森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ミラーツインズ】見逃し5話のあらすじと感想「急転」

f:id:aeron501:20190326003800p:plain
画像は東海テレビ公式サイトより引用出典
http://mirror-twins.com/

【ミラーツインズ】見逃し5話のあらすじと感想「急転」

藤ヶ谷太輔さん主演の「ミラー・ツインズ」シーズン1第5話、2019年5月4日放送分となります。

【AD】「ミラー・ツインズ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

『ミラーツインズ』見逃し5話のあらすじ「急転」

20年前の誘拐犯に恨みを持ち復讐のために殺そうとしたが、最後のひとり海野(湯江タケユキ)はすでに殺されていた。

その現場を押さえようと張り込んだ警察がユウゴ(藤ヶ谷太輔)が追われる。
ユウゴの後を追ったケイゴ(藤ヶ谷太輔 二役)はユウゴを落ち合う里美(倉科カナ)を目撃。
ユウゴと里美の関係にショックを受ける。
後を追ったが見失ってしまった。


ユウゴの存在が確認去れたことでケイゴの容疑は晴れた。
ケイゴは重要参考人の身内ということとなり捜査には加われないだろうという。


ユウゴの復讐は海野の死亡で終わったはずだったが、ユウゴは「自分が殺さなくては意味がない」と言う。
復讐はまだ終わっていないとユウゴは言い、里美にもう少しケイゴの恋人役を演じろと指示した。

ケイゴは里美に電話をかけた。
そして、少し会いたいと言った。
里美がケイゴの部屋を訪れる。
ケイゴは「ユウゴはどこに住んでいるのかな?」とか「里美の家に送ろうか」などと聞いた。
里美はケイゴの家を出るとすぐにユウゴに電話をかけ「いつもとは様子が違う」と言った。
何か取調を受けているようだった、と言った。

海野の死因について調べが入るが毒殺され、しかも他殺と断定される。
さらに海野が使っていたと思われる携帯電話が現場に無くなっていたとも報告される。
と同時に今回の海野の殺害はかつて海野が所属していた暴力団の仲間山沢(若旦那)という男が関係している様子

その情報を得た皆川(高橋克典)と久能詩織(武田玲奈)が山沢を調べに。
山沢は刑事が現れたということで逃げ出す。
逃げる山沢を追いかけるた久能は揉み合って階段から転落しケガを負ってしまった。
幸い1週間程度の入院ですむケガだった。

山沢には妹がおり、その妹が海野から執拗に恐喝を受けていたという。
そのことで山沢には海野を殺害する動機があったとも言える。


この状況に捜査の指揮を捜査一課長である久能源一郎(石黒賢)が加わることになった。
久野はこれまでの状況から捜査情報がユウゴに漏れているのではないかとうたがっている。
同じ捜査一課の赤城(渡辺大)に注意を促した。


ケイゴは里美の勤務先を訪れた。
そして、食事を共にして家まで送ると言った。
さすがにこの状況に里美は断ることが出来なかった。
そしていよいよ里美の部屋に
ケイゴはそこにユウゴがいると思っていた。
しかし、その部屋にユウゴの姿はなかった。


同じ頃、ユウゴは山沢を追いかけていた。
「どうして海野を殺した?」ユウゴは聞くが海野はケイゴが期待したような答えは口にしなかった。
山沢は「妹を守るためだ」としか答えなかった。

そして山沢は逃げ出した。
追うユウゴ
ふたりはもみ合いになるがその時通りがかった車にユウゴが轢かれてしまった....

やっとの思いで立ち上がったユウゴ
そこに1台の車が現れる。
ユウゴを助けたのはなんと皆川(高橋克典)だった。
皆川はユウゴを助け、看病した。
そして、山沢のことは心配するなと言った。

『ミラーツインズ』見逃し5話の感想「急転」

裏切りも2転3転しますね。
はじめに里美がユウゴ側だったことも驚きましたが、今回は皆川までもユウゴ側という驚きの展開です。

ケイゴもユウゴと里美の関係に思い悩んでいます。

【AD】「ミラー・ツインズ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

『ミラーツインズ』関連情報

【ミラーツインズ】見逃し配信(再放送)と最終回(放送回数)について - 森ドラマのテレビ感想ログ