森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ディーリーdele】見逃し5話のあらすじと感想(8/24放送)

f:id:aeron501:20180807221146j:plain
出典:公式サイトより

【ディーリーdele】見逃し5話のあらすじと感想

「ディーリー(dele)」見逃し配信は「U-NEXT」がオススメです。
▶▶▶「U-NEXT」お試しはこちらから
本ページの情報は2018年8月25日時点のものです。最新の配信情報はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ディーリーdele】見逃し5話のあらすじ

クラブで盛り上がる若者たち。
そんな中、あまりノリの良くない一人の男「聡史(朝比奈秀樹)」は仲間に「婚約者に本当のことを言おうと思う」と言った。
仲間(渡辺大和)は「言わないことも良いことがある」と言った。

そのさとしは帰り道、トラックに轢かれてしまった。

その知らせが圭司(山田孝之)のPCに入る。
24時間PC操作がないと「死亡」の疑いがあるということだ。
早速、圭司の相方祐太朗(菅田将暉)が死亡確認の調査。

小学校の同級生だということにして自宅を訪ねるが、そこで出会ったのは聡史の幼なじみの女性「ユリ(橋本愛)」。
危うく嘘がバレそうになるが小4の時に引っ越したと言ってその場をやり過ごした。

祐太朗はそのまま病院に連れて行かれた。
病院でベッドに寝ているのが聡史
トラックに轢かれ一命は取り留めたが意識はない。


そして、ユリは祐太朗を連れて小学校へ
そこは聡史たちの思いでの小学校
そこで聡史の様態が思わしくなく、医師から「覚悟をしておいてくれ」と言われたことを告げた。

祐太朗は帰ると告げるがユリは一人になるのはちょっと辛いと言い、夕食まで祐太朗につきあって欲しいと言った。
聡史とユリは婚約をしているという。


そのころ、圭司は知り合いと会っていた。
その知り合いは女性圭司の元カノ明奈(柴咲コウ)
圭司は当時高校生で音楽の教育実習に来た明奈と出会ったという。
その後、音楽教師になった明奈は今も高校の音楽教師をしているという。

明奈(柴崎コウ)はまだ歩けるころの圭司(山田孝之)を鮮明に覚えていると言った。
懐かしい話をした。


祐太朗(菅田将暉)を引き止めたユリ(橋本愛)は祐太朗の正体に気がついていた。
聡史のクレジットカード明細にあった「dele.LIFE」の人間だとバレていた。
そして、「dele.LIFE」がどんな会社かも調べたという。
その上でデータの削除を取り消して欲しいと言った。
ダメなら弁護士を雇うと言う。

祐太朗(菅田将暉)は明奈(柴咲コウ)と会っている圭司(山田孝之)に電話をかけ状況を説明するが「ちゃんと処理しろ」とだけ指示して電話を切った。


祐太朗はユリに思い出話を聞いた。

そして、聡史には小学校から高校まで一緒だった「ミヤタショウ(渡辺大和)」という友達が居ることを聞いた。
今のユリには「聡史のことを語り合える友達」だと感じた祐太朗は圭司にその「ミヤタショウ」を探すように電話してきた。

圭司は明奈が見たいといったので「dele.LIFE」の事務所にいた。
そして、祐太朗からの電話に少しだけパソコンをいじった。
明奈は「そういう所が見たかった」とソファに座って待った。

圭司は「ミヤタショウ(渡辺大和)」の所在を調べ連絡を取った。
近くのバーにいるとのことで話をしてもいいとのこと。

祐太朗がその「ミヤタショウ」に会いにいった。
そして、話をすると聡史(朝比奈秀樹)は自分の目の前で聡史が轢かれた、と言った。

祐太朗は3人の関係をよく知らなかったがユリ(橋本愛)は聡史の婚約者だと聞いていた。
そのことをミヤタに伝えると「ユリは婚約者ではない」と言った。
祐太朗は混乱した。


そのころ圭司(山田孝之)の事務所では圭司と明奈が話をしていた。
もし病気じゃなかったらと考えたことはあるか....とか病気じゃなかったら別れなかったのか、そもそも付き合うことになったのかと色々な過去の決断の話していた。


祐太朗(橋本愛)はミヤタ(渡辺大和)と別れ、再びユリの元を訪ねる。
そしてユリが婚約者ではないことを問いただすとユリは確かに交際したことはなかったと告白した。

そんな聡史が死後、処分しようとしていたものを見たいと思ったという。

ユリはずっと聡史のことが好きだった。
でも、聡史に告白はできなかった。
告白すれば一度に幼なじみ、親友、好きな人を失うことになると考えたら言えなかったという。

結局、ユリが別の人と婚約しても「おめでとう」と言われ本当の失恋をしたという。


そんなとき、聡史の容態が急変する。
少しだけ状態が良くなったと言うことらしい。

ユリや祐太朗が聡史の様子に喜んでいるとそこにミヤタ(渡辺大和)も現れた。
そして、意識を取り戻した聡史はミヤタの手を握った。
そう、聡史が愛していたのは「ミヤタ?」だったのかも知れない。
その行動にユリは「遅いよ....」と言った。

あのデータは聡史とミヤタの「愛の証」かもしれない。


圭司(山田孝之)と明奈(柴咲コウ)は話をしている。
明奈は圭司の仕事が理解できなかったが、最近は少し理解できるようになってきたという。
そんな気持ちと今日圭司の事務所に来たことで何かを決めたようだ。
帰り際、「長くは待てないよ」と言い、「近い将来、私がデータ削除を依頼したら他人だと思って」と意味深な言葉を残して帰っていった。

帰りがに祐太朗とすれ違う。
祐太朗は圭司に「すれ違ったのは彼女か?」と聞くが圭司は「彼女じゃない....古い知り合いだ」と答え小さな声で「今のところは」と付け加えた。
そして、息を取り戻した聡史のデータを元に戻した。

【ディーリーdele】見逃し5話の感想

今回の依頼は、一命を取り留めたために削除されませんでした。
そして、ケイ(圭司)(山田孝之)の前に姿を現した元彼女の明奈(柴咲コウ)
かつて別れてしまったが毎年待ち合わせをして会っていたようだ。
そして、「もう待てないよ」という言葉は「また一緒にいたい」という意味だと思います。

それにしても柴咲コウさんは演技上手です。
あまり上手とか下手とか分からないのですがちょっと他の人とは違いすぎました..

「ディーリー(dele)」見逃し配信は「U-NEXT」がオススメです。
▶▶▶「U-NEXT」お試しはこちらから
本ページの情報は2018年8月25日時点のものです。最新の配信情報はU-NEXTサイトにてご確認ください。
dele(ディーリー)見逃し配信情報はコチラ
ディーリー(dele)ドラマ 見逃し配信情報