森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【黄昏流星群】見逃し6話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20181011215931j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

【黄昏流星群】見逃し6話のあらすじと感想

【AD】「黄昏流星群」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年11月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

【黄昏流星群】見逃し6話のあらすじ

「黄昏流星群」11月15日(木)放送の第6話です。

父も娘も不倫の関係を持っていた。
父は娘のことを咎めるが娘もそんな父の言葉を聞くはずもなく....

父、完治(佐々木蔵之介)は母の葬儀を終えた目黒栞(黒木瞳)の家に
「今日は同期と一緒で帰れない」と真璃子(中山美穂)に電話をかける。
完治と栞は一晩を共にした。

栞は完治のために朝食を作った。

朝食を終え、一足先に栞の家を出る完治
朝日を見ながら何か人生の輝きのようなものを感じた。

出勤する前にいったん帰宅するが、妻は素っ気ない。
そして妻、真璃子は同級生の聡美(八木亜希子)に「浮気確定かー」と言われ「そうなのよ」と夫の浮気を確信したと落ち込む。
それでも「問いただす気にもならない」と言う。


完治の娘美咲(石川恋)の婚約者春輝(藤井流星)の家に3人であいさつに行くことになった。
休みの日に訪ねるが想像以上の豪邸に完治も驚いて言葉もでない。

春輝は婚約者の美咲よりも母の真璃子のことが気になってしまう。
そんな春輝の母(麻生祐未)はすぐにでも結婚してもらって1日でも早く孫の顔が見たいと言う。
春輝の母、冴は去年ガンが見つかり日に日に体力も落ちてきている。
そんなこともあり焦るが春輝は母の体調を心配する。


完治(佐々木蔵之介)が出社すると課長の川本(礼二)が電話で誰かと揉めていた。
聞けば大口の顧客からの契約解除の申し出があったと言う。

荻野倉庫のピンチ
川本は完治に「銀行から追加の融資をしてもらえないか?」と申し出る。

そして、銀行に出向くが融資は難しいと断られてしまう。
同期の井上は本店の融資部長に昇進していた。
それでも、結局融資を受けることはできなかった。

それでも夜は栞(黒木瞳)と居酒屋に。


家に戻ると娘も美咲(石川恋)が急な出張だという。

週末に結婚式場周りを予定していたが行けなくなる。
真璃子(中山美穂)に春輝と行ってきて欲しいと言う。
美咲は式場には「興味がない」と言う。
そんな美咲の言葉に真璃子にバレないように「本当に出張なのか?」と美咲に聞くが美咲は言葉を濁し部屋に戻ってしまった。

完治(佐々木蔵之介)はそんな娘もことが心配になり、その不倫相手の戸浪(高田純次)を訪ねた。
大学に出向き話があると言うと戸波は自宅に招いた。

完治は遠回しに娘と別れて欲しいと伝えたが戸浪も遠回しに彼女との出会いについて語り、別れるとは約束しなかった。

美咲(石川恋)は出張を前に咳き込んでいる。
それでも出張には行くと言う。

そんな美咲のカバンに「風邪薬」を入れてあげようと部屋に行き、美咲の寝ているとなりのカバンを開けると、そこには「避妊具」があった。
真璃子は驚いたがそのままカバンを閉じた。

翌朝、真璃子はそのことを完治に話す。
今回の出張も本当は出張ではないみたい、というと完治はそのまま行かせたことに声を荒げた。
しかし、真璃子も「美咲も大人、自分なりの考えがあるはず」と言った。
完治もそれ以上は何も言えなかった。


そして出社、完治の元に同期の井上から電話が入る。
先日の融資の件は荻野倉庫の希望は5億だったが、三千万円なら井上の権限で融資ができることになったという。
そのことを完治が川本(礼二)に報告し、その三千万円でできることをしようと言うが川本は「そんな金額じゃなにもできない」と腹を立てている。
それでも、何かしようという完治を突き飛ばす。
完治はトラックの荷台から台車と共に転落した。

完治は救急車で運ばれた。
そのことを聞き驚く栞(黒木瞳)


真璃子(中山美穂)は春輝(藤井流星)と結婚式場を訪ねていた。
春輝は真璃子のことを「真璃子さん」と呼んだ。
真璃子はその呼び方はやめて欲しいと言った。

それでも春輝は「真璃子さんは真璃子さん」と言う。
そして、話の流れで美咲のことに。
美咲が他に好きな人がいることは春輝も知っているという。

そのことは美咲から告白されたと言う。
そんな美咲と比べ自分も同じようなものだと春輝は言った。

春輝も母のガンのこともあり、はやく結婚して母を安心させたいという気持ちで結婚を決めたという。
この結婚にお互い納得している、と言った。

そして、自分も美咲の他に好きな人がいると言い、それは真璃子のことだと言った。
真璃子は困惑した。
春輝も「世間から見たらおかしな事だとわかっている」というがそれでも真璃子が辛いときの受け皿になりたいと言った。


そんな真璃子のもとに完治が救急車で運ばれたと連絡が入る。
真璃子は春輝と共に病院に駆けつけた。
幸い完治のケガは足の骨に少しヒビが入った程度だという。

真璃子は安心して、喜んだ。


そして、夕方
栞も病院を訪れたが「家族」ではないため面会ができなそう。
そこに、美咲が現れる。
美咲は栞の顔を見て、父の不倫相手だと気がついた。

栞も完治の娘だとわかりどこか気まずそう。

結局、栞は病室には行けなかった。
そして、美咲が病室に
出張だと言ったがやはり戸浪と一緒だったと告白した。
完治は美咲に戸浪とは別れるように言う。
美咲もそのことを了承した。
しかし、「お父さんもあの人と別れて」と要求した。

【黄昏流星群】見逃し6話の感想

まあ、そうなりますよね(笑
いくら年のことがあっても娘だけ好きな人と一緒にいられないのは不公平であります。

真璃子も真璃子で色々やっかいな感じになってきてしまいました。
春輝が真璃子を好きになるタイミングってそんなにあったかなと思ったりもしますが...

それぞれ3組の不倫チームでそれぞれに言い分があるのでしょうが、まあどれも「世間的には....」という言い方をしてしまえば逸脱していますけど、好きな人と一緒にいたいのは別に悪いことではないですからね、難しいところです。

完治も頭ごなしに「ダメ」と言わずに少し寄り添ってあげられたらいいのに、と思ってしまいます。

それから、荻野倉庫の方でも大変な完治は次週、なにか倉庫の建て直しをする模様。
そんな完治と栞の距離も近づき、会社でも親密な感じになってくるとそれはそれで危ない感じも...

次週からは怒濤のラストスパートでしょうー

【AD】「黄昏流星群」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年11月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。