森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【トレース】見逃し3話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20190107223928p:plain
画像はフジテレビ公式サイトより引用出典

【トレース】見逃し3話のあらすじと感想

【AD】「トレース 科捜研の男」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「トレース」見逃し3話のあらすじ

明け方の雨の公園、8歳の女児が遺体となって発見される。

最近小学校の周囲で不審な人物が目撃されていた。
性的な暴行を加えられている可能性もあるということで科学捜査研究所に着衣の調査が依頼された。
しかし、真野(錦戸亮)たちが調べたがその痕跡はなかった。

科捜研で調査結果を聞く虎丸(船越英一郎)
そこに現れたのは虎丸の先輩でもある鶴見(大地康雄)
鶴見は10年前と20年前にあった殺人事件に状況や手口、被害者の容姿が酷似しているということで今回の事件にも興味をもっている。

その被疑者は連続殺人犯だと鶴見は確信している様子。
その様子に真野(錦戸亮)は何かあきれ顔。

捜査に入っても虎丸は「連続殺人だ」と言うが真野は「まだ証拠は何もない、決めつけるな」と言う。
そして、臨場
そこで鶴見が有力な被疑者として疑っている西内(池内万作)のDNAの付着したタバコの吸い殻が被害者が最後にいたとされる場所で発見された。
その吸い殻を元に西内を連行した。
しかし、西内は「公園には行っていない」と穏やかに否定した。

真野は臨場で見た不自然に1本だけ折れた枝のことを気にしていた。
どうしても気になった真野は沢口(新木優子)と現場に行った。
そこに同じ日、一緒にいたと言う同級生の女の子がいた。
その女の子は「ごめんね」と現場にお菓子を置いていた。
沢口が声をかけるが慌てて立ち去った。

その女の子がどうして「ごめんね」と言っていたのか沢口(新木優子)は気になったが真野(錦戸亮)は別の事実を発見した。
現場から発見されたタバコの吸い殻から不自然に水道水の塩素成分が検出された。
その事実を捜査本部に行き、告げる。
それは鶴見(大地康雄)が証拠をねつ造したということ。
その事実を真野が鶴見に突きつけると鶴見はねつ造の事実を告白した。

その告白に虎丸(船越英一郎)は激怒する。
「責任取る覚悟できてるんでしょう?」と虎丸は鶴見を逮捕した。


鶴見は定年まであと1ヶ月
どうしても西内を逮捕したかったと告白した。

そして、虎丸は科捜研を訪れ代わりに頭を下げた。

それでも鶴見は連続幼女殺害事件について並々ならぬ執念を持っていると説明した。
20年前、最初の少女殺人事件の際に「誰かにつけられている気がする」という少女が当時交番勤務の鶴見の元に来たがちゃんと相手にできずにいたところ帰ってしまい、翌日遺体が発見された。
そのことで鶴見は自責の念に囚われていた、そのために焦ったのだという。
虎丸はその鶴見の執念の手帳を真野に託した。

そして、真野(錦戸亮)は虎丸を従え拘留中の鶴見(大地康雄)に話を聞く。
そして、20年前の女児殺害事件の証拠となる携帯動画の映像を見た。
そこに写っている男は西内のように見えるが決定的な証拠とは言えなかった。
しかし、現在の技術では映像に写っている男が履いているジーパンと同じジーパンかどうかの判定技術が進歩していた。
結果、その映像の男が西内であるということが立証された。

そして、西内は20年前の事件のことを認めた。
しかし、今回おきた女児の殺人事件については容疑を否認した。

その事実に真野は再び証拠の衣類を調べ始める。
そして、ごく微量の血液が被害者の女児の衣類から検出された。
その血液は女性のものだと言う。

その遺品の状況からその血液はその日一緒に遊んでいた女の子のものだった。

女の子に話を聞いた虎丸はその事実を両親に伝えた。
以前より仲の悪い両親に仲直りをしてもらいたかった。
その手段として思いついたのが「自殺のふりをする」ということだった。
もし、自分が自殺を考えているなら、そして遺書に「仲直りしてほしい」と書かれていたらきっと両親は仲直りをするに違いないと思ったという。
そして、練習するから見ていてと友達に言って実行した。
そうしているうちに木の枝が折れ、首に巻いたロープが食い込んでしまった。
友達は必死に助けようとしたが無理だったという。
そして、やっとの思いでロープがほどけたときには息をしていなかったという。
何とかして遺体を隠そうとしたが無理だった。
その後も怖くて事実を誰にも話なかったという。


その話を聞いた両親は涙を流し自分たちのせいだと嗚咽した。

「トレース」見逃し3話の感想

結局、事件の真相は思いがけないところでした。
鶴見(大地康雄)の熱い思いもあったのですが最終的には真野(錦戸亮)が見つけた事実が真相の究明に貢献しました。

沢口(新木優子)はひたむきに事実に向かう真野のことが少しずつ尊敬の目で見るようになってきました。
それでも何か内に秘めたものを持つ真野との距離は縮まりません。

虎丸も最初は真野のことを気に入らない様子でしたがある部分では認めつつあるようです。
真野は過去に家族を惨殺されているようです。
その事実についてももう少しすると明らかにされていくでしょう。
期待です。

【AD】「トレース 科捜研の男」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「トレース」3話の感想(その2)

今回も見ごたえのある内容でした。
切ない幼女の事故と連続幼女殺害事件でした。

ジーンズのしわが指紋と同じような証拠になるなんてすごいですね。
いろいろな鑑定技術が出てきて、真実と一致していく様子は見ていて達成感があります。
想像や可能性を駆使して鑑定していかないと、埋もれてしまう真実もあるんでしょうね。

自殺のふりをして本当に死んでしまったももちゃん、しかも両親の離婚を止めるため、仲直りをさせるために自殺のふりなんて…。
親としてそれを知ったら、切なすぎて正気を取り戻せる気がしないです。

大人には考え付かないようなことですが、子供なりに考えて、思いを伝える方法だったんでしょうね。
ノンナが、亡くなってしまった女の子たちは「どうして親に言わなかったのか?」って言ったとき「聞いてもらえないと思ったからじゃないか…」と言った真野の言葉は切なかったです。
真野自身もそうだったんでしょうか。

大人としては、伝えられない思いに気付いてあげられたらと思いました。
ももちゃんを助けようとしていたお友達も可愛そうでした。
幼い子供にこんなことをさせ、悩ませてしまったのは大人の責任です。

虐待死などのニュースも多ですが、ももちゃんにとっては心の虐待だったのかもしれないと思ってしまいました。
次回もますます楽しみです。