森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【イノセンス 冤罪弁護士】見逃し4話あらすじと感想「海底の砂だけが知る孤独なOLの嫉妬と殺意!」

f:id:aeron501:20190119231457p:plain
画像は日テレ公式サイトより引用出典

【イノセンス 冤罪弁護士】見逃し4話あらすじと感想「海底の砂だけが知る孤独なOLの嫉妬と殺意!」

「イノセンス 冤罪弁護士」見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2019年2月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【イノセンス 冤罪弁護士】見逃し4話あらすじ「海底の砂だけが知る孤独なOLの嫉妬と殺意!」

留置所で、ある女性(ともさかりえ)と面会し「僕があなたを助けます」と宣言する弁護士の登別(正名僕造)
登別は普段は企業法務専門の弁護士
登別が勝手に受けてきた刑事事件
その弁護は所長の別府(杉本哲太)は憤慨するが実際に登別では太刀打ちできないと刑事部門黒川(坂口健太郎)と和倉(川口春奈)に弁護の仕事が回ってきた。
小笠原は同僚を殺したという容疑がかけられている。


そして、黒川は小笠原奈美(ともさかりえ)に会いに言った。
黒川は小笠原に2つの質問をした。

「何かうそをついていませんか?」「本当に殺していませんか?」と聞いた。
小笠原は「うそはついていない」「本当に殺していない」とハッキリ言った。

黒川(坂口健太郎)は小笠原の職場に行きヒアリングをした。
そして、殺人事件の現場となった離島にも向かった。
残念ながら今回はあまり収穫は得られなかった。


その帰り、黒川(坂口健太郎)は実家に帰る。
黒川の父は最高検察庁の次長検事
実家では最初は穏やかだったが、途中から父と黒川の裁判に対する意見の相違から口論となってしまった。
帰り道、黒川は「仲が悪いわけではない」としながらもそれでも「意見が合わない」と和倉に言った。


そして、裁判
証人として会社の上司鶴見(村上新悟)が現れる。
鶴見は小笠原(ともさかりえ)と昔交際していたという。
そして、別れた後もつきまとわれ、嫌がらせを受けていたという。
ある日、堪らず殺された女性姫島理沙(入山法子)のような女性の方が良かったと言ったことがあった。
それ以来、ストーカー行為はなくなったという。
ただ、それは小笠原の気持ちが姫島への憎しみに変わったのかもしれないと鶴見は言った。

公判後、黒川と和倉は小笠原の元を訪ねた。
そして、どうして大切なことを隠していたのかと聞いた。
小笠原は「言えば私が殺したと思われる」と言った。

小笠原(ともさかりえ)は確かに妬んでいたことは認めた。
さらに裁判では負けると覚悟したという。
しかし、殺したとは一言も言っていない。
黒川はそのことを聞くと確かに殺していないと言った。

そして、ふたりで旅行に行ったときのことを正直に話して欲しいと言う黒川に小笠原は話を始めた。
元々、職場を辞めようと思っていた小笠原は最後に姫島と旅行をした。
そいでふたりの絆の証のペンダントを海に捨てた。
そのペンダントは太陽のような形だった。
そのことを知り、黒川は何かを感じた。

それから黒川は悩んでいた。
そんなところに秋保(藤木直人)が現れる。
そして、現場の海の様子を再現した事件を行う。


その結果、島近郊特有の波に巻き込まれたということが判明した。
そして、その手には小笠原が海に捨てたペンダントを握っていたのだろうということも分かった。

結果、姫島の死は事故だということが分かった。
そして小笠原は無罪となった。

【イノセンス 冤罪弁護士】見逃し4話感想「海底の砂だけが知る孤独なOLの嫉妬と殺意!」

今回は少し内容が薄い感じがしてしまいました。
それでも物語的には黒川(坂口健太郎・草刈正雄)の過去が少し分かりました。

これから中盤、後半に向かって黒川の過去と父との確執が分かっていくことでしょう

和倉(川口春奈)とのコンビもかなり良くなっていますね。
ますます楽しみです。

「イノセンス 冤罪弁護士」見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2019年2月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。