森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【高嶺の花】見逃し最終回(10話)のあらすじと感想

f:id:aeron501:20180629011935j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【高嶺の花】見逃し最終回(10話)のあらすじと感想

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年9月12日時点のものです。
最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【高嶺の花】見逃し最終回(10話)のあらすじ

風間(ぷーさん:演・峯田和伸)は千秋(香里奈)に誘惑されていたが、「これ、ドッキリですよね?」と聞いた。
千秋は「ももさんのことですか?」と聞く。
そして「バレなければ」と誘うがいっこうにぷーさんは乗ってこない。

そう話ながらも「ももの顔が浮かんでる」と言い、千秋に謝った。

千秋は「浮気をされても動じないような女の方が良いんじゃないか」と聞くがぷーさんはそういう女性には魅力がないと答える。
そして、好きな男性に裏切られたら壊れてしまうような女性の方が魅力的だと言った。

そして、「そばやの湯飲みの高級なティーカップ、どちらが割れにくいと思いますか?」と聞く。
千秋ははそばやの湯飲みだと答えるが、ぷーさんは「高級なティーカップ」だと言う、その意味は「俺が大切に守るかだ」と言った。

千秋の作戦でスマホのマイクでその会話を聞いていたもも(石原さとみ)は泣き崩れた....

そして、いよいよ千秋は自分の正体を明かした。
喫茶店「ボンソワール」で自分が大病院のお嬢様でももとも友達、今回のことは裏で仕掛けていたと打ち明けた。


なな(芳根京子)は月島の一切の相続を拒否して、月島を離れることを決めた。
その意思を弁護士を通じ伝えたが、市松(小日向文世)は尊重した。

ななはももの元に転がり込んだ。
ななは市松が自分を破門にしたがその姿はとても穏やかだったと言った。
もしかしたら市松は「父親として」ななに重圧を背負わせることに抵抗があったのかもしれない。


市松は龍一(千葉雄大)と会っていた。
龍一はこうなってしまったことを詫びたが市松は「これでいい」と実はこうなるように仕向けていた様子。
なな(芳根京子)には血の繋がりはあるが華道家としての「天分」がないと言った。
そして、もも(石原さとみ)にはそれ以上の才能があると言った。
その才能が開花すれば神宮の兵馬(大貫勇輔)をも上回る才能だと言った。
そして、その才能を見たいと思わないか?と龍一に持ちかけた。


もも(石原さとみ)は正式な家元となった。

ももはぷーさんを呼び出し、別れを告げた。
ぷーさんは「待ちますよ」と言ったがももは首を横に振った。
そして、「さよならです」を告げるがぷーさんは納得がいかない。
いよいよ最後の別れになると直感しているぷーさんは必死にもも(石原さとみ)は食い下がったがももは強い意志で立ち去った。
もももぷーさんのことが名残惜しい。
それでも「ありがとうございました」と頭を下げ去って行った。


ぷーさんはももが「最後に作った」という弁当を泣きながら食べる。
周りの仲間達も励ますが気持ちが高ぶる。


ぷーさんは山梨の山奥に咲いている「高嶺の花」を取りに行くと言い出す。
その花はぷーさんが気にかけている中学生の宗太が取ろうとして取れなかったもの。
その花を取れば何かこの恋も実るんじゃないかと思ったぷーさんはその崖の上に咲いている花を取ろうとした。

そして、その花を取ってなな(石原さとみ)の部屋の前に置いた。
その花を見たももは気がついた。
以前は、人を好きになることは許されないと思っていたがそうではなく人を好きになってもいい、ありのままの自分でいれば良いと。

ももは月島の使用人金(正司照枝)と銀(正司花江)から聞いた母の言葉を思い出した。
「私はお花」

そして、月島流の襲名披露で月島の次期家元ではなく「新流派」を立ち上げたいと言った。
その言葉に市松も怒りを露わにするが、同席した神宮兵馬もまずは見てみようじゃないかと静観した。

その席に臨むももの気持ちは晴れやかだった。
本当の父親である高井(升毅)の「生き様を肯定するような生け花を全力で活ける」という気持ちで臨んでいる。

ももは穏やかな気持ちで静かに花を生けた。
その顔は笑顔に満ちていた。
そして、優しく花に語りかけながら、花を生けていく。

その優しい姿と語り口調。
それは実の父高井と母の愛を語るようなものだった。
高井はその姿を会場の外から覗き涙をこらえた。

もも(石原さとみ)の生け花は佳境。
最後はぷーさんへの気持ちを込めて「お慕い申し上げております」と声をかけ演舞を終えた。
本当に晴れやかで健やかな笑顔

そして、新流派として認めて欲しいと市松に「お父さん」と声をかけた。
ももは血の繋がらなかった市松から実の子と同じように愛情を注がれていた。
そして、市松も新流派を立ち上げることで「茨の道を進むことになる」ともものことを心配した。
そででもももの「支え合う人がいます」という言葉に新流派の立ち上げを許した。


龍一(千葉雄大)は華道を引退し、競走馬の世話をしていた。
ななにも誰にも何も言わずに月島の前から姿を消していた。

それでもそんな龍一を訪ねたなな(芳根京子)
龍一は「ストーカーかよ」とおどけて見せたが「もう、行くところがない」というななのことを受け入れた。
そして、いままで一度もななに手を出さなかった龍一だったが初めてキスをした。


商店街では以前花を取りに言って足をケガしたぷーさんが退院> 店に戻るとそこは花で溢れていた。
2階に上がるとそこにはもも(石原さとみ)が待っていた。
「ふつつかものですが...」と言い、「月島の家元はパス、商店街でお花教室をやる」という。


月島では娘がふたりとも出て行ってしまったのでこれからのことをルリ子(戸田菜穂)が模索していた。
それは実は一番ルリ子が月島のことを考えていたのかも知れないと市松も感じていた。
市松はそんなルリ子にこれまでのことを感謝し、愛していると気持ちを明かした。
ルリ子は信じられなかったが「愛があるなら、証明してください。もう一人産みます。」と真顔で言った。
ふたりは笑ってしまった。


そして、自転車で一人旅をしていた宗太が帰ってきた。
みんなで出迎える、宗太も嬉しそう。
それまでは衝突の多かった母親にも「おれもう大丈夫だから」と優しい言葉で言った。


ももは公園で「お花教室」を開いた。
そして、「一番大切なことは大切な人をことを思いながら...」と楽しく花を生けた。

【高嶺の花】見逃し最終回(10話)の感想

最終的にはハッピーエンドですね。
どうやらほぼ全員がハッピーな感じです。
娘ふたりの去ってしまった月島でしたが市松はこれで良かったと思っているように見えます。

ななのことをちゃんと受け入れた龍一もここまでの険しい表情ではなくとても穏やかな人になっていました。
ななもそんな龍一に「運命」と言い、初対面の時を思い出していました。

ももは月島を離れて自由な華道
その様子はとても楽しそうです。
あ、ももについて月島から金と銀が来てしまいました(笑

そんな状態の月島ですが、高井はそのまま月島に残りたいと申し出ました。
ももの父親の高井ですがそこはほどよい距離感がいいのかも知れません。

このドラマは色々と批判的な意見もありましたが終わって見ればそこそこだったんじゃないかと思います。
そうはいっても石原さとみさんだから良かったという部分はかなりありますね。

早くも石原さんの次回作に期待です。

「高嶺の花」見逃し配信はHuluがオススメです。
Hulu-2週間お試しはコチラから
本記事は2018年9月12日時点のものです。
最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。