森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【高嶺の花】見逃し8話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180629011935j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【高嶺の花】見逃し8話のあらすじと感想

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年8月29日時点のものです。
最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【高嶺の花】見逃し8話のあらすじ

風間(ぷーさん:演・峯田和伸)はまた図書館で千秋(香里奈)と会う。
そして昼食に行こうと誘われる。

ぷーさんは千秋を「ボンソワール」に連れて行くが、周囲は千秋がぷーさんのことを好きなのかと勘違いする。
千秋は一言も言っていないと釘を刺した。


もも(石原さとみ)は神宮流の次期家元神宮兵馬(大貫勇輔)の生け花を見て涙を流した。
ももは生け花に迷いがあった、それは本来は「高嶺の花」であるはずなのに地上に降りて恋をしようとしたからだと指摘された。

月島流ではもも(石原さとみ)となな(芳根京子)の俎上が行われようとしていた。
なな母ルリ子(戸田菜穂)に怒りを露わにした。

俎上には神宮兵馬も参加する。

俎上は一度解散し、ももとななが活けた花だけが並べられ審査される。
ルリ子息のかかった師範達が票を投じるのだがどちらの作品か分からないように審査される。
市松(小日向文世)は「先入観も忖度もなく、作品のみで審査しろ」と厳しく言った。

もも(石原さとみ)もなな(芳根京子)もひとりでもがきながら作品を完成させた。

そして、投票
師範達6人はどちらの作品か分からず交互に票を投じ3対3となる。
そして、最後の票は市松の票

その作品の優劣というより、「どちらと跡取りにしたいか」で票を投じることになる。
そのことは兵馬はお見通しだった。

結局、市松が選んだのはななの作品
しかし、ななは自分の作品よりももの作品の方が優れているように見えると言ったが市松は確かにももの作品の方が優れているが「ななの作品には可能性が見え、ももの作品にはおごりと衰退が見えた」と評した。
ももはもう一度チャンスが欲しいと懇願したが叶わなかった。

俎上を終えた作品の見て兵馬は「月島は終わるな」と残念そうだった。

結局は市松は血の繋がりを選んだのだ。


もも(石原さとみ)は母の墓前にいた。
亡き母に謝り続けた。

そしてももは何かに取り憑かれたように花に向かった。
しかし、もう一人の自分が見えないと自分を追い込んでいた。
ななもそんな姉を見て困惑した。

もも(石原さとみ)はなな(芳根京子)に辛くあたった。


宇都宮龍一(千葉雄大)の家にルリ子(戸田菜穂)がいた。
龍一はこれまでのことはすべて市松(小日向文世)の指示だと明かした。
ルリ子は困惑したが龍一は「そういうことができる人です、家元は」と真相を告げて嬉しそう。
そして、自分の目的は月島ではなく「神宮流の家元になるための月島の票」だとも明かした。


ももは自分に足りないものを得るために兵馬に抱かれようとしていた。
そんなももを見て運転手の高井(升毅)は止めるが憔悴したももは兵馬の元に向かった。

なな(芳根京子)はこのままの姉では本当に壊れてしまうとぷーさん(峯田和伸)にSOS
ぷーさんはその話を聞き、ももの元に向かった。


ぷーさんが兵馬のもとに付くと部屋に迎え入れられた。
兵馬は「未遂に終わったよ」と静かに告げた。
ももは罪悪感で気を失ってしまったという。

気を失っているももをぷーさんは抱きかかえ連れ帰った。

帰り際にももは兵馬に「次はない」と宣言した。

ももが追い求めている「もう一人の自分」は「子供のころの自分」
一度消えたら二度と現れない、そのことを知っていてだますのはやめてくれと兵馬に言った。


そして、連れ帰ったももを高井の車に乗せた。

【高嶺の花】見逃し8話の感想

またまた謎展開で(笑
市松(小日向文世)の行動もあからさまですがその判定に本気で落ち込みすぎるもも(石原さとみ)も落ち込み過ぎでしょ、と突っ込みたくなる展開でした。

ラストぷーさん(峯田和伸)がはももを迎えに行きますが行きは千秋(香里奈)に送ってもらいました....

あと2話ですがこのままですと千秋(香里奈)の登場理由も分からないまま終わってしまいそうです。

とはいえ次週はももが市松の娘ではないと知ることになりますね、どんなラストに向かっていくのでしょうか。
神宮流も兵馬と龍一の対決ですね。

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年8月29日時点のものです。
最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

見逃し配信情報はコチラから
【高嶺の花】見逃し動画配信