森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【僕らは奇跡でできている】最終回(見逃し10話)あらすじと感想「さよなら相河先生!最後のビックリ決断!?」

f:id:aeron501:20181009210329j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

【僕らは奇跡でできている】最終回(見逃し10話)あらすじと感想「さよなら相河先生!最後のビックリ決断!?」

【AD】「僕らは奇跡でできている」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
登録後に別途ポイント購入が必要となります。

本記事の配信情報は2018年12月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

【僕らは奇跡でできている】最終回(見逃し10話)のあらすじ「さよなら相河先生!最後のビックリ決断!?」

2018年12月11日「僕らは奇跡でできている」最終回のあらすじです。

樫野木(要潤)に厳しい言葉を投げかけられ大学を休んだ相河一輝(高橋一生)
急な休講となり残念がる学生達だったが、尾崎(北香那)が中心となり、学生達は自主的に課題の発表会を行う。
そんな尾崎に同級生の須田(広田亮平)はうらやましそうに「変われていいな」と言った。

一輝の休みに同僚の沼袋も心配そうだ。
無言で家を訪ね、山田さんにキュウリを届けた。

一輝は山の祖父のもとを訪ねた。
「大学を休んだ、光を大きくしたらつらくなった....」と告白したが祖父はいつもどおり「よかったな」と声をかけた。
その言葉を胸に、山に向かう一輝。
そして、色々なことを思い返していた。
一輝は山で思いを馳せ、「つらい気持ちだって、光だから....」とこれからも僕の中の光を広げていくと、ある決断をした。

翌日、大学に出勤した一輝は沼袋にお礼を言った。

そして、鮫島(小林薫)が出勤すると「僕、ここを辞めます」と言った。

一輝は授業を終え、生徒達に「来年、ゼミを持つ予定はありますか?」と聞かれ「持ちません」と答える。
それに続けて「今年度で大学を辞めます」と宣言した。
ただ、その理由については「内緒です」と教えなかった。

学生達はとても残念がる。
そんななか青山琴音(矢作穂香)は仲間を連れて水本歯科を訪れた。
そして、育実(榮倉奈々)から大学を辞めないように話してもらえないかと頭を下げた。


一輝がやめると鮫島に聞いた樫野木は「俺に言われたから?」と声をかける。
一輝はその問に答えなかったが樫野木のことが好きだったと話し、リスの橋を作ったときとても楽しかったと言った。
そして、今度学生達とのフィールドワークに一緒にいかないかと樫野木を誘った。


一輝(高橋一生)は水本歯科を訪れる。
そして、以前抜いた歯のことで相談した。
インプラントでお願いしたいと告げるがその説明を受け、30万円から、という金額に驚き、今日のところは帰るという。
育実は一輝に「大学を辞めるんですか?」と聞いた。
学生達が残念がっている伝えると「知りたいですか?」と一輝が聞く。
まだ鮫島先生にしか言っていないと前置きをして育実に辞める理由をそっと教えた。
育実はあっけにとられ驚いた。
そんな育実を見て、「やっぱり水本先生はおもしろいです」と笑いながら一輝は帰っていった。


大学では鮫島(小林薫)の授業で一輝(高橋一生)の退職について質問がでる。
鮫島は一輝の退職の話をしながら「相河先生みたいになりたいけれどやりたいことが見つからない」という生徒にたくさんのアドバイスをした。
樫野木の言葉も引き合いにだしたくさんのアドバイスをした。

水本歯科では育実が思い悩んでいた。
インプラントをもっと多くの人に知って欲しいと。
その言葉を聞き、丹沢(トリンドル玲奈)は「苦手なことは人に任せれば良いんですよ」と言った。
そして、育実のやりたいことを実現するために丹沢たちはたくさんの意見を提案した。
育実も「できるような気がしてきた」と喜んだ。


学生達とのフィールドワーク
一輝(高橋一生)は樫野木(要潤)を待ったが来なかった。
残念そうに出発した一輝達だったが、樫野木は先に集合場所に来ていた。

樫野木は生活のためにフィールドワークを辞めたが自分のことを少し後悔していた。
いつも自分の選択をまわりのせいにして無難な道を進んできたこと。
そして、離婚してきたことを一輝に話した。

そんな樫野木は妻と離婚したが、思いを断ち切れずに持っていた指輪をこの山に埋める、と言いだした。
一輝は「奥さん帰ってきたらどうするんですか?」と言い、自分が持っていたカプセルに入れて埋めようと提案した。

そんなフィールドワークの帰り、生徒達は大学を辞めるという一輝に理由をちゃんと説明して欲しいと言った。

一輝は「宇宙に行きます」と笑顔で言った。
「宇宙に行きたい」ではなく「宇宙に行きます」と言い切る一輝に生徒達も感心していた。

宇宙に行きたいという一輝に鮫島は大学に残って費用を貯めたらいいと提案した。
一輝もそのアイデアに喜んだ。


一輝が水本歯科に行くと、育実が自信の歯科医でもインプラント治療を始めると言った。
今まではやらない理由を探していたが自分のやりたいことをやっていきたいと嬉しそうに言った。

そして、一輝は宇宙に行ったときにお願いしたいことがあるという。
そして、山田さん(戸田恵子)が本当のお母さんだと告白した。


樫野木は自身のからを破ったようにおもしろい授業をするようになり、生徒達の評判も上々。
新庄(西畑大吾)は沼袋(児嶋一哉)の影響もあり、Youtubeでコンニャクの良さを伝えるチャンネルを開設した。
虹一はテストの点は少し悪いが、それでも画はうまく、そんな個性を母はとてもよく褒めてくれるようになった。

育実も自信の歯科医を自分色で経営し、日々たのしく過ごしていた。

一輝は本当に宇宙に行った。

【僕らは奇跡でできている】最終回(見逃し10話)の感想「さよなら相河先生!最後のビックリ決断!?」

やっぱりおもしろかったです。 ただ、最後に一輝が本当に宇宙に行っちゃう姿が....
やや、オチとしては笑いに落としすぎですかね(笑

ただ、それぞれの生き方や自分の見つめかたなど、とても素敵なドラマでした。
育実とはもう少し親密になるのかと思いましたが、そこは少し心残りですが物語としてはいいですね。

【AD】「僕らは奇跡でできている」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
登録後に別途ポイント購入が必要となります。

本記事の配信情報は2018年12月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。