森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

『SUITSスーツ』見逃し2話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20181002232216j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

『SUITSスーツ』見逃し2話のあらすじと感想

【AD】「SUITSスーツ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年10月15日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「SUITSスーツ」見逃し2話のあらすじ

鈴木大輔(中島裕翔)は無料相談会の担当。
甲斐(織田裕二)は無料相談は金にならないから適当にやれ、という。

そんなとき、一人の女性が「セクハラ被害」を訴えてきた。
その女性川瀬今日子(関めぐみ)その話によると病院勤務の女性が病院長に「愛人になれ」と言われ、断ったところいわれのない理由で解雇されたという。

大輔は裁判を行うというが甲斐は「セクハラ裁判は物証が確実でないと勝てない」と勝てない勝負は避けるべきだと言う。
しかし、その相手の病院長の名前を知ると「すぐにアポを取れ」と急に甲斐が乗り気になった。
その相手は東都医科大学病院の病院長海部(中村育二)、日本医師協会の次期会長と目されている。
そんな権力者で政界にも太いパイプを持っている。
だからこそやるんだと甲斐(織田裕二)は「スキャンダルを恐れて示談に応じるはずだ」という。


早速、大輔は病院に出向く。
そこで意向通りに示談に応じるという。
あまりに簡単に事が済んでしまい、大輔は誇らしげだ。

しかし、甲斐の秘書玉井(中村アン)は「不吉な予感」だと言った。

そんなとき、蟹江(小手伸也)に呼び出され、蟹江も若手の監督官だと言い、業務の内容を逐一報告するようにと言った。
そこでは仕事をしくじったスタッフが目の前で首にされ大輔は少し危機感を感じていた
そして、「本物の鈴木大輔」と蟹江の甥っ子が実はハーバードの同期だと言われ動揺する。
蟹江は甥っ子に大輔(大貴)の写真を送ったが「知らないと言われた」という。


油断していると大輔の「セクハラ」に関してのニュースが大々的に報じられてしまう。
そのことで相手側は「示談に応じない」という。
さらに、「名誉毀損」で女性を訴えるという。

大輔が女性を訪ねると女性の弟が姉の姿を見かねてリークしたのだという。
「示談金の額も決まっていたのに」と大輔が言うと女性は「私が金目当てだと思っているのですか?」と言う。
女性は身の覚えのない理由で解雇され、再就職も妨害されていると言い、事実を言っただけだと強い態度だった。

大輔は事務所に戻りセクハラ事件について調べるが、やはり物証がない状況では難しい。。


甲斐(織田裕二)はある男性と会う。
その男性は銀行に勤務しており、内部留保金を不正に流用している人がいるという。
ただ、その男は銀行の幹部。
告発した男性も逆に潰されるんじゃないかと恐々としているがやはり見過ごせないと甲斐に申し出た。


甲斐(織田裕二)と蟹江(小手伸也)は幸村(鈴木保奈美)に呼び出される。
そこでは事務所ないの「パワハラアンケート」の結果だった。。
ふたりにその結果を見せ幸村は釘を刺した。。


大輔は状況が悪くなったことを甲斐に相談する。
甲斐も「示談なら見込みがあったが訴訟では勝ち目がない」と言う。
それでも、大輔は他にも被害者がいないか探してみる、と事務所を飛び出した。

そして、ある女性を訪ねると、同じようにセクハラの被害を受けていたという。
その女性は宝田と言い、大輔は裁判で証言して欲しいと言うが夫の町工場の経営状態があまり良くないため、面倒なことはしたくないという。

それでも、状況が好転すれば「宝田さんの慰謝料も請求できるかも知れません」と言う言葉に証言に応じるということになった。
しかも、その女性はかつて海部の子供を中絶したことがあると言う。


甲斐(織田裕二)はその言葉を聞き、海部に会いに行った。
そこで宝田さんが中絶したという事実を伝えるが海部は「報道された以上示談には応じない」という強硬な態度。
しかし、甲斐が「訂正記事を掲載する」と提案。
更にこれから行われる医師協会の会長選相手陣営のフェイクだったとにおわせることもできるというと海部は応じることとなった。


