森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【QUEEN】最終回10話のあらすじとネタバレ感想と無料視聴情報

f:id:aeron501:20190111011859p:plain
画像出典はフジテレビ公式サイトより

【QUEEN】最終回10話のあらすじとネタバレ感想と無料視聴情報

【AD】「QUEEN」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2019年3月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

2019年3月14日放送で最終回を迎える「スキャンダル専門弁護士QUEEN」
前回9話までに氷見(竹内結子)の過去についてネットや報道で話題になり炎上する事態。
鈴木法律事務所を去った氷見だが世間からの目は冷たく、そして加熱した民衆により暴行され、更にネットを賑わすことに....
一人になった氷見は....
いよいよ5年前の真実が語られるのでしょうか...!?

そんな「QUEEN」
ここでは最終回のあらすじとネタバレ感想をお届けしていきます。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】最終回10話あらすじ

『週刊文新』で氷見江(竹内結子)が5年前に行ったとされる選挙法違反疑惑の記事が掲載されることになる。
それは、吾妻涼介(山本耕史)、林光蔵総務大臣(山田明郷)ら、クライアントを守るため、鈴木法律事務所の与田知恵(水川あさみ)が東堂裕子(泉里香)にリークしたものだった。
与田は記事が掲載される『週刊文新』の発売前、藤枝修二(中川大志)とともに吾妻と林を訪ねた。
記事内容を伝えた与田は、この記事でもう一度氷見を叩くため、公の場を用意して欲しいと頼む。
藤枝は出来れば氷見の国会での証人喚問が望ましいと言う。吾妻は、証人喚問は無理だが公聴会や調査会の名目ならと検討すると答えた。

与田たちが帰ると、吾妻と林は五十嵐幸夫(小野武彦)に相談。
吾妻は調査会を開くことを薦める。
調査会の開催決定の知らせは、鈴木太郎(バカリズム)が受けた。
喜ぶ与田を見た藤枝は、敵に回すと怖い人だともらす。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】最終回10話あらすじ詳細

氷見(竹内結子)の選挙違反疑惑は与田(水川あさみ)がねつ造した様子。
そのことに気がついた東堂(泉里香)が与田を問い詰めると与田は「氷見さんの最大のスキャンダル、追ってみない?」と持ちかける。

吾妻(山本耕史)は大物政治家たちとマネークの社長村西(飯田基祐)の思惑に首を切られるかもしれない。
林総務大臣(山田明郷)や五十嵐(小野武彦)たち政党幹部は全ての不正を氷見に着せるつもり、更に吾妻も切り捨てるつもり....
そんな中、氷見の調査会が開かれる。

調査会では違法行為の有無が問われる。
氷見は不正を否認した。

その調査会にはライターの茂呂(佐野岳)も呼ばれ証言した。
茂呂は反社会的な組織との繋がりを元に脅されていたと証言。
更にある企業の買収に絡み印象操作をしたとも証言。
しかし、氷見は全て否認した。

さらに氷見は大手シンクタンクから個人情報を買ったという証言もでた。
さらにマネークの村西(飯田基祐)も証言をする。
そのシンクタンクは村西の系列会社。
その個人情報を利用したことで氷見は不法行為に問われる。
否認する氷見だが村西は証拠のメールがあるという。
そのメールには確かに不法行為の証拠となるメールの文面。
しかし、氷見は否認。

さらに追い詰められた氷見
林(山田明郷)に「反論はありますか?」と聞かれても「ありません」と答えるのがやっとだった。

さらに次の証人として与田(水川あさみ)が姿を現すと氷見はさすがに驚いた様子。
与田は5年前に氷見がフェイクニュースを作っていたと証言。
この状況に氷見は頭を抱えた。


そして調査会が閉会しようとするとき氷見が口を開いた。
「5年前、ある交通事故で人が亡くなった、その犯人として逮捕された....」
と話す氷見、そして「あの日からこの日が来ることをずっと待っていた....」
「そうですよね?吾妻先生?」と吾妻に声をかけた。

吾妻は立ち上がり話し始めた。
5年前に自分(吾妻)と氷見は政党内の不正を正そうとした。
確かに不正はあったがそれは吾妻と氷見たちではない、と言う。
さらに吾妻は「その時、人が亡くなった....」と続けた。

亡くなったのは田村という男
田村は政党とマネークの不正に関与していた。
田村はその不正を告発しようとしたがそのたびに圧力がかけられたという。
その田村と同じ職場だった吾妻の妻
ある日、吾妻の妻は田村から電話を受けた。
しかし、いつもと違うようすに心配になり会社に向かったという。
そこで田村は「私はもう無理だ」と言い、田村は諦めた様子で「もう大丈夫」と言ったという。
その直後、田村は歩道橋の上から飛び降りた.....

