森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【グッド・ドクター】見逃し9話あらすじと感想「移植しないと助からない...姉妹の想い」

f:id:aeron501:20180704220307j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【グッド・ドクター】見逃し9話あらすじと感想「移植しないと助からない...姉妹の想い」

【AD】「グッド・ドクター」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
→→→FODプレミアム1ヶ月無料お試しはコチラ
原作「韓国版グッド・ドクター」もFODプレミアムで配信中です。
上記の配信情報は2018年9月6日時点のものです。実際の配信情報はフジテレビオンデマンド公式サイトにてご確認ください。

【グッド・ドクター】見逃し9話あらすじ「移植しないと助からない...姉妹の想い」

東郷記念病院の理事会では病院の改革案が可決される。
その案では小児外科と産婦人科が年内で廃止されることが決まる。

貧血で倒れた伊代(松風理咲)
伊代の容態は今のところ大丈夫だがこのままだと命の危機がいずれ訪れる。
助かるには小腸移植が必要となる。
その移植のドナーとして姉の汐里(松井愛莉)は自分がなると申し出た。
伊代の家族は汐里しかいない。
少しでも可能性があるならと強く希望した。

3年前に両親を事故でなくして以来、汐里が母親代わり、汐里のことが心配になる。


そんな時、小児外科に亮平という一人の少年(萩原利久)が転科されてくる。
一刻も早い治療が必要となる。

夏美(上野樹里)が担当となった。

亮平やバスケットの事故で両足に麻痺が少し残っておりそちらの容態も心配。
亮平は麻痺が取れないかもしれないことはまだ知らない。


伊代(松風理咲)のドナーになるといった姉の汐里(松井愛莉)が適合となった。
しかし、伊代はもう5回も手術している、これ以上手術はしたくないと拒否した。


小児外科では連日亮平(萩原利久)のことについて話し会いが行われるが明るい兆しは見えない。
そんな中、亮平は他の病院に移るという。

亮平は副院長猪口(板尾創路)の息子だった。
猪口が離婚し今は母親と母親とその再婚相手と暮らしている。
猪口は息子のことをボストンの病院へ移すという。

しかし、今の容態で海外へ行くというのは非常に危険。
高山(藤木直人)はそのことを猪口に伝えるが猪口はこの病院に置いておくわけにはいかないと言った。


猪口のことから小児外科が年内で廃止になることを知った夏美(上野樹里)はそのことを高山に問いただすが高山も決定は覆せない、どうにもならないと言った。
その最後の日までひとりでも多くの子供達を救うと言った。
それでも小児外科の年内廃止のことはまだ内緒にしておいて欲しいと高山は夏美に頼んだ。


伊代(松風理咲)はやはり手術を拒んでいる。
そんな伊代に湊(山﨑賢人)は一生懸命問いかける。

伊代は自分のお腹の傷のことで悩んでいた。
今回のドナーは姉の汐里(松井愛莉)
そんな姉のお腹に傷が残る、そんなことはしたくないと言う。

姉は両親が亡くなってから大学を中退し、伊代の面倒を見てきた。
そのこと知っている伊代は「これ以上重荷になりたくない、お姉ちゃんを不幸にしてまで生きたくない」と湊に訴えた。
その言葉を影で聞いてしまった汐里は必死に涙をこらえた。


亮平(萩原利久)は転院することとなった。
しかし、退院のその日に症状が悪化し倒れた。
高山は緊急手術に向かう。
猪口(板尾創路)は「息子を助けてください」と頭を下げた。


亮平の緊急手術が始まる。
伊代も亮平のことを知り、ベッドで祈った。
亮平から借りたスラムダンク(バスケット漫画)を握りしめた。

亮平の手術は難航したが高山(藤木直人)、夏美(上野樹里)、湊(山﨑賢人)らのチームは必死に手術を行った。
猪口も手術の無事を祈った。

手術は成功したが両足の麻痺は残ることとなった。

伊代(松風理咲)も亮平の足がもう動かないと知り、ベッドで涙を流した。

湊(山﨑賢人)は「見せたいものがある」伊代を連れだした。
そこには車椅子でバスケットをする亮平の姿。
「亮平くんは諦めていません」と湊が言った。

亮平はもう足が動かないことは知っていた。
入院当初に母親が話しているのを聞いてしまっていた。
でも亮平は大好きなバスケットを諦められなかった。
そのことを亮平は湊に告白していた。
そして湊が「たくさん応援します」という言葉
湊は亮平のために病院の中庭でバスケットをする手伝いをした。
そして、亮平がいつか車椅子でバスケットの試合に出たいと言い、そのときは伊代に見に来て欲しいと言っていたと伊代に伝えた。

そして湊は汐里もまた伊代の姿を見て励まされていると聞いたと教えてくれた。
汐里にとって伊代は重荷ではなく「頑張る勇気をくれる太陽」だと言った。

その姿を見た汐里が伊代に話しかけた。
「伊代と二人でもっと幸せになるためにドナーになるんだよ」
「早く元気になって亮平くんのバスケ、見に行くんでしょ」と励ました。


猪口(板尾創路)は小児外科がなくなることについては病院全体のために仕方がないこと、と前置きをしたがそれでも「息子の命を救ってくれてありがとうございました」と深々と頭を下げた。


伊代の肝臓の検査結果が出た。
すでに肝硬変の状態で小腸移植はできない....

そして、病院長の司賀(柄本明)も倒れた....

最終回直前ですがグッド・ドクターの見逃し配信についてはコチラの記事でも詳しくまとめています。
www.mori-drama.xyz
最終回前に復習をしておきましょう!

【グッド・ドクター】見逃し9話感想「移植しないと助からない...姉妹の想い」

伊代の容態が急変します。
そして、司賀も倒れます...

この状況での最終回ですが、どんな結末になってしまうのでしょうか。

伊代はこれまで小さい子供達を励ますお姉さん的な元気を分けていました、何としても助かって欲しいです。

司賀もまた、病院の変革にあらがうような強さを持ち続けて欲しいです。
高山と夏美と湊、どんな結末になるのか....楽しみだけど終わりたくない、そんな気持ちです。

【AD】「グッド・ドクター」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
→→→FODプレミアム1ヶ月無料お試しはコチラ
原作「韓国版グッド・ドクター」もFODプレミアムで配信中です。
上記の配信情報は2018年9月6日時点のものです。実際の配信情報はフジテレビオンデマンド公式サイトにてご確認ください。