森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【昭和元禄落語心中】見逃し2話のあらすじと感想「助六」

f:id:aeron501:20181012212029j:plain
出典:NHk公式サイトより

【昭和元禄落語心中】見逃し2話のあらすじと感想「助六」

「昭和元禄」の見逃し配信は『U-NEXT』がオススメです
>>>『U-NEXT』お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【昭和元禄落語心中】見逃し2話のあらすじ「助六」

昭和11年(1936)夏
有楽亭八雲に入門することになった菊比古
母親との縁があり菊比古は八雲(平田満)に入門できたが、後の助六となる「初太郎」は縁がないため入門を認められなかった。
しかし、八雲の前で落語を披露し「自分は八代目八雲になる」と七代目に言った。
そして初太郎が持って居た「助六」と描かれた扇子を見るとどういうわけか入門を許した。

菊比古は踊りをやっていたが足をケガしてしまい踊りが続けられなくなってしまい母の口添えで八雲に弟子入りした。

そんな初太郎に「親に捨てられたんだろ」と言われ、本当のことでありながらも苦しい気持ちになった。
それでも初太郎にその心の中の思いを離しているうちに心が軽くなった。
お互い親から捨てられたあようなもの、「お互いを捨てない」と約束した。


そして数年ののち、ふたりは前座にあがれるようになった。
豪快な性格の初太郎(山﨑育三郎)に対し、常に辛気くさい菊比古(岡田将生)
菊比古は初舞台だというのにすっかり客席とのやりとりが旺盛で会場全体がとても楽しい雰囲気

辛気くさい、声の小さい菊比古に初太郎は「声を張らなくてもいい落語をすればいい」とアイデアをくれた。

初太郎は日々落語漬け、菊比古は当初の約束通り昼間は学校に通った。
そのこともあり菊比古と初太郎の差は広がる一方だった。

初太郎との差が広がる中で負けたくないと千代という女性と恋をした。
時代は昭和20年代、戦争のまっ只中
菊比古は声を張らない「色っぽい落語」は禁止されてしまい菊比古は気を落とした。
昭和16年の秋、落語の名作が封じられた。

そして、昭和20年(1945年)
空襲もあり東京も危うくなってきた。
八雲と初太郎は満州へ。
戦地で慰問をして落語をするという。
菊比古は足も悪い、八雲の妻と一緒に田舎へ疎開することになった。

満州へ一緒に行けないことで菊比古は「また捨てられるんですか?」と泣きがながら訴えた。

それでも幼い頃から一緒だったふたりはここで別れ別れになることに。
生きて帰ると約束した。
その証に初太郎は祖父の形見である「助六」と描かれた扇子を菊比古に託した。

そして、終戦
東京に戻れることとなった菊比古は初太郎とまた落語ができると喜んだ。


東京へ戻り、初太郎と師匠八雲を迎える準備
そこには疎開していた松田も戻ってきた。
八雲の家は空襲を免れていた。
八雲も初太郎も帰っては来なかったが菊比古は座敷で落語をして家を守った。
ふたりからの連絡が途絶えしばらくたった頃、八雲と初太郎が『生きて』戻ってきた。

寄席も再開し、初太郎はすぐに人気者となった。
終戦の暗い中だったが初太郎はいつも明るい方を見ていた。


ふたりは前座から二つ目に昇進した。

そのころふたりは八雲の家を出て古い安アパートで暮らし始めた。

ちょうどそんなとき、七代目八雲に会いたいと訪れてきたのが「みよ吉(大政絢)」だった。

【昭和元禄落語心中】見逃し2話の感想「助六」

戦前戦後の激動に生きた落語家
その頃は「笑い」すら許されなかったのですね...

それにしても山﨑育三郎さんの存在感、スゴイですね。
風格抜群です、本当に落語家にしたいくらいです。

そして、ふたりの間に入ってくる女性「みよ吉(大政絢)」の登場が意外でした。
いきなり派手な洋服姿での登場。
そして、はじめは師匠八雲を訪ねてきた....どんな関係なのでしょうか?
次週からこの初太郎、菊比古、みよ吉、どんな関係になっていくのでしょうか?

「昭和元禄」の見逃し配信は『U-NEXT』がオススメです
>>>『U-NEXT』お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。