森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【グッド・ドクター】見逃し7話あらすじと感想「かつての小児外科患者がまた入院!?」

f:id:aeron501:20180704220307j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【グッド・ドクター】見逃し7話あらすじと感想「かつての小児外科患者がまた入院!?」

【AD】「グッド・ドクター」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
→→→FODプレミアム1ヶ月無料お試しはコチラ
原作「韓国版グッド・ドクター」もFODプレミアムで配信中です。
上記の配信情報は2018年8月23日時点のものです。実際の配信情報はフジテレビオンデマンド公式サイトにてご確認ください。

【グッド・ドクター】見逃し7話あらすじ「かつての小児外科患者がまた入院!?」

新堂湊(山﨑賢人)はまた新たな担当を任されることになった。


そんなとき、一人の女性が小児外科を訪れる。
その女性は倉田菜々子(福田麻由子)、今は保育士をしているがプロポーズされたと喜んでいた。
しかし、持病を抱えておりそのことを婚約者には言えていないと夏美(上野樹里)に相談した。

そして、婚約者が病院を訪れ菜々子の病気のことを夏美が説明する。
菜々子は14才の時に入院し、片方の卵巣を摘出してしまった。
病気は治っているが卵巣が片方しかないために妊娠しにくい、そのことで菜々子は「結婚のことは考え直してくれてもいい」と言った。
しかし、そのことを聞いても気持ちは変わらない、結婚をしたいと彼氏は即答した。


東郷記念病院では理事長の東郷美智(中村ゆり)が小児外科を廃止すると高山(藤木直人)に告げた。
そうなるともう恋人同士の関係ではいられないとふたりは別れることになった。

そして、理事長はそのことを院長の司賀(柄本明)にも話をしたが理事長は小児外科は無くさないで欲しいと頭を下げた。

そのとき、司賀の机の上にあったがんセンターの封筒を見つけてしまった美智(中村ゆり)はそのことを高山(藤木直人)に話す。
高山はすぐに司賀のもとに出向き病気のことを聞く。
司賀は「たいしたことない」と言うばかり。
そんな院長だったが高山にひとつだけ頼みがあると言った。
それは「湊のこと」
高山に湊のことを託した。


小児外科ではあの菜々子(福田麻由子)が救急搬送されて来る。
突発性の発熱で、入院し様子を見ることに。
しかし、頭痛を訴えているが脳には異常がなさそうだ。

菜々子の検査結果は思わしくなかった。
結果、体のどこかにある異常だが、卵巣に異常があるかも知れない。
最悪の場合、菜々子の残された卵巣を摘出しなくてはならないかもしれない。
菜々子は「私、何にも悪いことしてないのに....」と涙を流し気持ちを夏美にぶつけた。

菜々子は夜、一人ベッドで泣き明かした...


結局、菜々子の異常はやはり卵巣が原因だった。
手術をして、卵巣の状態を確認して、悪性だった場合には「卵巣を全摘出」しなくてはならない...
夏美(上野樹里)はこのことをどう伝えたらいいのか悩んでいた。

そんな時、菜々子の婚約者が夏美のもとを訪ねてくる。
彼は保育士をしているほどなので子供が好きでどうしても子供が欲しいという。
菜々子には言えないが自分でもどうしたら良いのかと思いを夏美にした。

色々な思いを抱え夏美はそのことを菜々子に伝えた。
このまま卵巣の状態を放っておくとその影響で深刻なダメージを脳に与えると説明した。


高山(藤木直人)は小児外科を無くさないで欲しいと副院長猪口(板尾創路)に頭を下げたが猪口は取り合わなかった。


菜々子の状態を考えると卵巣は治る、しかし子供ができなくなるということでみんな思い悩む。
湊(山﨑賢人)はそのことが理解できなかった。

そんなとき、菜々子がけいれん発作を起こす。

そして、けいれんが落ち着くと見舞いに来ていた婚約者の健太郎(藤原季節)に夏美から状況を再度説明する。

夏美(上野樹里)は菜々子からの伝言を健太郎に伝えた。
それは「別れ」の言葉
健太郎は優しいから自分からは別れを切り出せないだろうと菜々子から別れを告げたいと夏美に託した。
そして、菜々子から預かっていた婚約指輪を夏美がポケットから取り出し、健太郎に渡した。

そんな状況を見て、湊は気持ちが分からないと困惑した。
司賀(柄本明)にそのことを打ち明けると「医者にも治せないものがあるんだよ」と優しく諭した。


そして、菜々子(福田麻由子)の手術が始まる。
手術をして良性なら部分切除で卵巣を温存できるが悪性の場合、卵巣の全摘出となる。

そして、腫瘍を採取し病理検査へ。
結果は「悪性」
卵巣を全摘出することになった。


手術は無事に終わった。
眼を覚ました菜々子に卵巣を全部摘出したと夏美が説明した。
それでも菜々子は冷静だった。

そして、気がつくと菜々子の左薬指には返したはずの婚約指輪
健太郎がずっと付き添っていた。
目を覚ました菜々子に健太郎が話をする。
手術の前の日に保育園に湊がやってきたという。

「菜々子さんは医者では治せません」と言ったという。
そして「菜々子さんを直せるのは健太郎さんだけです」とも言ったという。
健太郎はその言葉を聞き、子供ができないことで結婚を躊躇していたと告白した。
それでも一番辛くて苦しいはずの菜々子のそばに居られないことを反省したという。

そして、それでも自分と結婚して欲しいともう一度プロポーズをした。


菜々子が退院した後、夏美に産婦人科から連絡が入る。
菜々子の卵巣を摘出するときに運良く卵子も別にを摘出していた。
その卵子の凍結保存ができたという。
わずかではあるがこのことで体外受精の可能性が残された。

そのことに手術中に気がついた湊のおかげだと夏美が感謝の言葉を口にしたが湊はそれは「中島先生のおかげです」と言った。
中島(浅香航大)は菜々子のことを考えさまざまな文献を調べていた。
その文献を見て湊も同じ本を読み、「卵巣摘出患者における卵子の凍結保存」についての知識を得たという。
「中島先生のおかげです、ありがとうございます」と礼を言い「グー」を突き出した。

湊の突き出したグーは看護師の橋口(浜野謙太)に教わった嬉しい表現。湊のことをどこかで認めきれていない中島は少し戸惑ったが素直な湊の気持ちに応えグータッチをした。
その姿を見て夏美も嬉しい気持ちになった。

【グッド・ドクター】見逃し7話感想「かつての小児外科患者がまた入院!?」

今回も湊の素敵な仕事ぶりでした。
そして、高山(藤木直人)との関係も良くなっていることは嬉しいですね。
ただ、院長の司賀の体調が思わしくないことに少し不安があります。

それにしても副院長猪口(板尾創路)
悪いですね....
何か、この病院の方向をひっくり返すことはできないのでしょうかね..

【AD】「グッド・ドクター」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
→→→FODプレミアム1ヶ月無料お試しはコチラ
原作「韓国版グッド・ドクター」もFODプレミアムで配信中です。
上記の配信情報は2018年8月23日時点のものです。実際の配信情報はフジテレビオンデマンド公式サイトにてご確認ください。

見逃し配信記事はこちらの記事で詳しく書いています。
【グッド・ドクター】見逃し動画配信