森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【昭和元禄落語心中】見逃し3話のあらすじと感想「迷路」

f:id:aeron501:20181012212029j:plain
出典:NHk公式サイトより

【昭和元禄落語心中】見逃し3話のあらすじと感想「迷路」

「昭和元禄」の見逃し配信は『U-NEXT』がオススメです
>>>『U-NEXT』お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【昭和元禄落語心中】見逃し3話のあらすじ「迷路」

実の親に捨てられた菊比古
同日、弟子入りした初太郎と切磋琢磨していた。

昭和25年12月
菊比古(岡田将生)は銀座の洋食屋でボーイの仕事をしていた。
そんな店で働いていることは師匠にはバレたくない。
それでもそんな店に初太郎(山﨑育三郎)はやってきて「腹が減った」とパンを無心した。
初太郎は「助六」に名前を変えてからは調子が上向いてきている。


それでも菊比古の部屋に居候する助六。
生活費を稼ぐのに精一杯の菊比古
落語のことばかり考えてその日暮らしの助六

それでも助六は引っ張りだこの人気を博していた。

その助六の落語を袖で見ている菊比古だがその腕前にいつも驚かされていた。
助六の後に高座にあがる菊比古だが、客席の温度差は歴然だった。

菊比古の落語はまじめで隙がない。
「そのせいで自分の落語が見つけられていない」と師匠の八雲(平田満)に指摘される。
八雲は少し遊ばないとダメだと芸者遊びに連れ出す。
そこにはあの「みよ吉(大政絢)」がいた。
みよ吉と八雲、助六は満州で知り合い、今は八雲が世話をして芸者として働いているという。

少し飲み過ぎたと部屋の外で涼む菊比古のもとにみよ吉がやってくる。
みよ吉は菊比古の落語が好きだと言った。
そして、八雲に内緒で会おうという。


程なく、ふたりは踊りの稽古を一緒にするような間柄となった。
みよ吉は菊比古に惹かれ、次第に男女の仲になっていった。

ある日、菊比古(岡田将生)はみよ吉(大政絢)に「落語向いていないのかな」と弱音をはいた。
「初太郎(助六)には叶わない」と落ち込む。

そんなころ、助六の提案で若手達による舞台が開かれる。
菊比古は女形の衣装で舞台に立つ。
舞台の菊比古をすべての目が見ている。
それはこれまで感じたことのない感覚だった。

結果、舞台は大成功となった。

その舞台をキッカケに菊比古は落語にも自信をもって高座に。
「自分が自分でいるために自分の場所をつくる」そんな気持ちで落語を演じる。
これまでとは打って変わって自分の形を見出したようだ。

その姿を見るみよ吉は嬉しそうだった。

【昭和元禄落語心中】見逃し3話の感想「迷路」

みよ吉との出会い、助六との差に焦りを感じ、不本意ながら参加した舞台で覚醒した菊比古
菊比古の覚醒具合いいですね。

ここまでの感じは伏線だとしてもその落差はさすがだなと思います。

みよ吉との出会いもこの菊比古にとっては大きな変化点になったのでしょう。
助六との差がこのまま広がるのか菊比古が追いつくのか、楽しみです。

「昭和元禄」の見逃し配信は『U-NEXT』がオススメです
>>>『U-NEXT』お試しはコチラから。
本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

www.mori-drama.xyz