森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

『僕とシッポと神楽坂』見逃し2話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20181024150643j:plain
出典:テレビ朝日公式サイトより
『僕とシッポと神楽坂』の見逃し配信は「U-NEXT」がオススメです。
>>>「U-NEXT」お試しはコチラから
本ページの配信情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は「U-NEXT」サイトにてご確認ください。

『僕とシッポと神楽坂』見逃し2話のあらすじ

前回1話の見逃しあらすじと感想はこちらから
【僕とシッポと神楽坂】見逃し1話のあらすじと感想

「坂の上動物病院」に一匹の猫が連れてこられるは妊娠しており5匹ほどの子猫がお腹にいると診察する。
飼い主はすぐに手術をしろというが達也(相葉雅紀)は手術はしないという。
「命を殺すことはできない」と、飼い主は怒り帰ろうとうする。

トキワ(広末涼子)が引き止め診察料を請求する。
飼い主は「何もしていない」というが診察にはエコーやバイタルチェックなどをしているのでと説明する。
猫とはいえ人間と同じように診察をすればお金がかかるのだが飼い主達はそうは思わないようだ。

そんな患者でもちゃんと請求しないと、とトキワは達也に言う。
ちゃんと請求してもらわないとトキワはお給料をもらえない。

そして午後、達也は獣医師の症例発表へ
トキワが以前勤めた「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)も登壇した。
田代の発表は抗がん剤治療の発表

そして、達也の発表は「ペットと飼い主の心の治療や在宅治療について」
そして、田代から「興味深い発表だった」と評された。
更に田代からトキワの夫の話を聞いた。
トキワの夫も獣医師で南米に行った際にに乗った飛行機が消息を絶ったという。
そんな夫の帰りをまだ待っているのだろうか?と田代は聞いた。
達也は初耳だったのでそのことは分からないと言うしかなかった。


「ナルタウン動物病院」で骨肉腫治療の犬ジュリ
ジュリはとも辛そうになってきている。
骨肉腫の治療は人間と同じように動物も辛そうだ。
主治医の田代(村上淳)はそろそろ他の部位への転移がでるかもしれないことと、ジュリが辛そうになってきていることを告げ足を切断する「断脚」を提案した。
しかし、飼い主の頼子(ホーチャンミ)は「足を切るのはかわいそう」だと断脚しないという。
しかし、飼い主の娘香子(喜多乃愛)はあまりに辛そうなジュリの姿に戸惑っていた。
そして、先日症例発表でみた達也の発表を思い出した。
そのとき知り合った獣医大の学生堀川(小瀧望)と共に「坂の上動物病院」を訪れた。

ジュリも病院から連れ出した。
香子は達也に「ジュリを看てください」という。
達也も先日の症例発表でみた「ジュリ」だと分かった。
トキワは一応田代に連絡を入れ、今日のところは「坂の上動物病院」で預かることとなった。

堀川は坂の上動物病院の設備が古く「こんなところで大丈夫かな?」と難色を示した。

そして、達也の診断。
達也も断脚を提案した。
獣医大生の堀川は香子の意見も聞かずに難色を示した。

達也は断脚の必要性を丁寧に説明した。
今のジュリは足が痛くて歩くこともできない。
ジュリの足の痛みは限界だろうと見立てている。
しかし、足を切ることによって痛みの元を取り除けば、足はなくなるがもしかしたら痛みがなくなりまた歩けるようになるかもしれないという。

その説明に香子はジュリの断脚を母親に説明した。
そして、「今の痛みを取り除いてあげたい」と言い。
更に達也の提唱する「在宅ケア」を最期までやってみたいといった。
母親も娘の必死の思いに断脚を許した。

いよいよ、ジュリの手術

手術を待つ香子のもとに堀川も駆けつけた。
そして、ジュリの手術は無事に終わった。


そして、ジュリの在宅ケアが始まった。
まだ、歩くことはできないが以前より元気になったジュリ
そこで訪れた大きな家で「本田さん」という人と会った。
本田さんは達也の父の運転手
達也の母は神楽坂の芸者だった。
そして、父はこの豪邸の主
達也と父は血の繋がりはあるが一緒には暮らせなかった。


そして、ジュリは歩行器を使って散歩が出来るようになった。

しかし、数ヶ月後
ジュリの寿命が尽きようとしていた。

そんな時、達也(相葉雅紀)は「虹の橋」の話をする。

亡くなった動物たちは虹の橋のたもとで痛みや辛いことから解放され幸せに暮らす。
でも動物たちが気がかりなのは飼い主のこと。
そして、いつしか飼い主と出会い、一緒に虹の橋を渡る...
これは別れじゃない、いつか必ずまた会えるから、と話した。

ジュリは穏やかに幸せそうな顔をして生きをひきとった。

『僕とシッポと神楽坂』見逃し2話の感想

今回もいい話でした。
確かに達也の考えはとても共感できます。
言葉を話せない動物たちだからこその接し方や治療の方法があるのでしょう。
今回は骨肉腫の治療でつらそうだった犬を救いました。
それは飼い主にとっても辛い選択でしたが結果的に「良い選択」となりました。

それから達也の周りの女性陣(トキワとすず芽)の争いも面白くなってきました。

見逃し配信は以下の記事もあります。

www.mori-drama.xyz