甲斐は銀行を訪れていた。
内部告発の件だ。
相手の部長は「あり得ない」という。
しかし、甲斐はその部長が内部留保金を女性に貢いでいることを示すような写真を提示した。
そして「何も言わずに部長が身を引くことが銀行のためです」とそれ以上は言わずにその場を立ち去った。


大輔は唯一の身寄りである祖母を東京の施設に呼ぶことにしていた。
しかし、最近は殺人的に忙しいので悪友遊星(磯村勇斗)の妹砂里(今田美桜)にその送迎を頼んだ。
そして、施設で合流し、祖母と久しぶりに会った。
大輔(大貴:演・中島裕翔)は砂里に何かお礼をするよというと砂里は「デート」と言ったがすぐに「デートに着ていく洋服」と言い直した。
砂里は大貴のことが好きなのだろうがまだその気持ちは伝えられていないようだ。

大輔(大貴:演・中島裕翔)が部屋に戻ると部屋が荒らされていた。
先日、遊星から頼まれた仕事で薬物取引に巻き込まれたが、その際に預かった金をまだ大貴が持って居るからだ。
大貴が遊星に電話をかけると「金を返して欲しいだけだ」と言った。
大貴はその金の入ったアタッシュケースの隠し場所に困り、そのまま持って出社した。

出社すると蟹江(小手伸也)が待ち構えていた。
そして、セクハラ訴訟の報告書が上がっていないと言った。
危うく「あの金」が入ったアタッシュケースのことがバレそうになった。


状況が一転する。
あのセクハラの件で示談になるはずだったのに河瀬今日子(関めぐみ)のところに海部からの訴状が届いた。
そのことで甲斐(織田裕二)は焦る。
証言すると約束していた宝田という女性。
大輔に「ちゃんと監視しておけ」と指示していたが大輔は監視を怠っていた。
しかも海部との子供を中絶したという証拠のカルテも入手していなかった。

甲斐は大輔にすぐに宝田のところに行き、証言の約束を取り付けろと言ったが結局取り合ってもらえなかった。
「他人の人生に関わる余裕はない」と言い、「あんな大きな病院長に楯突いたら大変なことになることは分かっていたはず」と河瀬には悪いがひとりで何とかして欲しいと言った。


どうしたらいいのか途方に暮れる大輔は弁護士バッジを机に残し、立ち去ろうとした。
甲斐(織田裕二)は「逃げるのか?」と声をかける。

「辞めるのは勝手だが河瀬今日子の弁護だけは最後までやれ」と指示をした。

その言葉に大輔は何かスイッチが入った。
そして、大貴(大輔)は遊星(磯村勇斗)の元に向かい、「あの金」を返し、もう関わるなとだけ言って立ち去った。

そして、宝田の町工場を訪ねると、「経営が苦しい」と言っていたはずの宝田の工場に大きな機械が搬入されていた。
従業員も雇っているという。
病院から何か金が流れたのだろう。


その言葉を聞き、甲斐が動き出す。
そして、再び病院長との会合
そこで甲斐と大輔が提示したのは宝田に預けていたボイスレコーダーの音声。
そこには病院弁護士が証言をしないなら工場の経営を手助けできると持ちかけたものだった。
そのことは買収となり裁判では不利になる。
そして、結局病院側は示談に応じることとなった。


今回の件では宝田夫妻は後ろめたい気持ちになっていたという。
そこに甲斐があの部長を追い出した銀行からの融資を取り付けたのだ。
そのことで宝田夫妻は正当な融資を受けられることになったために病院からの申し出や金銭的な援助を断ったということだった。


大輔は一度は辞めると言ったが結局はもう少し頑張ることにした。

「SUITSスーツ」見逃し2話の感想

何だかんだ言って大輔(中島裕翔)の最初の仕事としての今回、甲斐(織田裕二)が裏でちゃんと手を回していました。
もちろん大輔は気がついていないようですが...
それでも大輔の気持ちをちゃんとコントロールする甲斐はさすがですね!
対比するように描かれている蟹江(小手伸也)の存在もより甲斐の仕事ぶりを際立たせます。

それと今回の賠償金は390万円でした。
USA版でも同じようにセクハラの訴訟問題だったのですが「25万ドル(2800万円)!」
日本とアメリカの違いですかね...笑

【AD】「SUITSスーツ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年10月15日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。