森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報と4話のあらすじ感想

f:id:aeron501:20190327005741p:plain
画像はフジテレビ公式サイトより引用出典

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報と4話のあらすじ感想

【AD】「ラジエーションハウス」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年4月29日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

『ラジエーションハウス』見逃し4話のあらすじ

第2話のゲストは山本舞香さん、と同じバンドメンバーとして「suga/es」というバンドから佐藤ノアさん、おりはらまよさん、広瀬ちひろさんが出演です。


甘春杏(本田翼)は友人を飲みに誘いだしたが仕事の悩みを打ち上げると「意外だ」という返事...

その帰り、五十嵐唯織(窪田正孝)に会う。
杏は友人に唯織のことを天敵だと言っていた。
そして、酔っ払った杏は帰り道に唯織から水をもらったが翌日にはその記憶は無くなっていた.....


病院に若い女性美月(山本舞香)が診察にやってくるが肩の痛みを訴えている。
しかし、症状はあるがいくつかの検査では原因の特定には至らなかった。

それでも肩の違和感は治らなかった。


ラジエーションハウスでは広瀬裕乃(広瀬アリス)が思い悩んでいた。
同じ新人の唯織とはレベルが違う。
機械操作のマニュアルさえも覚えられず落ち込む....


翌日も美月は病院に
やはり右肩の違和感が抜けないという。
美月は大学でバンドをやっているが2週間後のライブを最後にみんなバラバラになってしまうという。
そのライブのためにも肩をちゃんと治したいと言った。


裕乃(広瀬アリス)は高校時代にバスケットボールをやっていた。
高校3年生の最後の大会で自分がシュートを決められずチームが敗退したことを悔いている。
その時は少し前から膝の痛みがあったが無理をしていたために最後の最後で大切なシュートを決めることができなかった....
そんな自分の姿と美月(山本舞香)の姿を重ねている。

しかし、そんなとき五十嵐唯織(窪田正孝)が60代の股関節痛を訴えている患者の追加検査を行うとしり、裕乃は怒り出す。
「勝手に検査をして、みんなに迷惑をかけている」という。
やはり勝手な検査をする唯織
整形外科の担当医師辻村(鈴木伸之)も憤慨している。

しかし、その検査は患者にとって必要と思われるものだった。
結果、特に異常はなかった。
「勝手に検査をして、何もでなくて残念だったな」という周囲の声に唯織は「喜ぶところじゃないんですか?」とそっけない。
長引く股関節痛なら疑うべき、命に関わる病気の有無を検査したのだ。
予見していた病気が無くて良かったと喜ぶべきだと言った。


その姿に裕乃も感化される。
美月(山本舞香)のことを何とかしてあげたいと言う。
技師長の小野寺(遠藤憲一)をはじめとする面々もその言葉に動き出す。
周囲の協力も得て美月の再検査


裕乃(広瀬アリス)は患者の美月(山本舞香)の様子を見ていて肩から背中の方にかけてレントゲン写真を撮っていた。
その結果、実際の症状の原因は肩では無く肺にあることが分かった。
診断名は「気胸」
早ければ2,3日で良くなるという。
結果、美月の卒業ライブは無事に成功となった。

『ラジエーションハウス』見逃し4話の感想

今回は広瀬アリスさん演じる裕乃回でした。
裕乃の高校時代のエピソードを交え、山本美月さん演じるバンドに青春をかける大学生の物語でした。
裕乃の思いをラジエーションハウスの面々が繫ぎ診断を導きました。

今回は患者の診断の読影に杏(本田翼)が唯織(窪田正孝)を招へいするという状況。
唯織は喜びすぎて....

少しずつ距離を縮めていく唯織と杏
ここからがますます楽しみです。

【AD】「ラジエーションハウス」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年4月29日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。