしていた倫太朗(斎藤汰鷹)は白血病が再発して倒れてしまう。
結局合唱会は中止となった。

倫太郎は響の大ファンで響が入院してきていらい何かと響の病室を訪ねていた。
もちろん、響の父親には追い出されていたが。

そんな倫太郎の容態の急変を目の当たりにした響は倫太郎の様子を見に行く。
すると倫太郎は高熱を出し、隔離されていた。

その姿を見た、響は自分のことのように落ち込んだ。
そして、以前自分が破り捨てた合唱会のしおりをゴミ箱から拾った。
そこに湊が現れる。

湊は倫太郎が響の大ファンだということを告げ、「どうしてそんなに響くんのことが好きなの?」と聞いたことがあると言った。

倫太郎は白血病で以前は「寝るのが怖かった」という。
もしかしたら朝になっても目が覚めないんじゃないかと怖かったという。
しかし、響の歌を聴くと「心がポカポカして明日が楽しみになる」のだと言っていたという。

そのことを響に告げた湊だったが響の歌を好きな人はたくさん居ると言った。
その言葉に響は「先生、お願いがある」と言った。


翌日、響が中心となり倫太郎の病室の前で子供達の合唱。
そして、響のソロ
響は痛む喉を押さえながら倫太郎のためだけに歌った。
そして、響は涙を流しながら歌った。
倫太郎も倫太郎の母も涙を流した。

響の父親もそんな響の姿を見つめ静かに見守った。
隔離された透明シート越しに倫太郎と響は手を合わせた。

その必死ぶりに見た響の笑顔に父親は困惑した。
響の母親が亡くなってから必死だったがいつの間にか響の大切なものを奪っていたのかもしれないと反省した。
そして、瀬戸(上野樹里)に頭を下げ、手術をして欲しいと言った。

父親は聞きたいの響の歌声ではなくて「笑い声」です、と言った。

湊(山﨑賢人)は響の手術で最もリスクが少ない方法を考えていた。
ただ、そのことを響の父親には言っていない。
以前、高山に根拠のないことを言うんじゃないと注意されたことがあったからだ。

そして、響が楽しそうに歌っていた姿をみて、「また、歌いたいと思う日が来る」と言い、「僕は響くんの夢を守りたい、夢は生きる力をくれる」
「簡単に諦めてはいけません」と自分も手術に参加したいと言った。


そして、瀬戸は湊の手術参加を高山に打診した。
高山は難色を示したがそれでも湊の参加を認めた。
高山も手術に臨むにあたり「患者の未来を守る手術だ」と決起した。


手術は難航したが湊の知識で瀬戸をアシストした。
そして、手術は無事に成功した。

響は目を覚ますと父に礼を言った。
病院で合唱できたことで自分の歌で喜んでくれる人がいて嬉しかったと言った。
そして、また歌いたいと言い、これまでの父へも感謝の言葉を言った。

そして、自分の息子の大切さや、息子が望んでいたことを思い知らされたことで湊に感謝した。
そして、湊に酷いことを言ってしまったことを詫びた。

湊は気にしていないと言い、何と礼を言ったらいいかという父親に対し、「もう、お礼はもらいました」と1ステージ100万円の響の歌をただで聞くことができたと喜んだ。

瀬戸(上野樹里)は今回の一件で、やはり湊を画像診断科に転科させることには反対だと言った。
そして、ひとりではムリでも湊の知識を持ってお互いに足りないところを補い合うチームとして成長すれば良いんじゃないかと進言した。

そして、今回の響の手術成功はテレビでも取り上げられた。
そして、湊も響と一緒にテレビで紹介された。

そのテレビの様子を見たひとりの男が病院を訪ねてくる。
その男は「湊の父親だ」と言った。

【グッド・ドクター】見逃し5話の感想

今回も良かったです。
響も良かったのですが周りの子供たちも良かったです。
合唱のシーンはとても感動的でした。

少しずつ病院で認められつつある湊ですがまだ良く思っていない人々も多いのも事実です。
まだまだ気が抜けないですね。

病院の経営状態も思わしくなく、経営難に直面しています。
そのことを口実に副院長の猪口(板尾創路)は小児外科を廃止しようとしています。
何としても守り切って欲しいですね。

【AD】「グッド・ドクター」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
→→→FODプレミアム1ヶ月無料お試しはコチラ
原作「韓国版グッド・ドクター」もFODプレミアムで配信中です。
上記の配信情報は2018年8月9日時点のものです。実際の配信情報はフジテレビオンデマンド公式サイトにてご確認ください。

見逃し配信記事はこちらの記事で詳しく書いています。
【グッド・ドクター】見逃し動画配信