森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報と5話のあらすじ感想

f:id:aeron501:20190327005741p:plain
画像はフジテレビ公式サイトより引用出典

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報と5話のあらすじ感想

【AD】「ラジエーションハウス」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年5月6日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

『ラジエーションハウス』見逃し5話のあらすじ

甘春杏(本多翼)はレントゲン写真の読影アドバイスを五十嵐唯織(窪田正孝)に依頼した。
唯織は杏とのコミュニケーションに喜びを感じている。


甘春総合病院では診療部長の鏑木(浅野和之)がAi(死亡時画像診断)の規模を縮小することを提案する。
しかし、院長の大森(和久井映見)はAi縮小をするつもりは無いという。

そんなとき、Aiの依頼。
13歳の少年直樹(南出凌嘉)が運ばれてきた。
外傷が少ない状況で本当の死因は分からない。
Aiでの診断が必要だと整形外科医の辻村(鈴木伸之)は提案したが遺族はAiを希望しないという。
「本当の理由を明らかにする」という杏の提案にも遺族は納得しない。
しかし、技師長の小野田(遠藤憲一)は遺族にこれからも原因が分からずに悔やむことがあるかもしれない。
そうならないためにもAiを受けて原因を明らかにしておくべきだと、穏やかに言った。


少年はよく弟雄太(斎藤汰鷹)とキャッチボールをしており、死亡したときはひとりでボールを上に投げて取ったりしていたらしい。
そうなると原因が分からない。
この状況にラジエーションハウスでは「虐待」の可能性も否めない雰囲気が漂う。
多くの場合、虐待だと思われても遺族の承諾が無ければ解剖やAiが出来ないことが多い。
今回もそうかもしれないと、面々は思っていた。

しかし、母親がAiを承諾した。
少年の画像解析が行われる。

Aiの担当は威能(丸山智己)
威能はAiの資格を持ったスペシャリスト
甘春(本田翼)、五十嵐(窪田正孝)、らも協力する。
そして、ボールが当たったとされる心臓付近に異常はなかった。
しかし、本当の死因は肝臓破裂によるもの、事故、もしくは暴行などによる殺人の可能性もあることが分かった。

警察への通報をしなくてはならない。

その報告を受けた両親は驚く。
両親は再婚で父親とは血の繋がりはなかった。
気の荒い父親が暴力をふるったのか?
担当の辻村は『手を上げたことは?」と聞く。
一度だけはあるが、それだけだと言った。

五十嵐が何かに気付く

病院には少年の両親の他、幼い弟と近所に住む少年、山村肇(小林喜日)が一緒に来ていた。
少年は倒れている兄を発見した弟から状況を聞き、救急車を呼んだという。

そんな状況で五十嵐が遺族を一室に集めた。
そして、少年の死因について説明を始める。

亡くなった少年、直樹(南出凌嘉)と仲良くしていた近所に住む山村肇(小林喜日)
山村も空手をやっておりしかも左利き
そのことに五十嵐は気がついていた。
そして、直樹のスマホを山村が隠し持っていた。

話を聞くと山村は父親に虐待を受けていた。
そんな状況に直樹のことを仲間だと思っていたという。
しかし、最近直樹が父親と仲良くしたいと思い始めたことで「裏切った」と言った。
そして、ひとりでいた直樹のことを殴ったという。
もちろん殺すつもりは無かったという。
しかし結果的に直樹は亡くなった。

山村は警察に連れられていった。

直樹の父は血の繋がりはなかったが直樹が父と仲良くしたかったという話を弟に聞き、また彼のスマホには父のことを「お父さん」と登録していた....
そのスマホをみた父は泣き崩れた...

『ラジエーションハウス』見逃し5話の感想

だんだん、内容が薄くなってる気が....
今回はAiのスペシャリスト威能(丸山智己)、といいながら結局、唯織(窪田正孝)が解決しちゃった感じが...
まあ、主役ですし。

それにしても少しずつ杏(本田翼)の唯織を見る目が変わってきていますね。
ちょいちょい、唯織のことを「技師さん」と線を引きたがる辻村(鈴木伸之)に「医師免許持ってる」っていつ言うのでしょうかね(笑

唯織の事情を知る院長、認知症の様子の杏の父、もう少し奥深い話になっていくことを期待します!!

【AD】「ラジエーションハウス」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年5月6日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。