森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【トレース】見逃し2話のあらすじと感想「科捜研が挑む転落死の真相」

f:id:aeron501:20190107223928p:plain
画像はフジテレビ公式サイトより引用出典

【トレース】見逃し2話のあらすじと感想

【AD】「トレース 科捜研の男」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「トレース」見逃し2話のあらすじ

とあるパーティー会場で主役の医師真田(名高達男)が転落死した。
その現場から逃げる男を真田の娘有里(関めぐみ)が目撃していた。
現場には大量の血痕が残されていた。
犯人は手に傷を負っており、真田と何らか争った際に自身の持っていた凶器の刃物で傷を負った様子。
その血痕のDNAが容疑者のものであればこの事件は終わりだと、虎丸(船越英一郎)は楽観したが結局その容疑者はDNA鑑定が一致せず釈放となった。
その結果、誤認逮捕だと世間は大騒ぎになってしまった。
虎丸もその誤認逮捕により1週間以内に真犯人を逮捕できなければ窓際行きだと上司に宣告された。

それでも虎丸はその容疑者が真犯人だと疑わない。
そして、殺された真田の自宅を検証することに。
何か証拠がないかと捜索していたのだがその途中で沢口(新木優子)が軽い貧血で倒れてしまう。

沢口は真田の娘有里の病院に搬送された。
そして有里に犯人を捕まえて欲しいとこと訴えた。
その言葉に同席した真野(錦戸亮)は気になることがあると言った。
それは真田(名高達男)が転落した場所の検証では転落前に犯人と何らかの会話を交わしたような痕跡があると言った。
もしかしたら、誰かに恨みをかっていたのではないか、と真野(錦戸亮)は有里(関めぐみ)に聞いた。
有里は少しだけ戸惑った様子の顔をしたが、「そんなはずはない」とその言葉を否定した。


ある日、真野(錦戸亮)は沢口(新木優子)を連れ出す。
真田(名高達男)の転落死した現場に出向いた。
真野は今回の現場は気になることが多いようだ。
そして、その現場から新たな証拠を見つけた。
その証拠はビルの階下の花壇の中に落ちていた小さな折鶴
その鶴には血痕が付着しており、更にあの容疑者の指紋も検出された。


沢口は真田の通夜に出向いた。
そこで有里の前に現れたひとりの女性。
女性は父が殺された理由を有里に話したいと言った。
しかし、真田が殺されたことについて話が聞きたいとマスコミが押しかけ有里とその女性は結局話をすることができなかった。

周囲が落ち着いた後、沢口は有里に話を聞いた。
しかし、有里はその女性に全く覚えがないという。
その代わりに、父の遺品を整理していて「血で真っ赤になった折鶴」を見つけたと言った。
現場で見つかった「折鶴」のことはまだ有里には言っていない。
沢口は驚いた。

現場で見つかった折鶴と有里が父の遺品から見つけた折鶴の血痕は同じものだった。

その折鶴が意味するものの謎は溶けないが、真野はその折られた紙を調べる。
そこには2枚合わせると「中原」という名前が記されていた。
その名前が誰なのか?

そして、その折鶴には最初の容疑者宮永(篠原篤)の指紋があった。
謎が深まる。

そんな中、被害者の衣服に付いていた血痕のDNAの持ち主が連行される。
しかし、その被疑者の体には傷がなく、どうしてその血が被害者についたのかは謎。
そのことで真野は何かをひらめく。

最初の容疑者、宮永(篠原篤)は過去に骨髄移植を受けており、体内に2種類のDNAが存在していたのだ。
その骨髄移植は15年間に真田(名高達男)が行っていた。
その時、病院近くで事故に巻き込まれた女子高生が運び込まれたが死亡していた。
その女子高生の名前は「中原」
そして、当時宮永(篠原篤)と交際していたようだ。


虎丸はやはり容疑者として宮永(篠原篤)のことを再捜索した。
宮永(篠原篤)の部屋に忍び込み、宮永(篠原篤)が有里のことも狙っているのではないかと突き止めた。
しかも宮永(篠原篤)の部屋にあったカレンダーを見ると、今夜宮永(篠原篤)が有里のことを襲うかも知れない。

