森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【SUITSスーツ】見逃し3話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20181002232216j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

『SUITSスーツ』見逃し3話のあらすじと感想

【AD】「SUITSスーツ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年10月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「SUITSスーツ」見逃し3話のあらすじ

大輔(中島裕翔)は少しでも仕事を覚えようと甲斐(織田裕二)のそばに居るが甲斐は「弁護士は個人事業主」だとあまり大輔に色々と世話を焼くようなことはしない。
その様子に大輔はパラリーガルの聖澤真琴(新木優子)に「仕事が欲しい」と相談する。


甲斐は大輔を置いて「大事な顧客」の元へ
そこは甲斐も愛用する国産の時計メーカー「KAMIYA」
その社長が先日亡くなった。
会社につくと会社側と娘が揉めている。
娘は父の生前の言葉もあり「家族葬」にしたいと言う。
会社側は「社葬」にしていという
顧問弁護士の甲斐も本人の遺言もなく、意向も聞いていないと家族の意思を尊重してはと提案する。

甲斐は工場長の岡林(きたろう)とも話をするが会社が「大変なとき」だという。
今に分かると意味深な言葉を残し去って行った。

結局、話を聞くと社長に内緒で会社の幹部は海外移転を計画していたという。
しかし「KAMIYA」はすべての部品を国内で製造する職人気質のメーカー
安易に海外に移転することは「普通の時計」になってしまう。
甲斐はそのことを危惧している。
工場長の機嫌が悪かったのもそれが理由らしい。


同じ頃、大輔(中島裕翔)は蟹江(小手伸也)に格闘技ジムに連れて行かれていた。
そこでゲームメーカーのCEO藤ヶ谷(柳俊太郎)と「親密な関係になって仕事を取れ」と蟹江から指示される。
しかし、その藤ヶ谷は蟹江のことが嫌いだと言う。
しかし、藤ヶ谷の作ったゲームのファンで、かつて世界ランカーにもなったことのある大輔
そのハンドルネーム「三ツ目小僧」は藤ヶ谷も知っていた。
そのことでふたりは少し親密になった。


大輔が事務所にもどると甲斐が「KAMIYA」のカタログや亡くなった社長の言葉を暗記しろと資料の山に向かって指示した。

聞けば甲斐の目的は「新社長を追い出す」ことらしい。
新社長が目されている取締役の「安樂」という男は海外展開を先導する男。
このまま先代の意思に反した事業展開をするのは得策ではないということに甲斐も賛同している。

普通、社長が亡くなった場合には取締役会が開かれ次の社長が決定される。 KAMIYAの取締役会はまだ開かれていない、甲斐はそれまでに対抗馬の社長候補を探したいと考えている。


大輔は藤ヶ谷に呼び出される。
そこは昼間から酒を飲みゲームに興じる人々がいた。
そこで無理やり酒を飲まされてしまう。

そして、出勤すると甲斐は「帰れ」と叱責した。


甲斐は「KAMIYA」の新社長を勝手に名乗り新聞などのインタビューを受けたり、海外への工場移転を進めている安樂(久松信美)に釘を刺しに。
甲斐が料亭の安樂を訪ねるとそこには蟹江(小手伸也)がいた。
蟹江は海外移転の相談を受けていると言う。
安樂も海外移転に反対の顧問弁護士に相談する義理はないと言う。


甲斐(織田裕二)は何が何でも安樂を社長にしてはいけないと躍起になる。
そして、会社で一番の古株である工場長の岡林(きたろう)を社長に推す考え。
幸い株主比率からも戦えない状況ではない。
甲斐は岡林にそのことを伝えるが岡林は乗り気ではない。

それでも岡林は会社の、先代の意思を継承したいと社長選に立つ意思を示した。


「KAMIYA」の株主総会に向けて準備、根回しが進む。

そして、取締役会
10時の予定に到着すると既に「臨時の取締役会」が終了し、安樂が社長に就任したとその場にいた蟹江が説明した。

そして岡林(きたろう)は「クーデターを企てた」と実質的に解雇のような状態に陥った。

この蟹江の行動は幸村チカ(鈴木保奈美)も了承済み
むしろ会社の社長選出や方針に口を出そうとして甲斐のことを「越権行為」だといさめた。

甲斐はなすすべなく「敗北」


そんなとき、事務所にゲームメーカーCEOの藤ヶ谷(柳俊太郎)が現れる。
大輔とのこともあり、顧問弁護士を蟹江に依頼したいという。
もともと藤ヶ谷は蟹江のことが嫌いだといったが逆に味方につければ心強いのではないかという。
そんな藤ヶ谷に大輔は相談を持ちかけた。


そして、KAMIYAの取締役会に甲斐(織田裕二)、大輔(中島裕翔)、岡林(きたろう)が乱入してくる。
現在KAMIYAの筆頭株主である娘に「買収」のオファーが来ているという。
その娘の株を売却すれば54%の株をその買収先が得ることになる。

その買い主は藤ヶ谷
藤ヶ谷はKAMIYAのコレクターで国内の高い技術を買っている。
そこで筆頭株主になった暁には技術力を重視し岡林を新社長にする意向だという。
結局、そのことに蟹江も反論もできず岡林が新社長になることに。


結局、藤ヶ谷の会社の顧問も甲斐と大輔で引き受けることとなった。

「SUITSスーツ」見逃し3話の感想

今回も面白かったですね。
1話、2話に続き途中のストーリーが「出来すぎ」ではありますが(笑

まあ、意見は色々あると思いますがこのドラマに関して個人的には「リアル感」よりも「爽快感」の方が優先しています。

そう言う意味では爽快感はいいですね。

次週も楽しみです

【AD】「SUITSスーツ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年10月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。