森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【不惑のスクラム】見逃し5話のあらすじと感想「トライのある人生」

f:id:aeron501:20180901213004j:plain
出典:NHK公式サイトより

【不惑のスクラム】見逃し5話のあらすじと感想「トライのある人生」

「不惑のスクラム」見逃し配信はU-NEXTがオススメです。
▶▶▶「U-NEXT」お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年9月29日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。
最新話は翌日以降の配信です。

【不惑のスクラム】見逃し5話のあらすじ「トライのある人生」

丸川良平(高橋克典)の命の恩人とも言える宇多津(萩原健一)が亡くなった。
そして、何としてもラグビーをしたい、ラグビーに恩返しがしたい、宇多津への思いを失いたくない...

そんな思いでラグビーを続けたいと願った丸川
そして、賛否あるがヤンチャーズの面々も丸川のことを受け入れた。


ヤンチャーズの二階堂(高橋光臣)は仕事ではコピー機のメーカー勤務だが好きだった現場から引き離され5人の部下の上司となってしまった。
二階堂は管理職のデスクワークは症にあわない。
職場でも少し浮いてしまっている。

ある日の夜、街の階段でトレーニングする丸川のもとに二階堂が現れる。
一緒にトレーニングを行うと二階堂はとても足が速い。
二階堂は生前宇多津が言った「忘れられないトライ」のことを聞いた。
二階堂はまだトライを決めたことがない。
そんな自分がトライを決めたらどんな気持ちになるのか、人生が変わるのか?そんな思いを丸川にぶつけた。
丸川も「何か変わるかもしれないね」と答えた。


丸川(高橋克典)の元妻由理(戸田菜穂)は駅で丸川を見かけたことを弁護士に伝えると弁護士も少し困った様子。
出所して、被害者遺族のために少しお金が貯まると持ってくるという。
ただ、どこに住んでいてどんな仕事をしているのかは弁護士も分からないという。

由理(戸田菜穂)は丸川(高橋克典)を待っている。


ヤンチャーズのキャプテン金田(村田雄浩)は花園ラグビー場へ来ていた。
呼び出したのは元日本代表で今は評論家としても活躍する元チームメイト(長谷川初範)
4年後に日本で行われるラグビーワールドカップのボランティア事務局を手伝って欲しいと言う。
それでは自分がラグビーをする時間がなくなると金田は渋った。


ある日のヤンチャーズの対戦相手は大学生
メンバーは大学生に勝てるわけがないと言うが二階堂はやりたいと前に出た。
そして試合が始まる。
やはり大学生のチームとはスピードもパワーもレベルが違う。
全く歯が立たない。

それでも二階堂が走る。
そして、二階堂が念願のトライを決める。

二階堂にチームメイトが「ナイストライ」の声をかける。
ゲームは負けたが打ち上げは二階堂のトライで盛り上がった。
二階堂はチームメイトのおかげだと頭を下げた。

そこで分かったのは自分がこれまで失敗を恐れていたことや勇気がなかったことに気がついたと言った。

そんな中、キャプテンの金田は納得がいかなかった。
5倍以上の大差で負けたのに乾杯をするメンバーに向かって「おめでたいチームだ」と声を荒げ、しばらくチームを休む、キャプテンは降りる、と店を出て行った。


金田(村田雄浩)は役所勤めで15年前に妻と死に別れてからは出世にも興味がなくなり毎日を過ごしていた。
いきおいでキャプテンを降りたがチームのことが心配だった。

そんなある日、役所の建築課の仕事で訪れた現場で丸川(高橋克典)が働いていた。

ふたりは話をする、丸川が自分の体力や老いへの気持ちを話すと金田も思い当たることが多く、とても複雑な気持ちになった。
そして、「今度の週末、顔貸せ」と厳しい表情で丸川に言った。

【不惑のスクラム】見逃し5話の感想「トライのある人生」

少しずつ丸川(高橋克典)と妻の由理(戸田菜穂)が近づいています。
次週は再会の模様。

キャプテンの金田は自分の体力や思いだけでなくラグビーワールドカップのボランティア事務局に誘われたこともあって悩みを抱えている。
そんな、金田と丸川が次週どうなってしまうのか楽しみです。

▶▶▶「U-NEXT」お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年9月29日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。
最新話は翌日以降の配信です。