森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【いつかこの雨がやむ日まで】見逃し7話のあらすじとネタバレ感想「やまない雨....狂気と死」

f:id:aeron501:20180811234408j:plain
出典:東海テレビ公式サイトより

【いつかこの雨がやむ日まで】見逃し7話のあらすじとネタバレ感想「やまない雨....狂気と死」

【AD】「いつかこの雨がやむ日まで」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年9月22日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

【いつかこの雨がやむ日まで】見逃し7話のあらすじ「やまない雨....狂気と死」

國彦(桐山漣)が階段から転落した。

和也(堀井新太)もひかり(渡辺麻友)と天竺要(吹越満)の姿をみて戸惑いを隠せない。
そんな和也に妊娠したと沙耶(筧美和子)が告げた。


ひかりに母から連絡が入り、國彦が入院していると知った。
母から千尋(星野真里)が近くにいてくれていたので良かったと聞くがひかりは何か違和感を感じた。
國彦の容態は良くない。
意識が戻らないかもしれないと聞くとひかりは少しだけ安心した。
それは國彦が天竺のことを犯人だと考え復讐する心配がなくなったから。


悩みを抱えているひかりは劇団の練習でも天竺からダメ出しの嵐。
それでも「ジュリエットを演じることが生きている証」だと何としてもジュリエットを演じたいと言った。


剛田(木村祐一)は洋一(京本政樹)に会っていた。
そして、15年前の娘の麻美(三倉茉奈)を殺したのは実は千尋(星野真里)ではないかと言う。
その娘が姉妹で殺し合ったということが世間にバレては自分の政治家としてのキャリアが終わってしまう。
そのことで何としても國彦に犯人になってもらう必要があった。
結果、剛田が子供時代の和也の記憶を操作し國彦が逮捕され、犯人として収監された。

剛田もそのことに加担していたが今となっては事実を隠ぺいしていたことを後悔していた。
そして、事実に決着をつけると言い、この件を洋一(京本政樹)が妨害するようならすべてを公表すると脅した。


ひかり(渡辺麻友)が家に帰ると母が「國彦を家で看る」と言い出した。
そうなると結局全ての負担が自分にくる。
ひかりはそんな母に嫌気がさし荷物をまとめて家を出た。

ひかりが向かったのは劇団の稽古場

剛田は和也に会っていた。
今、千尋の証言が怪しくなってきたと、そして天竺が容疑者のひとりとして再び注意する必要があると。

そして、突然剛田は和也に謝った。
それは15年前に和也の記憶を改ざんして、「雨が降っていた」と思い込ませたという。
和也が國彦を目撃したときには本当は雨は降っていたかった。
そして、剛田は当時、妻の病気のためにどうしても金が必要だったと言い訳をした。
結局、妻は亡くなったがそのときに魔が差したと言った。
今はその事件の全てを清算することが亡くなった妻との約束だと言った。


和也は國彦に会いにいった。
そして、15年前の証言が誤りだったと國彦の母由布子(斉藤由貴)に謝った。
真犯人を見つけると言う和也にひかりは「これ以上家族をかき回さないで」と言った。
そして、母に「家族をやめよう」と提案した。

その言葉を聞いた千尋(星野真里)はひかりに「麻美によく似てる」と言った。
ひかりは「ジュリエットを見失ってはいない」と言った。
そんな様子に千尋は笑い出した。
千尋は「麻美のことが大嫌いだった、死んで当然の女」と言った。

そして、國彦を突き落としたのは自分だと告白した。
ひかりはそんな千尋に麻美を殺したのかと聞いた。

しかし、そんなことはどうでもいいと言い、天竺に近づかないように見張って欲しいと千尋に言った。
家族も全て捨てたい、と言った。
ミュージカルに全てを捧げ、その邪魔になるものは全て捨てると宣言した。

そして、稽古場に行くと天竺が「いい顔だ」と言いひかりを迎えた。
そんな天竺に決意を新たにしたひかりは「本物のジュリエットを見せてあげます」と宣言した。


和也(堀井新太)は豹変したひかりに絶望していた。
そんな和也に沙耶は親身に接した。
そして、和也のためにオムライスを作り、和也は「おいしい」と言って食べると沙耶は涙を浮かべて喜んだ。


和也はひかりを「思いでの湖畔」に呼び出した。
そして、沙耶と結婚する、子供もできた、と告げた。
全てを捨てる決意をしたひかりだったがその言葉に絶望的な表情をした。
それでも「おめでとう」と言葉をかけた。

ふたりが話していると雨が降り出した。
和也はそれでもひかりに「どこか遠くに、誰も知らない場所にいかないか」と声をかけた。
しかし、ひかりは「行けない...私にはミュージカルがあるから」とその場を去った。


ひかりが稽古場に着くと天竺が「絶望がお前をどこに導くのか、神のみぞ知る」と言い、持っていたナイフで自分で背中を刺した。
壁にナイフを当て、背中から体重をかけた。
「絶望ってのは案外さびしいな」と言い残し、息を引き取った。
ひかりは絶望に叫んだ。

【いつかこの雨がやむ日まで】見逃し7話の感想「やまない雨....狂気と死」

いろいろと謎が多いです。
天竺の「自殺」で謎がとけないままの部分が出てくような感じも...

結局15年前に麻美を殺したのは?
千尋な気がしますが、そうなると天竺の関係は?

次週の最終回に全ての謎が解けるのでしょうか....?

【AD】「いつかこの雨がやむ日まで」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年9月22日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。