森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【イノセンス】最終回10話のあらすじとネタバレ感想と無料視聴情報

f:id:aeron501:20190119231457p:plain
画像は日テレ公式サイトより引用出典

【イノセンス】最終回10話のあらすじとネタバレ感想と無料視聴情報

2019年3月23日で最終回を迎える「イノセンス-冤罪弁護士-」
11年前に殺人事件の犯人として冤罪を訴えながら自殺した幼なじみの死をキッカケに弁護士となった拓(坂口健太郎)
そんな拓の前に11年前の事件の真犯人らしい男が.....
その事件で妹を殺された秋保(藤木直人)と拓には事件に対する思い入れに乖離があり.....

そんな「イノセンス-冤罪弁護士-」の最終回10話のあらすじとネタバレ感想、無料視聴情報をお届けしていきます。

「イノセンス 冤罪弁護士」見逃し配信はHuluです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2019年3月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【イノセンス-冤罪弁護士-】最終回10話のあらすじ

謎の男から拓(坂口健太郎)をかばい刺された楓(川口春奈)。
一方聡子(市川実日子)は、殺された京香きょうかと殺人を疑われている富士田(坂本真)のSNS上の共通の“友達”である『KooZ』という人物が、11年前に殺された彩花あやかと自殺した浅間(鈴之助)の両方のブログにもコメントを残していることに注目していた。
『KooZ』のSNSの画像に被害者の傷と同じ形“勾玉まがたま”の模様があるのを見た秋保(藤木直人)は、勾玉が英語で所有を表す「’(アポストロフィ)」に似ていることから「被害者は自分の所有物だ」という犯人の主張かもしれないと推測。

そんな中、楓を刺したという男・神津一成(武田真治)が自首をする!
拓は、神津が京香の通う大学の職員だということと、『こうづ』が『KooZ』に似ていることが単なる偶然ではないと感じ、接見を願い出る。
翌日、接見室での何気ない会話に11年前の事件との関係を匂わせる神津は、立会いの警察官が席を外した隙を狙い、今回の2件と11年前の事件で被害者を殺したのは自分だと拓に囁く……!!

証拠がないため真犯人を前に何もできないことに苛立つ拓は、11年前捜査に当たっていた元刑事・草津(佐藤B作)に会い、現場の遺留品だった煙草の吸殻が、浅間が喫煙者でなかったために証拠として採用されなかったことを知る。
地裁に対し証拠品の開示と再審請求に踏み出す拓だが、そんな矢先検察が想定外の暴挙にでる!!果たして閉ざされた真実への扉は開くのか!?それぞれの思いを胸に真実に迫る衝撃と感動の最終回!!

あらすじは公式サイトより引用出典

「イノセンス-冤罪弁護士-」最終回10話の視聴後あらすじ詳細

拓(坂口健太郎)が11年前の事件の再審請求をしたころで保駿堂法律事務所に検察の捜査が入る。
事務所の若手が友人に起業について相談を受け、その日の食事をおごってもらったという。
それ程までに大がかりな捜査をされるのは拓の父真琴(草刈正雄)が手を回したに違いない...

自宅に戻り、父の行動を叱責した。
そこに楓(川口春奈)もやってくる。
しかし、真は「私は煙草の吸い殻なんか知らなかった....」と言った。
その言葉に楓は少し違和感を感じた。
「本当に煙草の吸い殻のことを知らなかったんじゃ....警察から証拠として上がってきていない可能性もあるのではないか」と。


拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)が事務所に戻ると別府(杉本哲太)が職員を集めていた。
拓は迷惑をかけたと事務所辞めると言ったが別府は「それで責任が取れるのか?」と聞き、事務所の汚名を晴らすためには今回の事件も11年前の事件も冤罪だったと立証するしかない、と事務所が一丸となり今回の事件に向き合うと決断した。


拓は11年前の事件の担当刑事だった草津(佐藤B作)を説得し、警察に保管されていた煙草の吸い殻を入手した。
その吸い殻を秋保に調べて欲しいと頼んだ。
秋保は最初こそ拒んだが拓の気持ちに応える形で調べることとなった。

結果、今回の事件の現場にあった煙草の吸い殻と11年前の事件現場から回収された煙草の吸い殻のDNAが同じ、しかも楓(川口春奈)を刺した神津(武田真治)のDNAが一致したのだ.....!


