森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【トレース】見逃し5話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20190107223928p:plain
画像はフジテレビ公式サイトより引用出典

【トレース】見逃し5話のあらすじと感想

【AD】「トレース 科捜研の男」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「トレース」見逃し5話のあらすじ

18年前
公衆電話が鳴る。
慌てて受話器を取る男性。
そこに金を置いていけという指示
娘を誘拐された様子。
娘は2km先のコテージにいるという。
男島本彰と妻彩花(矢田亜希子)がコテージに入るがそこに娘はいなかった。
代わりにいたのは腹部を刺され死亡している男性だった。


そして、現在
山林で殺された女性海東奈津美(滝沢沙織)が発見される。
その付近から見つかった毛髪
虎丸(船越英一郎)は犯人のものい違いないという。
その毛髪を沢口(新木優子)がDNAを調べるとそれは18年前に誘拐された乳児島本優のものだった。


真野(錦戸亮)は被害者の海東(滝沢沙織)の着衣を調べているとポケットの中に泥が入っていた。
その状況に不自然さを感じた真野は沢口を連れ遺体が発見された山に入る。
案の定、山には掘り返されたような痕跡があった。
真野はその泥を持ち帰り調べることにする。


そして、海東奈津美(滝沢沙織)の自宅を調べると包丁が出てきた。
その包丁を調べると18年前の誘拐事件の時に殺された犯人の刺し傷と一致。
あの誘拐犯を殺したのは海東奈津美か?

海東奈津美はその誘拐犯と交際していたが、妊娠し中絶を強要され、そして捨てられていた。
それがちょうど18年前の事件の頃

虎丸たちの見立てでは、あの時の身代金3000万円は海東奈津美が持っていたのではないかと言う。

そして、今回は島本優が何らなの事実を知り、海東奈津美を殺したのかもしれない。
18年前の被害者が今回の容疑者には違いない。


そんなとき、島本優(山本舞香)が見つかった。
しかも、海東奈津美を殺したことを認めているという。
島本優は誘拐された後、1歳で施設に捨てられたという。

その恨みを晴らために殺したのだという。

そして、優(山本舞香)と母親の彩花(矢田亜希子)と父彰(山中聡)の親子関係を調べるためにDNA鑑定が行われた。
その結果、母親とは親子と求められたが父親との親子関係は認められなかった....


そして、あまりにキレイに解決に向かう事件に真野(錦戸亮)は違和感を覚える。
現場から採取された毛髪はその状況から「意図的に置かれたもの」という疑念がある。

まだ、なにかあると真野は気を緩めない。


更に調べを進めると優が預けられた施設の施設長(安藤玉恵)も何か事情を隠しているようにも....

そして、真野は更なる「真実のカケラ」を見つけるために優の部屋に臨場。


虎丸(船越英一郎)は施設長を取り調べる。
そこで18年前の真実を聞く。
施設長(安藤玉恵)と奈津美(滝沢沙織)は中学からの縁
奈津美は誘拐事件を起こした男に優を預けられた。
以前中絶をしていた奈津美は男に恨みを持っていたがそのことをなじられ思いあまって近くにあった包丁で刺してしまった。

そして、身代金をもって逃げた。
困った奈津美は知り合いの施設長の元を訪ね、預かってくれるように言った。 しかし、誘拐された子の面倒を見るのはリスクが高すぎる。
はじめは断ったがそれでも奈津美が3000万円を持っていることで金を受け取り面倒を見ることになった。
当時、施設は資金難だったがその奈津美の金のおかげで安泰となった。

しかし、再び奈津美(滝沢沙織)が現れ、金銭を要求した。
その話を優に聞かれ事実を知られてしまったという。
しかし、施設長は奈津美を殺してはいない、と言う。


その状況で島本優の両親に説明する。
その中で優の母親彩花(矢田亜希子)が「犯人(神崎)に娘を預けたのは自分」だと告白した。
神崎と彩花は学生時代に交際していた。
彩花の結婚後に姿を現した神崎は学生時代のことを夫にばらすと彩花を脅し、体を求めた。
結果、優が生まれたが、それが自分との子だと神崎は知ってしまい、結果金銭を要求するようになった。

神崎が要求したのは3000万円
そして、誘拐に見せかけ3000万円を渡し、優を返してもらうはずだった....
しかし、行ってみると神崎が殺され、優はいなかった...


優は事実を知り、そして施設長が殺してしまった奈津美を山中に埋めた。
そして、自分のルーツを探ると街頭で今なおビラ配りをしている彩花(矢田亜希子)たちに行き着いた。
しかし、彩花にはもう一人、娘がいた。
今、事実を明らかにすると彩花たちの家族が壊れてしまう、そのことで優はすべてを自分が被る決意をした。

そして、山中に埋めた遺体を掘り返し、自らの痕跡を残し、そして出頭した。


その話を聞き、謝る彩花(矢田亜希子)に夫はすべてを許し、18年間辛い思いをしてきた妻を優しく抱きかかえた。

そして、優がすべてを自供し、施設長が逮捕された。
そして、留置所ではあるが優と両親が再会した。
優は照れくさそうに「優って名前で良かった」と言った。

「トレース」見逃し5話の感想

今回も複雑でした!
虎丸(船越英一郎)がかなり静かなキャラクターになってきました(笑
そして、真野も少しずつ人らしさが出てきました。

今回出演の山本舞香さんもいい感じでしたね、二階堂ふみさんと見分けががが...

そして、後半に続きますが、真野(錦戸亮)の過去について少しずつ明らかになってきます。
5話のラストでは「非通知」の着信、そして「君のお兄さんのことで大事な話がある」と連絡が入ります。

後半ではそんの辺りの真相が明らかになっていくのでしょう。

【AD】「トレース 科捜研の男」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

「トレース」5話感想(その2)

子供の誘拐事件のはずが始まってすぐに犯人と思われる遺体が…。
トレースの遺体はけっこうリアルだと思います。
ドキッとします。

矢田亜希子の態度がおかしいと思ってたら夫が父親ではなかったんですね。
ここまでの隠し事となるとムリですよね。

夫に相談すればよかったのに…。

過去のことは変えられない、でも過去を否定して今をも否定してくるような相手だったら結婚なんかしないほうがいいです。
今回も切ない内容でした。

話が二転三転するので目が離せないです。
神崎はわっるい男ですよ!
そりゃ、殺されるほど恨まれますよ!!

それに比べて夫さんはステキすぎます。

最後の真野に非通知でかかってきた電話は誰でしょう?
自殺した真野の兄のことが次回出てくるようなので新たな展開が楽しみです。