森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【まんぷく】ネタバレ25週(3/18〜3/23)の見逃し配信情報とあらすじまとめ

f:id:aeron501:20181007231620j:plain
出典:NHK公式サイトより

【まんぷく】ネタバレ25週(3/18〜3/23)の見逃し配信情報とあらすじまとめ

「まんぷく」25週(3月18日〜3月23日)見逃し配信情報とネタバレあらすじのまとめです。

「まんぷく」見逃し動画配信は「U-NEXT」がオススメです。
>>>「U-NEXT」お試しはコチラから
本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

『まんぷく』140話(3/18)のネタバレあらすじ

スクランブルエッグのフリーズドライを作った源たちは萬平に試食をしてもらいました。
萬平は卵の風味もよく出ていてうまい!と言い、具材に採用されることなりました。
これで具材はネギ、卵の2つです。
萬平はあと2つ3つ具材がほしいと言いました。
そして萬平は肉を入れると言いましたがチャーシューではない肉だと…。
肉は萬平が作ることになりました。
神部はエビはどうでしょう?と提案しました。
彩、高級感などからエビに決まり、神部たちはエビのフリーズドライを作ることになりました。
材料を抱えた萬平が肉を作るから福子に手伝ってほしいと帰ってきました。
福子は萬平の手伝いが出来るので大喜びで大はりきりです。
家に帰ってきた源は萬平と福子が作っている肉を見てびっくりしていました。
大豆や野菜を混ぜた肉を作っていましたが、何度も作り直しをしていました。
そして、神部たちのエビのフリーズドライも難航していました。

『まんぷく』140話(3/18)の感想

わー、スクランブルエッグ、綺麗な黄色ですねー!
源ちゃんがひらめいたスクランブルエッグの具材は採用されましたね!

そして神部さん提案の、彩り豊かな具材…、その提案も、なかなか素晴らしいです!

チームの皆んなも四苦八苦することもあるけれど、力を合わせて頑張ってますね!

福ちゃんも、萬平さんのお手伝いが出来てとても嬉しそうです!

福ちゃんは、萬平さんと一緒に何かを作ることが本当に好きなんだな…と実感しました!

忠彦さんちの家族は、これまた色々悩ましい事もありますが、それはそれで、楽しそうに見えますょね?!

タカちゃんの息子の大介くんが、これまた面白い子ですね… 笑)

彼の今後が楽しみです!

『まんぷく』141話(3/19)のネタバレあらすじ

萬平と福子が自宅の台所で具となるお肉を作り始めて2週間、ついにそれは完成しました。
そしてフリーズドライにしたお肉をお湯で戻し試食です。
卵、ネギ、お肉の入ったヌードルですが萬平はまだ彩が足りないと言います。
が、試食です。
これまでは大成功です。
でも神部たちは、エビの味、形、色が完璧なものがまだ見つかっていなかったのです。
萬平は諦めずに探すように話しました。
克子は福子の家に来ていました。
やっと福子の家の台所が空いたと鈴は話をしました。
克子は忠彦の弟子の名木の話をしました。
名木は忠彦ファンの恋人が出来たようです。
そんな話をしながら3人でお茶をしてると鈴が突然腹痛を訴え、救急車を呼び、池田市内にある総合病院に運ばれたのです。
医者は虫垂炎だと思われますが…まだわかりません…内臓が逆転しているかも…まだなんとも言えない…抗生物質を投与して様子を見ましょうと、頼りない先生です。
病名もわからない鈴の症状に真一や神部たちも心配をしていました。
福子は鈴にずっと付き添っていました。
神部は高級レストランにシュリンプカクテルというエビを使ったメニューがあり、それを食べてきたらものすごくおいしかったと開発メンバーに話しました。
そして、すぐにそのエビを調達しました。
エビは茹でると鮮やかなきれいな赤になりました。
さっそくフリーズドライにします。
鈴に付き添っている福子のところに咲が…鈴は治ると咲は言いましたが、咲はこっちの世界も楽しいと…。

『まんぷく』141話(3/19)の感想

いよいよ、カップ麺も完成間近!といった感じでしょうか?!

苦戦していたお肉のフリーズドライも美味しく出来て良かったですね!

具材を入れ改めて食べてみたところ、萬平さんにもとても好評です!

エビも、種類である変わりがあるのか?!と思ってましたが、あるんですねー!!

楽しみ楽しみ!

ところが、お母さんの鈴さん…。
腹痛で倒れてしまったけど、大丈夫でしょうか…?

心配です…。

夢に出てきた咲さんも、覚悟をして…と言いたかったのでしょうか…?

まんぷくは、いい事ばかりでは終わらないのですね…。

ハラハラしてしまいますが、また明日のまんぷくを楽しみに…!

