森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【SUITSスーツ】見逃し1話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20181002232216j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

『SUITSスーツ』見逃し1話のあらすじと感想

【AD】「SUITSスーツ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年10月8日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「SUITSスーツ」見逃し1話のあらすじ

幸村・上杉法律事務所を訪れる会社社長のダイス・スズキ
スズキ氏はパワハラ疑惑の週刊誌記事が発売されると怒っている。
その記事は事実無根だという。
そのスズキの相手をしているのは幸村チカ(鈴木保奈美)
スズキは担当の甲斐正午(織田裕二)をすぐに呼べというが連絡が取れない。

そころ甲斐はトレーダーの女性(泉里香)と演劇鑑賞。
甲斐の同僚の蟹江(小手伸也)は甲斐の失態にどこか嬉しそう。

そして、事務所にパワハラ被害者の代理人として弁護士がやってきた。
スズキはその弁護士に「どうせ金目的なんだろ?」と言うが相手はその言葉を録音していた。
そしてやっと甲斐が事務所に戻る。
甲斐は女性を劇場に残して駆けつけた。

甲斐はその女性の訴えが実はスズキの会社の技術的なスパイ活動、もしくは阻止をしようというライバル会社の陰謀だと言った。
その女性のメールや写真を見せた。
その写真の女性は先ほどの女性(泉里香)の姿だった。

そして、相手弁護士がそのライバル会社の顧問も務めていると言い、「顧問弁護士も巻き込んでスパイ活動ですか?」と言い「記事を止めてもらえますよね?」と強気に押した。

交渉は終わった。


司法試験の会場
試験官の目を避けるように試験を受けるひとりの男(中島裕翔)
その雰囲気を怪しんだ試験官が試験後に声をかける。
何とかその場は逃げ出した。
男は別の男と会う。
今回の司法試験は替え玉受験だったのだ。
リスクを犯して受けた司法試験だったが結局相手は難癖をつけて報酬を支払わなかった。


甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は話し会いをしていた。
甲斐があのパワハラ被害者の弁護士を追いやった時の情報の一部がねつ造だったのだ。
もちろん相手の女性はスズキの会社を退職した後にすぐライバル会社に再就職していた。
記事がねつ造なのは明らかだとチカに説明した。


あの司法試験の男の名は大貴(中島裕翔)
腐れ縁の遊星(磯村勇斗)からの依頼だったこの司法試験の替え玉にウンザリしていた。
しかし、遊星は「もっとでかい仕事がある」と次も手を組もうと持ちかけた。

大貴はその言葉になびかなかったが遊星は本気なようだ。


甲斐(織田裕二)はあのパワハラ騒動の一件でチカ(鈴木保奈美)と昇進の約束をしていた。
あの案件がうまく片付いたら昇進させると甲斐に迫られていた。
結果、その約束を守る形で昇進が決まった。
しかし、その条件は「アソシエイト(助手)をつけること」

甲斐はしぶしぶ同意した。


大貴(中島裕翔)の祖母が階段から落ち足を骨折たと連絡を受けた。
静岡に住む祖母に東京に来ないかと言うが祖母は難色を示した。
その帰り道、祖母のことを金銭的にも支えたいと思い、遊星に「言っていた仕事やるよ」と連絡をした。

大貴はその仕事の内容を聞き驚く。
「アタッシュケースを相手と交換するだけで100万円もらえる」と言う

そのバックを持ち、指定されたホテルに向かう大貴(中島裕翔)
ケースの中身は知らされていない。

大貴はガマンできずにアタッシュケースの中身を見てしまう。
そこにはもの凄い額の札束が入っていた。
そのころ遊星は怪しい男達に襲われていた。
遊星はあちこちから金を集め、麻薬取引に手を出そうとしてた。
そのことで金を取られた男達に襲われたのだ。

しかも、遊星の取引相手は警察のおとり捜査。
大貴がそのままアタッシュケースを渡すと逮捕されると言うことになる。

中身を知り、疑心暗鬼になっている大貴
指定された部屋に向かうがその途中で会った人たちの様子がおかしいことに気がつく。
そして、指定された部屋に入ることなく逃げ出す。
慌てて逃げた大貴が入ったのはちょうどそのとき2階で行われていた甲斐のアソシエイトの面接会場
大貴は面接に来た男と間違えられて甲斐との面接に
そこでアタッシュケースが開いてしまう。

