森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【絶対零度】見逃し最終回(10話)あらすじと感想「壮絶ラスト・完結」

f:id:aeron501:20180627004034j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【絶対零度】見逃し最終回(10話)あらすじと感想「壮絶ラスト・完結」

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年9月10日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。
シーズン1・2も今ならすべてFODプレミアムで見放題です

【絶対零度】見逃し最終回(10話)あらすじ「壮絶ラスト・完結」

旅行代理店が絡んだ組織的な誘拐事件の犯人に拘束されてしまった山内(横山裕)だったが、桜木泉(上戸彩)が助けに来た。
犯人を倒した桜木の前に姿を現したのは井沢(沢村一樹)
桜木は「あなたはミハンに組み込まれた人間」と言い残し去って行った。


桜木泉がミハンのことを知っていたことをチームに共有する。
そして長嶋(北大路欣也)もミハンのことを知っていたことについて井沢は不審に思う。

そんな中、偽造パスポートでベトナムから入国し、違法な銃を所持している桜木泉が今回の「危険人物」だとミハンシステムにピックアップされた。


井沢と山内はベトナムに向かった。
そして桜木泉を知るであろう人物に接触する。
その女性は桜木泉の死亡を偽装したと思われる人物。
桜木が誰かを殺すかもしれないと言い、桜木を止めたいと話を聞いた。
女性は1年前に旅行を装った殺人事件の犯人を射殺した桜木の同僚が報復に殺された事件があったと言った。
その殺された刑事は井沢の妻の元同僚だった。

それから最近になって桜木が誰かに狙われていると言い焼死を偽装した。
桜木は真実を明らかにすると言ったという。


桜木(上戸彩)は長嶋(北大路欣也)に会っていた。
そして、「あの男を捕まえる」と言い、真実を明らかにすると誓った。
しかし、そのことで失われてしまう命もあるかも知れないと心配するが長嶋は「信じる道を進めばいい、俺はお前を支持する」と背中を押した。


東堂(伊藤淳史)はミハンシステムについて警察幹部に発表していた。
賛否は分かれたが東堂は強い口調で意思を伝えた。


ミハンチームはベトナムの事件を調べるが分からないことが多い。
当時は上からの指示もあり「被疑者死亡」で事件の捜査は打ち切られていた。
そのことからもこの事件は何か表に出せない事情があると推測された。

そして、そのベトナムの事件の調査を更に進めることにした。

ミハンのメンバーは関係者の元を少しずつ訪れ、話を聞いていく。


東堂からミハンチームに都内のとあるホテルに急行するように連絡が入る。
そこには井沢の妻子を殺した宇佐美がいた、そしてその宇佐美を追っていた桜木泉もいた。
宇佐美は小田切(本田翼)、山内(横山裕)が取り押さえた。
桜木によれば宇佐美は政財界の裏情報を操作しているという。
ベトナムで桜木のバディ赤川を事故に見せかけて殺したのも宇佐美だったという。

その事件は元々「ミハンシステム」の幻の事件「ケースゼロ」だという。
ベトナムで殺人を犯すのではないかと桜木と赤川が当時のミハンチームとしてベトナムで追っていた人物が実はえん罪だった。
そのことを隠ぺいしたのは東堂(伊藤淳史)
その後、それでもミハンチームを継続し、失われた命も多かった。
桜木は最初の事件を隠ぺいしたことを追求しようとしている。

そのことで赤川の元同僚として話をした井沢の妻も巻き込まれたのかも知れない。
井沢はそのことを東堂に確かめるべく東堂のもとを訪れた。


東堂は隠ぺいの事実を認めた。
警察官が無実の人を殺した....
そのことが明るみに出るとシステムの存続が危うくなるとシステムの存続のために隠ぺい工作をしたという。

当時、赤川は井沢の妻にえん罪のことを相談した。
井沢の妻も元警察官で警察の犯罪を暴く「監察官」だった。
結果的にそのことで赤川だけでなく井沢の妻も殺された...すべては東堂の仕組んだことだったのか?

東堂は拳銃を机の上に置き「あなたには私を殺す権利があります」と言ったが井沢は殺すことはできなかった。
しかし、実は赤川や井沢の妻の殺害を指示したのは東堂ではなかった。
東堂の上の警察庁次長町田だ。
町田はこのミハンシステムが本格的に稼働すれば警察庁長官になる。
そのためには不祥事は許されない。
東堂も「こんな手段を取るとは思わなかった」と言った。
それでも東堂は止めることをできなかったと後悔していた。
「私は私の決着をつけます」と町田に電話をした。
そして「テストケースゼロ号」の真実を明らかにしなくてはならないときが来たと話し、町田に会いに行った。


しかし、井沢は東堂の危険を察知した。
案の定、東堂はミハンシステムが「危険人物」として特定していた男に刺された。

そして井沢は鬼のような形相で血だらけのままで警察庁に向かった。

警察長次長の町田の元に。
町田を会議室に監禁する。

町田は「やったことはすべて認める」と言ったが井沢の怒りは収まらない。
拳銃を構え銃口を町田に向ける。
そして、発砲した。

撃ったのは町田ではなく壁
小田切と山内が会議室に入ると「殺せなかった....みんなの声が聞こえた....」と泣きながら言った。


町田は逮捕され、ミハンの「テストケースゼロ号」のえん罪事件も明るみに出た。
東堂もえん罪事件に関与したとして逮捕された。

井沢は「ミハンシステムの法制化」が延期されたことを拘留中の東堂に伝えた。
そして、自ら命を絶とうとしている東堂を強く掴んで「ミハンがどうなるか見届ける責任がある、生きろ、生きてくれ」と伝えた。
その言葉に東堂は泣き崩れた。

【絶対零度】見逃し最終回(10話)感想「壮絶ラスト・完結」

結局、井沢の妻子はえん罪の隠ぺいのために殺されました。
そんな状況でも井沢は黒幕のことを撃てませんでした。
それでもミハンを守ろうとしています。
桜木はどこにいったのでしょうか?

そもそもですけど、誘拐ビジネスのことは結局分かりませんでしたね(笑

まあ、それは冗談としても絶対零度シーズン3面白かったです。
途中で犯人を殺していたのが井沢な感じがしましたが(実は田村)その辺りの緊張感とかは面白かったです。
最初は井沢が本当に人を殺すキャラだと思っていたのですが結局最後まで殺すことはしませんでした。

そして、ミハンシステムがまだ残っていることもシーズン4、もしくは映画への布石になっているのでしょう。

今のところフジテレビオンデマンドでシーズン1・2も見放題になっていますから見直したいなーと思ったりしています。

【AD】「絶対零度」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年9月10日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。
シーズン1・2も今ならすべてFODプレミアムで見放題です