森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【いだてん】見逃し12話のあらすじと感想「太陽がいっぱい」

f:id:aeron501:20190106184439p:plain
画像はNHK公式サイトより引用出典

【いだてん】見逃し12話のあらすじと感想「太陽がいっぱい」

2019年3月24日放送の「太陽がいっぱい」第12話です。

【いだてん】見逃し12話のあらすじ「太陽がいっぱい」

7月14日
マラソン大会の当日

大会の会場に向かう四三と大森(竹野内豊)
しかし、大森の体調は最悪で妻の安仁子(ケイトシャーロックフォックス)は大森が死んでしまう...と心配するが大森は四三のレースだけは監督としてなんとしても見たいと無理をしていた。
その姿に幼少の頃、病弱だった父(田口トモロヲ)を思い出した。
スタジアムに向かう二人
道に迷いながらやっと着いた。


熊本ではスヤ(綾瀬はるか)が金栗家に押しかけていた。
四三(中村勘九郎)の出場時間にあわせてみんなで「鯛」を食べて応援することとなった。


スタジアムについた四三(中村勘九郎)は時間ギリギリとなってしまい慌てて用意をした。
そして、スタートの時刻。

四三のゼッケンは「822」
四三が控え室からスタジアムのグランドに登るとそこには大歓声、圧倒される四三
しかし、四三の足袋の準備が整わないうちにスタートの合図
最下位からのスタートなった。

スタート直後、四三は困惑していた。
自分の準備が間に合わなかったこと、周囲の選手たちが思いのほか速いこと、焦りが四三を苦しめた。

それでも、四三(中村勘九郎)は着実に順位を上げていった。
各国の選手たちは気温は30°を越え、舗装路の照り返しにも苦しんだ。
四三の困惑したがそれでも順調に歩を進めていた。
しかし、突然目の前に閃光が走る。

そして手足に力が入らなくなり、その場に座り込んでしまう。
そして立ち上がり走り出す。
しかし、四三が向かった先はコースではない道.....


スタジアムに最後の選手が帰ってくる。
しかし、棄権した選手の中にも四三の名前はない。
四三は消えてしまった。
コースから外れ、そのまま行方不明になってしまった。

嘉納治五郎(役所広司)は日本に電報を打つという。
失踪では日本が大騒ぎになってしまう、「棄権」と報告することにした。

四三はホテルの部屋にいた。
そして、本人はどうしてホテルで寝ているのか一切覚えていなかった。
日射病になり運ばれてきていたようだ。
記憶はない.....

四三はただただ、「すいません、すいません」と謝り続けるだけだった....

【いだてん】見逃し12話の感想「太陽がいっぱい」

途中までは調子が良かった四三ですが....
結果は棄権となりました。

結局、四三はこの大会ではゴールを迎えることが出来なかったそうです。
しかし、史実ではストックホルムオリンピックの開催55周年式典に招待された四三は現地で用意されたゴールテープを切り、ストックホルム大会のマラソン記録「54年8ヶ月6日5時間32分20秒3」という記録を打ち立てた。
この記録は史上もっとも遅い記録となった...

四三が日射病から目覚めたときの気持ちは見ていても辛かったです。
四三は自分でも分かっていながらも日本を背負ってしまいプレッシャーを抱え込んでしまったようですね...