大量の札束を見ても甲斐は驚かなかった。
それどころか「飽きていた」と言い、事情を聞かせろと言った。

大貴(中島裕翔)の話を聞き笑う甲斐(織田裕二)
このままだと逮捕される。
弁護してやろうか?という甲斐に大貴は「僕の方が法律に詳しいんで大丈夫です」と断った。

その言葉に甲斐も驚いた。

しかし、六法全書のすべてを暗記しているという大貴
甲斐が六法全書を読み上げるとその句読点の位置まで覚えていると暗証した。

しかも、六法全書は「2回も」読んだという。
大貴は高校2年の時に司法試験の予備試験に合格していた。
しかし、その後先輩のセンター試験の替え玉受験をして、その司法試験の受験資格を失っていた。

甲斐は「ばあちゃんが施設に入るのにはいくら必要なんだ?」と聞いた。
大貴を採用することにした。


甲斐の顧客であのパワハラ騒動の社長スズキはAi関連会社の経営に没頭しているが実は弁護士資格を持つ秀才
しかもまだ大阪の弁護士協会に所属している。
さらに本名が鈴木大輔と大貴と1文字違い。

甲斐は大貴に「改名して今日から鈴木大輔になれ」と驚きの指示をした。
更に条件としてあの薬物取引を企てたような悪友とは縁を切ることと指示をした。

そして甲斐が集めた鈴木大輔の幼少時代からのさまざまな資料を集め、すべて覚えろと言い、「今日から完璧に鈴木大輔になれ」と指示した。
大貴は大輔が育った街や学んだ大学などを訪れその経験をすべて記憶しようとした。
更に大輔の学んだハーバードにも行った。

完璧に鈴木大輔になりきった大貴に甲斐は弁護士バッジを渡した。


そして、大貴は大輔となり「幸村・上杉法律事務所」のアソシエイトとなった。
初めて出所し、大輔のことを案内したのはパラリーガルの聖澤真琴(新木優子)

真琴はどこかよそよそしかった。


そのころ甲斐(織田裕二)はチカ(鈴木保奈美)に呼び出されていた。
あのパワハラの訴訟の際に甲斐が相手に提示したメールがねつ造だとバレたのだ。
そのことで甲斐は場合によっては弁護士としての資格を失うかもしれない。

その状況で結局、大貴(大輔)は出社日に「解雇」を言い渡された。
納得いかない大貴は甲斐に詰め寄る。
しかし、「これ以上、違法行為を抱える訳にいかない」という甲斐の言葉。
そして、甲斐はお婆ちゃんの施設入居費用としての約束の「1,000円の小切手」を大貴に渡した。


その夜、大貴はやけ酒
そこに遊星(磯村勇斗)が現れる。
「あの金はどこだ?」と詰め寄る。
大貴は「捨てた」と言う。

元々、遊星の言葉に悪いことをして高校時代に希望を失った大貴。
これ以上、関わらないで欲しいと言った。


甲斐はあのパワハラ騒動の相手の弁護士のことを調べていた。
何か弱みがあればそのことを理由に揺さぶろうと言う考え。
しかし、調べても何も出てこない。

そんな時、情報屋が見つけてきたネタ。
そのことを聞き、大貴がまとめていた「これまで行った犯罪リスト」に目を通し笑い出す甲斐(織田裕二)

そして、甲斐は大貴を迎えに来た。

甲斐(織田裕二)は大貴を連れて相手弁護士の元を訪れる。
相手弁護士の息子は先月大貴が替え玉受験をして、しかも報酬を踏み倒した男だった。
結果、相手は訴えを取り下げた。


今回の件で本物の鈴木大輔(ダイス・スズキ)は海外で永住権を取ろうと思っていると甲斐に打ち明けた。
そんな鈴木に甲斐は「相談がある」と持ちかけた.....

大貴は正式に事務所の一員となった。

「SUITSスーツ」見逃し1話の感想

予想に反して面白かったです。
ストーリーはUSA版になぞらえてはいますが少し変えていますね。

前評判の織田裕二さんのハーヴィーも結構いいですね。
ちょっとセリフが日本ぽくない感じがアレですけど、これはこれとして楽しめそうです。

中島裕翔さんも割としっくりいきましたね。

ツイッターのリアルタイムでは「10秒でチャンネル変えた」とかありましたが、そこまで悪くないかなとは思います。
今のところあまり難しい法律用語とかが出てこないので助かっています(笑


【AD】「SUITSスーツ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年10月8日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

USA版の「SUITS」は「U-NEXT」で配信しています。
こちらも面白いので必見です。
>>>「U-NEXT」お試しはコチラから
本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。