森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

『家売るオンナの逆襲』見逃し3話のあらすじ感想

f:id:aeron501:20190109232404p:plain
画像出典は日本テレビ公式サイトより

『家売るオンナの逆襲』見逃し3話のあらすじ感想

「家売るオンナの逆襲」見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2019年1月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

『家売るオンナの逆襲』見逃し3話のあらすじ

三軒家万智(北川景子)は高校生のころホームレス生活をしたことがある。
謎のフリーランス不動産屋の留守堂(松田翔太)がその事実を知っていたことでテーコー不動産の面々は驚いた。
万智の夫で課長の屋代大(仲村トオル)はその事実に複雑な気持ちになる。

そんな中、テーコー不動産では「売れにくい物件」の現地販売が始まる。
「とにかく入り口が狭い旗竿地」「不祥事を起こした力士が住んでいたいろいろ大きい家」「画家が住んでいた住み辛い家」
それぞれが苦戦すると思われたが、庭野(工藤阿須加)が担当した画家が住んでいたアトリエのある家がゲイの男性に売れた。


そして、木村真奈美(佐藤仁美)という女性がテーコー不動産を訪れる。
夫と娘と3人で住む家を探しているという。


足立(千葉雄大)が担当した女性はマンションを希望。
一緒にいとこの女性と住むという。
いよいよ契約間近という時にそのふたりがレズビアンだということが発覚し、売主に売却を拒否されてしまった。
そのことでそのふたりの女性に合う家を「私が売る」と万智(北川景子)が猛プッシュしてきた。
結果、横取りされそうになり足立は留守堂(松田翔太)を頼ることに。

万智(北川景子)と庭野(工藤阿須加)は木村真奈美(佐藤仁美)の夫のことを調べる。
仕事帰りに木村の夫(池田鉄洋)のことをつける。
木村の夫が帰ったのはとあるアパート
万智は庭野を従えそのアパートを訪れる。
そこで聞いたのは木村の夫は女性として生きたい、という切実な気持ちだった。
それでも男として父親として生きていくことが苦痛で仕方がない。

そんな木村家を「力士が住んでいた家」に招く。
そこにはテーコー不動産の面々が女性の姿で現れる。
その演出に妻の真奈美(佐藤仁美)は激怒する。
しかし、そのことで夫婦がお互いに気を使い合い、理解し合っていることを万智(北川景子)が指摘する。
それでも夫は中学生の娘のことを考えると複雑な気持ちだと打ち明ける。
そんな会話を娘は聞いていた。
そして、心は女子の父親に特に違和感はないと正直な気持ちを伝える。

今回の物件は、夫の着物の収納が充実している。
外資系の企業に勤める妻の来客時に喜ばれる和風な作りで夫婦も納得した。
そして、その家は売れた。


最後に1件残った家。
そこはあの女性カップルに売れた。
契約を取ったのは足立(千葉雄大)だが実際にふたりの心に響く言葉を残したのは留守堂(松田翔太)だった。

『家売るオンナの逆襲』見逃し3話の感想

今回はLGBTに関するテーマでした。
最近はその生き方の多様性が認められつつありますがそれでも「家を買う」となるとさまざまな苦労があるようです。
そんな物語の中で留守堂に惹かれている足立の姿もありました。

で、留守堂が万智のことに詳しいので足立が聞くと留守堂は自分のことを「三軒家万智の研究家」だという告白があった。
次回以降どんな展開になっていくのでしょうか。