そして、殺人事件の公判
その中で証人として現れた神津(武田真治)
神津はいきなりこれまでの殺人を告白した。
その内容は明瞭で犯人しか知り得ないような内容
神津が犯人であることは疑いようもない。
その突然の告白に場内は騒然となった。

神津はターゲットを決めて、警察の目が向くように犯人役も決めて殺人を実行した。
その結果、神津の思惑通りにそれぞれの犯人役が逮捕された。
11年前の事件で犯人とされ自殺した拓の幼なじみ浅間(鈴之助)も冤罪だった。
神津はその事実に「警察も検察も無能だ、ざまあみろ」と叫んだ。
しかし、そんな神津に対し、拓は色々調べていた。
12年前に神津は痴漢容疑で逮捕されていた。
その事実は冤罪だった。
拓は当時の被害者に会い、あの訴えは示談金欲しさだったと告白したという。
神津は結局、その冤罪のために志望していた大学への入学が叶わず、人生が狂ってしまった。
そのことを拓が法廷で話すと神津は涙を流した。
冤罪の苦しみを知る神津が今回の事件を起こしたことが悔しいと拓は言った。


すべての事件の真相が明らかになった。
11年前の事件の検事として拓の父、真は法廷で過ちを犯したことを謝罪した。


裁判は終わった。
それでも亡くなった人は帰ってこない。
拓はやりきれない気持ちは変わらないと言うが秋保は真犯人が明らかになったことで「救われた」と拓に話した。


この結果を受けて保駿堂法律事務所には刑事裁判の依頼が後を絶たない。
所長の別府は「刑事裁判は金にならない」と複雑な言葉。


そして、それぞれがまたいつものように戻って行った。 真(草刈正雄)は「過ちは正さないと....」と11年前の事件の再審請求をすることに.....

【イノセンス-冤罪弁護士-】を無料視聴するには?

「イノセンス」は日本テレビ系列のドラマとなっています。
日本テレビは公式の日テレオンデマンドとHuluでの見逃し配信が行われています。
また、いずれのサービスも基本的に有料なのですが最新話に限り、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」で無料配信されています。


TVerは無料でドラマを含む色々なテレビ番組の最新コンテンツが無料で視聴できますのでオススメです。
しかし、最新話ではなく、過去回が見たい!
という場合には有料のサービスを利用することになります。
その場合、当サイトのオススメは「Hulu」となります。
Huluは月額1000円程度で配信コンテンツがすべて見放題となるサービスです。
最近の日テレ系のドラマはほぼすべて配信されています。
また、チェーンストーリーなどのテレビでは見られないコンテンツも配信していますので地上波で放送のドラマとあわせて視聴するとより楽しめます。

また、初めての利用に限り「2週間無料トライアル」でお試しすることができます。
最初にクレジットカードの登録は必要ですが、2週間以内に解約をするとその間の費用は一切かかりませんのでオススメです。

「イノセンス 冤罪弁護士」見逃し配信はHuluです
▶▶▶「Hulu」はコチラから。
上記の配信情報は2019年3月時点のものです。最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。

【イノセンス-冤罪弁護士-】最終回10話のネタバレ感想

いよいよ、11年前の真犯人が登場します。
しかし、実際には証拠がなく、その真犯人を追い詰める手段がありません....
そんな中、拓(坂口健太郎)はどのような行動にでるのでしょうか?
また、拓の理解者?としてこれまで事件の真相究明に協力してきた秋保とはそれぞれの立場の違いがありました。
最終話では2人どんな結末を迎えるのでしょうか?

詳細なネタバレ感想は最終話の視聴後に更新していきます。