『まんぷく』142話(3/20)のネタバレあらすじ

腹痛を訴えた鈴は病院に入院してしまいました。

医者は虫垂炎ではないかと言いますが、はっきりとはわかりませんでした。
鈴は話は出来るようにはなりましたが痛みはまだ残っているようです。
福子は良い話があると言ってまんぷくヌードルに入れるエビのフリーズドライが決まったことを話しました。
鈴はそんな話、今の私には喜べないと布団にもぐってしまいました。
ネギ、卵、エビ、肉の入ったまんぷくヌードルの試食をします。
萬平たちは全員一致のおいしさです。
しかし、世良はまんぷくヌードルを100円で売り出すことには反対でした。
萬平はまだまんぷくヌードルは完成していないから価格の話は後にしましょうと世良に言いました。
カップの形や大きさ、ふたはどうするか、容器にどんなデザインをするのか商品化にむけてまだまだ考えることはたくさんありました。
萬平はまんぷくヌードルのふたをどうするかを考えていました。
福子はかぶせるふたではダメなのかと聞きますが、密閉するのが難しいと萬平は言いました。
そしたらふたを貼り付けたら?と言った福子の言葉で、アメリカからの帰りに機内食で食べた容器のふたのことを萬平は思い出しました。
福子はそれを萬平がおもしろがっていたので取っておいてあったのです。
萬平はまんぷくヌードルの案を思いついたのも福子のおかげだと本当に福子に感謝しました。
福子は少しは萬平のお役に立てたと喜びました。

『まんぷく』142話(3/20)の感想

まんぷく食品のカップ麺、具材も全て揃って、後は麺を入れるカップだけですね!

最後のエビは、神部くんの自腹でレストランへ行き探してきたとは、さすがです!

エビも沢山の種類があって素材の活かし方が異なるとは、知りませんでした…。

皆んなが声を揃えて"美味しい!!"というカップ麺が出来て喜んでいたところ、お母さんの鈴さんが倒れてしまうとは、びっくりしました…。

命に別状はないとはいえ、特殊体質だった?鈴さん…。医者の言ってることは、本当なのでしょうかね…?

病室で、真一さんと忠彦さんがお母さんに声をかける場面では、いつものお2人の優しさが滲み出ていて、ジーンとしてしまいました…。

お母さん 早く良くなるといいですね。

そしてカップ麺のカップ…!
またまた福ちゃんがヒントになる言葉を発します!

もうホント、福ちゃんって凄い!

思わず萬平さんが福ちゃんを抱きしめる場面は、キュンとしました…。照)

さてさて、明日はカップ麺のが完成するのかな?

楽しみです!

『まんぷく』143話(3/21)のネタバレあらすじ

鈴のところにお見舞いに来た萬平ですが、萬平はまんぷくヌードルの話しばかりです…。
鈴は空気の読めない萬平に早く仕事に行くように言いました。
3日後、まんぷくヌードルのカップの試作品が出来ました。
完全に密閉されていますが万が一のことを考えて薄い透明なビニールでシュリンクパックすると萬平は話しました。
シュリンクパックは食品業界では初の試みでした。
あとはカップのデザインを考えるところまできましたが、神部は問題が発生したと萬平に説明しました。
カップの中で麺の底の部分が折れてバラバラになってしまうと話しました。
萬平はカップから麺を出してみると折れた麺がパラパラと出てきました。
萬平は自宅で福子とどうしたら麺がカップの中で折れないか実験していました。
すると、福子が試作品の小さなカップに間違えて麺を入れてしまい、麺がカップにすっぽりとハマって抜けなくなってしまいました。
それを見ていた萬平はそのカップの底をはさみで切りました。
麺はカップの中間で止まっていて底に当たっていませんでした。
問題は解決です。
麺を今よりも少し大きめに作って、カップの中間に固定する。
麺は底に当たっていないので折れることはありません。
理論的にはお湯を入れると麺は下に膨らんで上の部分は動かない、つまりふたを開けたら具はきれいにのっていることになる。
中間にきっちり詰めることによって内側からの圧がかかり、輸送中にカップがつぶれるのを防ぐことが出来ると萬平は神部たちに話しました。
開発チームのメンバーは萬平の話に驚きました。
そしていつの間にこんなことを考えたのかと聞く源に萬平は夕べ福子と2人で考えたと話しました。
福子と幸は鈴のお見舞いに来ていました。
調子のよさそうな鈴でしたが急にお腹を痛がり腸が破れたのではと緊急手術を受けることになってしまいました。

『まんぷく』143話(3/21)の感想

まんぷく食品のカップ麺、完成!…と言いたかったのに、まだまだ課題がありました…汗)

細かいところを修正していかなければなりません…。

まさか、こんなに色々な問題が出てくるとは、商品化することって本当に大変なことなんですね!

妥協出来ないところが、萬平さんなんだけれども、でも 凄く画期的なカップ麺が出来そうですね!

そして鈴さん、良くなってきていると思いきや、今度は手術になってしまうなんてとても心配ですね…。

またまた、バタバタと忙しい展開になってしまったまんぷく…。

最後までこんな感じでいってしまうのでしょうか…?