吾妻の妻から田村のことで相談を受けていた氷見はこの事実がもみ消されないように自分が事故で轢いたことにしたのだった。

以来、氷見と吾妻はいつかこの不正を告発すると近い5年間準備してきた。
そして、この日を迎えた。
さらに以前、五十嵐(小野武彦)林(山田明郷)村西(飯田基祐)3人が車の中で密会した時の動画を藤枝(中川大志)が撮影していた。
その動画が会場に流される。
その動画で3人は不正のことや5年前の田村のことなどをすべて氷見に被ってもらおうと言っていた。

そんな動画が流れると会場中が騒然となった。
さらにその動画はネットにもアップされたために瞬く間に炎上した。

結果、五十嵐や林、村西は辞任することとなった。

そして政党の次期幹事長として吾妻が就任した。
山田法律事務所にはまた以前のような日々が戻った。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】最終回10話を無料視聴するには?

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」はフジテレビでの放送となっています。
フジテレビのドラマについては基本的に放送後、約1週間はフジテレビの公式動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」にて無料視聴が可能となります。
最終話であれば3月14日の放送終了後から1週間の無料視聴があります。
フジテレビオンデマンド公式サイトから「FOD見逃し無料」に進んでください。
スキャンダル専門弁護士 QUEEN | フジテレビ公式<FOD>【1ヶ月無料】

しかし!!
初めての利用で、Amazon Payによる決済方法を選択するなどの手続きをすると1ヶ月間の「無料おためし」が可能となります。
1ヶ月間はFODプレミアムの見放題コンテンツをすべて視聴可能となります。
この1ヶ月間で全話視聴することも可能です。
【AD】▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから

もし、最新話以外の過去回を視聴したいときには「FODプレミアム」の有料登録が必要となります。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】最終回10話の感想

ここでは最終話の放送終了後に感想を綴っていきます。
また、最終回だけでなくドラマ全体のことなども振り返りたいと思います。
ドラマ放送終了後に更新していきます。

ここまで平均視聴率6.92%と苦戦しています。
それでも前クール「黄昏流星群」6.71%よりはやや上向いています。
さらにその前は山﨑賢人さんの「グッド・ドクター」でしたがこちらは11.24%とかなり好成績でした。

個人的にはこの「スキャンダル専門弁護士QUEEN」おもしろいです。
最初はちょっと「?」なところもあったり、ただの下世話なドラマかと思ったのですが、実はこの最終話までの伏線に過ぎませんでした。
竹内結子さん演じる氷見江の過去、どんな過去が飛び出すのでしょうか?
そして、吾妻(山本耕史)との関係は!?

与田(水川あさみ)や真野(斉藤由貴)とわかり合えることはできるのでしょうか?
かなり濃い最終回になるのではないでしょうか!!

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】最終回10話の視聴後感想

最後は圧巻の逆転劇でした。
とてもおもしろかったです。

最初は氷見(竹内結子)ピンチ!と思ったけれど、途中から「あれ?」「あれ?」となって....
10話通して少しずつ確信に近づいていきましたが実は壮大な告発に向けた伏線だったわけです。

そして、吾妻(山本耕史)も「誠実な政治家」似合いますね。
吾妻の妻役の山崎紘菜さんも派手な活躍はありませんでしたが政治家の妻としての控えめな感じ良かったです。

ドラマはおもしろかったのですが視聴率は9話までの平均が6.92%と苦戦しました...
でもこの路線は好きでした。

【AD】「QUEEN」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD1ヶ月無料お試しはコチラから
本記事の配信情報は2019年3月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。