森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ドロ刑】見逃し9話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20181013191250j:plain
出典:日テレ公式サイトより

【ドロ刑】見逃し9話のあらすじと感想

「ドロ刑」の見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2018年12月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【ドロ刑】見逃し9話のあらすじ

2018年12月8日22時から放送の「ドロ刑」第9話です。
「俺を捕まえてみろ」
「遊びはもう終わりなんだよ」そういって斑目(中島健人)の前から姿を消した煙鴉(遠藤憲一)

斑目のIDカードを偽造し13係に忍び込んだ。
そして、13係に200枚の1万円札をまいて宣戦布告をした。

皇子山(中村倫也)はその煙鴉に恨みを持っている。
5年前、自殺した妹を殺したのが煙鴉だと思っている。

煙鴉と斑目のことが13係で話題になる。
本来なら斑目が何か煙鴉に警察の内部情報を漏らしたのではないかと懲戒免職を免れない状況。
それでも13係の面々は斑目を信じた。
係長の鯨岡(稲森いずみ)もまだそのことを上に報告していない。

そんなとき、煙鴉は斑目に接触してくる。
そして、「利用しただけ」だと言い、斑目に拳銃を向け発砲した。

13係では煙鴉が残した「七波隆」という名前を書いたメモを調べる。
その名前の男は大企業の顧問。
しかし、どうして次のターゲットを予告しているのかは分からない。


13係の係長鯨岡は煙鴉の捜査状況を警視総監の真鍋に報告した。
真鍋は何としても逮捕、確保の際の生き死には問わないと指示した。


そして、七波の周囲の捜査が始まる。
そして、煙鴉がとあるシンポジウムに参加するという情報を得た13係は見張りに
その中に、変装した煙鴉の姿もあった。
煙鴉は30人以上の仲間を連れてて七波のポケットから大切な手帳を盗み出した。


斑目(中島健人)がいつものバーに行くと煙鴉(遠藤憲一)が書いたと思われるコースターのメモがをマスターに渡された。
そこには「阿川義一」という名前と「黄色い丸いマーク」が書かれていた。

そして、13係の面々は阿川と阿川の仕事場を見張る。

斑目たちが阿川の仕事場につくと、電源が落ち、暗闇になった。
それは煙鴉がビルの電源を切ったため、そして煙鴉はその暗闇を利用して盗みにはいった。
煙鴉が盗んだのは阿川の「業務日誌」

鯨岡が帰宅しようと車に乗り込むと、後部座席に煙鴉の姿があった。
鯨岡は「お久しぶり」とあいさつをする。
実は煙鴉と鯨岡は旧知の仲らしい。
そして、鯨岡は素直に捕まったほうが良いとアドバイスをした。
さらに「勝てると思う?あなたやっていることはムダよ」と何か意味ありげな言葉
それでも煙鴉は「今やっていることをやめる」気配はない。
そんな煙鴉に「死ぬわよ、北岡さん」と声をかけた。


独自の操作で妹の死を追っていた皇子山(中村倫也)もその死が誰か手によるものだと確信した。
公式な証拠から抹消されていたが妹のつめの間に皮膚片があったという。
そして、その皮膚片が「煙鴉」のものだと確信した。

【ドロ刑】見逃し9話の感想

今回は斑目、あまり活躍しませんでした。
それでもいくつかの進展が。 煙鴉と13係の係長鯨岡は旧知の仲。
そして、煙鴉の目的はなんでしょうか..

「ドロ刑」の見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2018年12月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

[