明日も 楽しみで少し心配な…まんぷく。

『まんぷく』144話(3/22)のネタバレあらすじ

鈴は急にお腹を痛がり、腸が破れたと緊急手術になりました。
鈴が病室に帰ってきたのは手術が始まって2時間後でした。
先生は手術は無事に終わりましたと説明を始めました。
鈴は最初、虫垂炎を疑ったわれましたが高齢のため手術ではなく投薬治療で様子を見ることに。
でも、激しい痛みを訴えたので急遽手術をすることになりました。
鈴は大腸憩室症という命に関わる病気だったことが明らかになりました。
順調に回復すれば3週間程で退院できると思いますと先生は福子たちに話しました。
鈴は目を覚ますと手術をしたことをわかっていませんでした。
一週間がたち、鈴は順調に回復していました。
みんながお見舞いに来ていました。
鈴はもう病院は飽きたとみんなに言いました。
鈴のいつもの様子にみんなは内心ホッとしていました。
でも…萬平たちはまたまた難しい問題に直面したのです。
製造部の森本からの説明で、製造ラインに乗せた時、下にあるカップに麺を落とし入れるのですが、麺がきちんとまっすぐに入らないのです。
そして、たとえまっすぐに麺が入ったとしても麺が固定できていませんでした。
商品開発部の岡はカップのパッケージデザインを決めないと商品化することは出来ないと萬平に話しますが、萬平はどうしたら麺がカップにまっすぐ入るのかを考えだして誰の言葉も届いていませんでした。
真一は忠彦のところに行き、まんぷくヌードルのパッケージデザインを考えてほしいとお願いしました。
萬平は家に帰ってからも、どうしたらカップに麺をまっすぐ入れることが出来るか考えていました。
その夜のことでした。
萬平は部屋が回転して天地が逆さまになる夢を見ました。
うなされて起きた萬平を心配する福子でしたが、萬平は何かを思いついたようです。

『まんぷく』144話(3/22)の感想

会社やお母さんの事で、バタバタと忙しい萬平さんと福ちゃん…。

お母さんは緊急手術となってしまって大変でした…。
とりあえず手術は成功した様ですが、お母さんも年なので、少し心配ですね…。

お母さんも世良さんとはもう、25年のおつきあいなんですね…。
病室での2人の会話は相変わらずでしたけど、もう家族みたいで、なんだか微笑ましかったです。

そしてカップ麺の方ですが、なにやら製造過程の方でつまずいている様ですね…。

頭を悩ませる萬平さんは夢でうなされる程で…。
しかしそんな夢でも何かひらめいた様子!

きっと、なるほど!と思うようなことをひらめいたのでしょう!

気になりますね〜!早く知りたいです!

『まんぷく』145話(3/23)のネタバレあらすじ

不思議な夢を見た萬平は福子に思いついたと言いました。
台所へ行き福子に説明し始めました。
萬平は、カップを固定して麺を落とすからダメだと言いました。
麺を固定して、カップを落とせば、つまり逆にしたら麺はすっぽりカップに納まり固定されていました。
これで問題は解決し、製造ラインの設計図も出来上がりました。
あとはパッケージデザインだけでした。
忠彦は新しくて世界に通じるデザインなら、若い名木に任せるのもいいと思うと萬平に話しました。
その翌日、病院を退院した鈴がおうちに帰ってきました。
克子、タカ、吉乃も退院のお祝いに駆けつけてきました。
みんなに会った鈴は疲れて、その日はぐっすり眠りました。
カップのデザインが完成したと、名木は忠彦と一緒にまんぷく食品にやってきていました。
完成したカップを見た萬平たちは大絶賛でした。
それから2週間後、ついにまんぷくヌードルが完成しました。
世良はまんぷくヌードルは画期的な商品だが100円は高すぎると値段に反対しています。
が、萬平はまんぷくヌードルには100円の価値があると理解してくれるはずだと方針を変えるつもりはありませんでした。
そして、ついにまんぷくヌードルが発売されたのです。

『まんぷく』145話(3/23)の感想

まんぷくヌードル、ようやく完成しました!!

試行錯誤しながら、やっと、やっと出来ました!

パッケージデザインは、忠彦さん推薦のアシスタントの名木くんです!
世界に通用する、おしゃれで斬新なカップになりましたね!

ひ弱な名木くんはプレッシャーに押しつぶされそうになってましたが…笑)
白薔薇のマスターとしのぶさんに勇気づけられ、力を発揮できた様です。

萬平さんや、まんぷく食品の社員たちにも気に入ってもらえて本当に良かった!

そして鈴さんも、無事退院出来て一安心ですね…。
家族皆んなが喜んび、お母さんの存在の大きさを、久々に実感しました!

そしていよいよ、まんぷくヌードルも発売です!
値段のことが少し心配ですが、1人でも多くの人に、まんぷくヌードルの良さを知ってほしいと思います。