森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

『SUITSスーツ』最終回(見逃し11話)あらすじと感想

f:id:aeron501:20181002232216j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

『SUITSスーツ』最終回(見逃し11話)あらすじと感想

【AD】「SUITSスーツ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年12月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「SUITSスーツ」最終回(見逃し10話)あらすじ

甲斐(織田裕二)は刑務所に出向きある男に面介する。
男は栗林(淵上泰史)と言う男、甲斐に恨みを持っている。
13年前の女子校生殺人事件
その重要な証拠が隠されていたためにその男を有罪にしてしまった、えん罪だったと反省の言葉を口にした。
あと2年で刑務所を出られると言う男に「再審請求だ」と言った。

甲斐はその足で大輔(中島裕翔)の元を訪ね、あとひとつの事件だけ手伝って欲しいと言った。
そして、その裁判で負ければ自分も身を引くつもりだと言った。
そんな俺の姿を見たくないか?と更に手伝いを頼んだ。


事件は13年前、女子高生の殺人事件
その逮捕された栗林はその殺害された女子高生とは交際関係だったが、各方面からの働きかけもあり、その彼女から栗林に当てられたラブレターや殺害時に来ていたキャミソールについていた血痕のDNAが栗林のものではなかったことなどは伏せられた。
その結果、裁判官だった甲斐は栗林を有罪にしてしまったのだ。

そして、その女子高生の当日の足取りとして、殺される直前まで一緒にいた男子生徒ふたりの名前が上がった。
そのふたりは裕福な家庭の育ちで、今思えば犯人に近いし、甲斐はこのふたり、もしくはどちらの犯行ではないかと思っているという。
そのふたりは高校時代に違法薬物を売っていたという噂があった。
その線で遊星(磯村勇斗)に当たってくれないかと甲斐は大輔に指示した。


そして、甲斐の元に検察の澤田(市川海老蔵)が現れる。
そして、これ以上動くと検察が本気で甲斐のことを潰すと忠告した。
前回、柳(國村隼)の失脚のキッカケになったのは玉井(中村アン)が持っていた証拠の音声データ
そして、そのデータを使って柳を失脚させたのは幸村(鈴木保奈美)
そのことを甲斐は知らなかった。
甲斐は玉井の行動をやり過ぎだと解雇を命じた。
しかし、そのことは甲斐のことを思ってしたこと、幸村も玉井も気持ちは同じ、甲斐の解雇にストップをかけた。


再審請求に検察が回してきた検事は「こらがデビュー戦」という女性検事藤島(上白石萌音)
甲斐はそんな人間をこの再審請求に当ててきた検察に憤りを感じていた。
その思いは幸村も同じだった。

えん罪としての再審請求をするという噂を聞いた顧問契約を解除したいという申し出が来ているという。
あの甲斐が犯人だと睨んでいる同級生は大手ゼネコンの御曹司で政財界への力も強い。


結局、甲斐が持ち込んだ証拠では不十分だと言う。
あのふたりへのDNA鑑定も拒否されたために証拠としては認められないという。
更に、栗林は再審を望んでいないという。

その話に栗林を訪ねると残り2年の刑期だがこのまま大人しくしていれば模範囚として、半年後には出所できるという。


再審請求を取り下げようとしている栗林に大輔はひとりで会いに行った。
そして、自分がこれまでどんなことをしてきて甲斐に救われた話をする。
そして、「あの人なら絶対に助けてくれる」と話をする。
栗林は再審請求を維持することの大輔に約束した。


甲斐(織田裕二)と大輔(中島裕翔)はあのふたりの男に会いにいく。
ふたりに話をして、13年前の事件直後に「アリバイ作り」を頼まれた男がいると告げた。
多少は動揺したが、それでも曽我部という男は話しにならないと怒って帰っていた。
そのふたりが帰った後に、ふたりが飲んでいたビールの瓶を持ち、「欲しいものは手に入った」と甲斐は大輔に嬉しそうに言った。

甲斐(織田裕二)はその証拠のDNA鑑定を試みようとする。
DNA鑑定の結果は被害者のキャミソールについていた血痕と曽我部のDNAが一致となった。
その証拠を持って、検事(上白石萌音)に会いにいく。


しかし、今になって警察がそのキャミソールは本当に被害者のものか分からないと言い出したという。
証拠能力が認められない以上、再審請求は受けられないと藤島も言う。

そんな藤島の態度に甲斐もイラつき「また、警察が証拠を隠蔽しようとしている」と声を荒げた。
しかし、藤島もこの件は自分のせいではないと反論した。
そして、今回各方面からの圧力がスゴイと憤りをぶつけた。


甲斐と大輔は栗林の元を訪れる。
しかし、現状は思わしくない。
栗林はふたりに声を荒げる。
「アンタを信じたのが間違いだった」と怒りだした。

この状況に甲斐も困った。


大輔は幸村のもとを訪れ、容疑者の自白を獲るという。
しかし、その行為自体は違法行為
もし、問題になったら自分がすべて勝手にやったことにして欲しいと言った。
「甲斐先生を守ってください」と幸村に頼んだ。


そして、あの二人組のウチのひとりに強盗に扮した遊星(磯村勇斗)が押し入る。
そして、「曽我部に口封じを頼まれた」と乱暴する。
男は「曽我部が殺したことは絶対に言わない」と声を震わせながら言った。
その言葉に部屋のライトが明るくなり、刑事(阿南健治)が現れる。
「曽我部が殺したのか?」と聞く。
刑事は男を逮捕した。
刑事は「自首してきた」と男を連行した。

甲斐と大輔は勝利を確信した。

甲斐(織田裕二)はバーで柳(國村隼)に会う。

柳は「有罪率99.9%を覆すわけだ」と言う。
柳は元々理想を掲げ、この法曹界を変えられるのは自分しかいないと行動してきたという。
そんな柳に甲斐は「うちのファームに来ませんか?」と誘う。


結局、再審請求は認められ。
更に、真犯人の自白も証拠となり事件は解決。
栗林はえん罪が認められ釈放となった。

再審を前に甲斐は澤田と会う。
澤田もまさか裁判までも持ち込むなんて....と驚いた様子だった。
それでも実はこのえん罪の裏で澤田もえん罪を知りながら今日までやってきたのではないかと甲斐は思った。
別れ際、澤田は甲斐に一礼して去って行った。


この一件を終え、大輔は事務所を辞めることとなっていた。
しかし、甲斐は大輔が辞めるという前日、幸村の目を盗み夜を撤して、事務所の仲間全員の手を借り、事務所の不正を洗い出した。
そして翌朝、その資料を元に幸村に交渉する甲斐
結果、大輔の籍は事務所に残すこととなった。

「最後の日」の出社を甲斐が出迎えた。
そして、弁護士バッジを渡した。

「SUITSスーツ」最終回(見逃し10話)感想

最後の展開がちょっと分からなかったのですが(笑
大輔は事務所に残れることになった模様
そして、甲斐から何やらチケットと小切手を渡され2年間ボストンで一生分遊んでこいと言われ.....

2年で何があるのかはわかりませんが
・大輔の弁護士資格に関する時間なのか...
・ただのバカンスなのか....

弁護士資格はないはずなので.....謎です。

そして、物語全体としてはとてもおもしろかったです。
放送前は原作とのギャップに前評判もあまり良くなかったのですが、だんだん織田裕二さんのかっこよさが楽しみになりましたよね
このドラマははUSA版も人気なので日本でも複数シーズンやってほしいですね。

【AD】「SUITSスーツ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2018年12月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。