森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ストロベリーナイトサーガ】主題歌・キャスト・原作・あらすじ

f:id:aeron501:20190403002324p:plain
画像はフジテレビ公式サイトより

【ストロベリーナイトサーガ】主題歌・キャスト・原作・あらすじ情報

かつて竹内結子さん主演で放送された「ストロベリーナイト」
本シリーズは続編などではなく「別物」として見た方がいいでしょう。
主人公は同じ姫川玲子です。
基本的には原作小説の中で映像化されていないものを再構築していくようです。

そんな「ストロベリーナイト・サーガ」の主題歌やキャスト・原作・あらすじなどについてまとめていきます。

『ストロベリーナイト・サーガ』キャスト

二階堂ふみ(姫川玲子)

かつて姫川玲子は竹内結子さんが演じましたが「サーガ」では二階堂ふみさんが演じます。
28歳の警部補
班長となり、直感と行動力で事件を解決していく。

なぜか、二階堂ふみさんの出演作品はあまり見ていない管理人です。
最近は「翔んで埼玉」が大ヒットとなっています。

日テレ系の「そして誰もいなくなった」に出てましたか。
『そして、誰もいなくなった』

亀梨和也(菊田和夫)

2010年版のストロベリーナイトでは西島秀俊さんが演じておりました、菊田和夫。
今作は亀梨和也さんが演じます。

年上の女性上司に戸惑う模様。
亀梨さんは全般クールな役が多いイメージなので今回の寡黙な感じの役もハマるんじゃないでしょうか。

FINAL CUT辺りは寡黙な感じが良かったですけどね。
FINAL CUT(ファイナルカット)

江口洋介(勝俣健作)

姫川の天敵、勝俣
今回は江口洋介さん。
2010年版は武田鉄矢さんですから、かなりのイメチェンですね。
江口洋介さんの刑事役と言えばアンフェアの斉木でしょうか。

『ストロベリーナイト・サーガ』あらすじ

本作の主人公、ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事、警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任・姫川玲子(ひめかわ・れいこ)を演じるのは、二階堂ふみさん。
捜査一課で唯一の女性班長・姫川として、直感と飛躍した思考、行動力を武器に『姫川班』を率いて、数々の難事件の真相に迫ります。

姫川の年上の部下となる巡査部長・菊田和男(きくた・かずお)を演じるのは亀梨和也さん。
二階堂さんとともに本作の主演を務めます。
菊田は生真面目な性格で寡黙な一方、その内面では曲がったことが嫌いな正義感を持ち、熱い男気を秘めた体育会系刑事。捜査一課姫川班に異動してきた当初こそ、直感を武器に危険な捜査を繰り返す姫川を懐疑的に捉えていたものの、共に事件を追うにつれ、姫川の刑事としての優秀さと人間的魅力に気づき、自分の中に特別な感情が芽生え始め…。
そして、姫川の天敵、警視庁捜査一課殺人捜査第五係主任(警部補)勝俣健作(かつまた・けんさく)を演じるのは江口洋介さん。 “ガンテツ”という通り名を持つクセ者刑事で、摘発率は圧倒的トップを誇り、刑事としての腕前は誰もが認めるベテラン。公安に8年いた経歴を持ち、警察内外の情報収集にたけているが、おきて破りの捜査方法が様々な疑惑を招くことも…。

『ストロベリーナイト・サーガ』1話の予告

1話の予告動画が公開されました!
二階堂ふみさんが思ったよりも強めの刑事役で期待大です。
亀梨さんはちゃんと武闘派な感じでいいですね。

『ストロベリーナイト・サーガ』原作

原作は誉田哲也の「姫川玲子シリーズ」
2010年版のストロベリーナイトも同じシリーズの作品が原作となります。

元々、「姫川玲子シリーズ」の第1作が「ストロベリーナイト」であり、ドラマのタイトルとなっています。

『ストロベリーナイト・サーガ』主題歌

「ストロベリーナイト・サーガ」の主題歌は亀梨和也さんの「Rain」
Rainは5月15日に発売されます。

現時点では音源があまり後悔されていませんが疾走感はありそうですねー!