その連絡を聞き、真野(錦戸亮)と沢口(新木優子)は病院に急ぐ。

案の定、宮永(篠原篤)が有里の姿を見つけ襲いかかった。
宮永(篠原篤)は「恨むんならオヤジを恨むんだな」と言うと有里の首を絞めた。
程なく我に返った宮永(篠原篤)は有里の首から手を離した。
そこに真野が駆け込む、続いて虎丸たちも駆け込み、宮永(篠原篤)を確保した。


有里は事件の真相を沢口から聞きたいと申し出た。
沢口は真野と共に有里のもとを訪れた。

宮永(篠原篤)は元々、真田の病院に入院していた。
その真田の彼女で宮原という女子高生がある日、事故に巻き込まれ病院に運び込まれた。
当時、心臓が弱く危篤状態だった真田の娘有里
もし次にドナーが現れたら自分の娘が助かるかも知れないと真田は考えた。
宮永(篠原篤)の彼女はドナー登録をしていた。
真田は焦り、その女子高生に筋弛緩剤を投与し、意図的に脳死に追い込んだ。
そして女子高生は死亡
しかし、その心臓は有里に移植され有里は危篤から脱したのだった。

当時のことをなにかおかしいと過ごしていた宮永(篠原篤)だったがその時の看護師の女性に再会し、当時の真相を聞いた。
そして、復讐しようとした。

あのパーティーの日
宮永(篠原篤)は真田に刃物を突きつけた。
真田はその宮永(篠原篤)に謝罪し、あの女子高生が持っていた折鶴を自分もずっと持っていると告白し、そして自らベランダの手すりに上ったという。

あの折鶴は宮永(篠原篤)の彼女が毎日、持ってきていたもの。


その話を聞き、有里は自分はこのまま生きていていいのかと思い悩む。
それでも引き継いだ命を守るのがあなたの役目ですと真野は話した。

「トレース」見逃し2話のネタバレ感想

今回は少し虎丸(船越英一郎)が真野(錦戸亮)に寄ってきた感じです(笑
最終的に真実に近づく、虎丸も半端な刑事ではありませんから実は真野のことを買っているのかも知れません。

そして、真野に接し、確実に大きくなっている沢口の姿も見物ですね。

そして、真野は過去に闇を抱えています。
一家惨殺されてしまった真野礼二
そして、その犯人は兄だとされていますが真野は納得がいっていないようです。
その真相にたどり着くことはできるのでしょうか。

「トレース」2話の感想(その2)

1話が衝撃的な内容だったので今回も楽しみにしていました。


期待通りでした。

途中までは自殺なんじゃないかと思ってましたが、犯人は突き飛ばしてしまったんですね。

先生は自ら飛び降りるつもりだったんじゃないかと思いました。

心臓移植を受けた娘さん、本当の事を知って辛いですね。

はぁ、やっぱり錦戸さんの話し方、声、好きです!

ノンナちゃん、こんな素敵な同僚と仕事できるなんて幸せだよ!!

みんな初めから仕事できるわけないですよね。

失敗もいっぱいするし、怒られるし、私も思い出します。

今回のストーリーも真相にたどり着くまでに二転三転して目が離せなかったです。

骨髄移植まで出てきたら犯人予測が出来ないです。

復讐劇でしたが、娘の命のために恋人を殺された今回の犯人には同情するところもありました。

娘さん、人から無理やり奪った心臓で、生きていていいのかと思ってしまいますね。

「でも、悲しい真実でも知らないより、知っていたい」と言った真野の言葉が響きました。

真野の家族の事件もこれから真実がわかっていくんでしょうか。

次回もますます楽しみです。

【AD】「トレース 科捜研の男」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「トレース 科捜研の男」関連記事一覧

【トレース】見逃し配信(再放送)と最終回(放送回数)情報 - 森ドラマのテレビ感想ログ

【トレース】見逃し1話のあらすじと感想 - 森ドラマのテレビ感想ログ