森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【いだてん】見逃し7話のあらすじと感想「おかしな二人」

f:id:aeron501:20190106184439p:plain
画像はNHK公式サイトより引用出典

【いだてん】見逃し7話のあらすじと感想「おかしな二人」

2019年2月17日放送の「いだてん」第7話です。

「いだてん」見逃し配信は「U-NEXT」がオススメです。

[:contents]

【いだてん】見逃し7話のあらすじ「おかしな二人」

ストックホルムオリンピックへの旅費を自分で夭死しなくてはならない状況となった金栗四三(中村勘九郎)
この状況になってオリンピックに行けないことに悩む。
悩んだ結果、実家の兄に手紙を書いた。
それでも自分が走ることを良く思っていない兄への金の無心。
手紙は出したものの気が重い。

同じように三島弥彦(生田斗真)も悩んでいた。
こちらは行く金はありそうだが、家族が許さない。
得に兄の弥太郎(小澤征悦)は良く思っていない。
オリンピック行きは絶対に認めないという。


出発まであと3ヶ月余り。
四三は学校を休学し、金は借金をしてオリンピックに行きたいと言った。
はじめは旅費を出しても良いと言っていた嘉納治五郎(役所広司)だったが今や借金は今の金額で数億円に上る。
四三の旅費をとても出せる状態ではなかった。


そんなころ、兄の実次(中村獅童)から手紙が届いた。
これまで四三が走ることを快く思っていなかった兄だったが、走ることを極めた四三に対して尊敬の言葉が綴られていた。
そして、何としても金を集めてやると心強い言葉が書かれていた。
代々受け継がれてきた田畑を売ってもいいとまで書かれていた。
その手紙に四三は涙を流した。

そして、いよいよオリンピック参加のエントリー
四三は三島弥彦と共にエントリーすることとなった。
弥彦も兄にその熱い思いを伝え、ストックホルム行きの許しを得ていた。

記念すべき日本人初のオリンピック選手はこの2名


そして、四三の兄実次(中村獅童)は金のことで悩んでいた。
四三には良いことを言ってしまったが金のあてはない。
地元の医師、スヤの父春野(佐土井けん太)に金の無心をするが春野もそんな大金は用意出来ないと断った。

そんななか、ヨーロッパに行くならテーブルマナーを身につける必要があると三島家でテーブルマナーの講習会が開かれた。
しかし、四三はただ言われるがままでほとんど食事も食べられなかった。


オリンピック出発まであと1ヶ月
実次(中村獅童)から一向に連絡はなかった。

あるとき、四三は東京に出てきた実次(中村獅童)に会った。
実次は四三がオリンピックに行くための1800円を持って上京してきたのだった。

【いだてん】見逃し7話の感想「おかしな二人」

今はオリンピックに行くことはとても名誉なことですが当時はまだまだ認知されていなかったのでしょう。
三島弥彦は家族に良く思われていなかったようです。
四三はその家族に「名誉」だと想われてはいましたが実費での参加に苦労した様子。