森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【3年A組】最終回10話のあらすじと感想「終幕。この日のために全てはあった。」

f:id:aeron501:20190106232843p:plain
画像出典は日本テレビ公式サイトより

【3年A組】最終回10話のあらすじと感想「終幕。この日のために全てはあった。」

「3年A組」見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2019年3月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【3年A組-今から皆さんは、人質です-】最終回10話のあらすじ「終幕。この日のために全てはあった。」

いよいよ、9日目
柊(菅田将暉)が屋上に。
その様子はテレビ中継される。
柊が翌朝の生中継を要求すると同時に柊が撃たれる。
その様子に警察も報道陣も入り乱れて騒然となる。

しかし、撃たれたと思われた柊だったが明日の朝SNSの生中継で全てを話すという。
もし、邪魔されたらこの校舎を全て爆破すると言った。


教室では、茅野さくら(永野芽郁)が澪奈(上白石萌歌)を殺してのは自分だと告白していた。
そして、先生は自分のためにこの行動をしていると言った。
その事実を先に話したいと言った。


校舎の廊下では人質にした郡司(椎名桔平)を手錠で拘束した柊
郡司は「もう時間がない、どうしてこんなことをしたのか話してもも良いんじゃないか?」と柊に持ちかける。
柊はその言葉に真実について語り出した。


キッカケは恋人文香(土村芳)のフェイク動画
そのことを調べているうちに武智(田辺誠一)とベルムズが文香のフェイク動画を作ったのではないかと疑惑を持った。
そして、その事実を知るために文香が勤務していたこの魁皇高校に教師として就職した。
そこで武智の悪事をつかもうとしてが、景山澪奈も同じような目にあっていることを知る。

そんな中、煩っていたガンが進行し、あと1年と余命宣告された。
ちょうどその時、景山澪奈が死んだ。
武智の仕組んだことだと突き止めるまえに澪奈が命を絶った、そのことで柊は今回のことを実行することを決めた。

文香のフェイク動画の件から相談をしたていた文香の父相楽孝彦(矢島健一)も最初は荒立てないほうが良いと言っていたが澪奈の死を知り、警視庁の五十嵐(大友康平)を柊に引き合わせた。
五十嵐は文香の実の父
文香の父だと思われていた孝彦とは義理の親子関係だった。

そして、五十嵐は警視庁に勤務している。
柊が「復讐ではなく、これ以上犠牲者を出さないために実行する」という言葉を聞き協力を約束してくれた。


同じ頃、教室
さくら(永野芽郁)はあの日のことをクラスのみんなに話していた。
あの日、澪奈が転落したビルに一緒にいたのはさくら
そこでこれまでのことを謝ろうとしたがそれでも澪奈はもう限界だとビルから飛び降りようとした。
一緒にいたさくらは澪奈の手を掴んだが、澪奈がもうこれ以上無理、手を離して、楽にさせて、という言葉に澪奈がこれで楽になるならと手を話したという。

そのことで自分が澪奈を殺したんだとさくらは自分を責めた。

しかし、クラスの逢沢(荻原利久)は「それは違う」と言った。
柊も同じことを言ってくれたとさくらは言ったがそれでも「この罪は消えない」とさくらは落ち込んだ。


そして、予告の8時
屋上に出る柊
柊は携帯を郡司に渡した。
そして、郡司を拘束していた手錠を外した。
郡司も今回の柊の行動に一定の理解を示していた。
手錠を外された郡司だったが柊を逮捕することなく生中継を見守ることにした。

生徒達は今回の柊の行動に違和感を持っていた。
「どうして屋上なのか?」もしかしたらこの後、屋上から飛び降りるんじゃないかと危機感を持った。

そして、爆破された廊下のがれきをどかし、屋上へ向かおうとする。

柊は生中継を始める。
そこでは景山澪奈が本当に苦しめられたのはSNSでの誹謗中傷だった、そのひとりひとりの何気ない一言が澪奈の心を傷つけていった。
そして、いつしか澪奈は幻聴や幻覚に悩まされるようになったという。
何気ない言葉や根拠のない誹謗中傷が一人の心を苦しめることに気づいて欲しいと訴えた。
相変わらずSNSでは柊を誹謗するコメントが流れていた。
それでも柊は丁寧に言葉を紡いでいった。

爆破の瓦礫を生徒や郡司が協力しどかし、そしてさくら(永野芽郁)が屋上に駆けつける。
ちょうど柊の生中継が終わる。

そして、柊が飛び降りようとする。
その手を掴むさくら
柊はあの時の澪奈と同じように「俺を楽にさせてくれ」と言葉をかけた。
二度と同じ思いはしたくないさくらは必死に柊の手を掴んだ。
もうダメかと思ったところに甲斐(片寄涼太)も駆けつけた。
他の生徒達も続々と現れ柊を助けた。

そして、柊はさくらに「あの時、本当に手を離したのか?」と聞く。
さくらは本当に澪奈に生きて欲しかった、手を離したくなかった、と言った。
その手を握り柊は「もう自分を責めるな」と言い、抱きしめ「よく頑張った」と言った。

柊はさくらの心を救うためにこのことを実行したのだろう。
「死ぬのは怖いな」と言い残し、そして郡司に現行犯逮捕された。
柊は生徒達に「卒業おめでとう」と言い残し連行された。

それから、1年
柊は闘病した。


生徒たちは柊の3回忌
それぞれの想い出を語りながら解散した。

【3年A組-今から皆さんは、人質です-】最終回10話の感想「終幕。この日のために全てはあった。」

良いドラマでした。
最後の「真犯人」にはちょっと拍子抜けしましたが...

それでも菅田将暉さんのラストシーンは圧巻でしたね。
「叫ぶ菅田将暉」割と定番化していますが(笑

それでもSNSのあり方を示した良い作品でした。

「3年A組」見逃し配信はHuluがオススメです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2019年3月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。