森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報と6話のあらすじ感想

f:id:aeron501:20190327005741p:plain
画像はフジテレビ公式サイトより引用出典

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報と6話のあらすじ感想

【AD】「ラジエーションハウス」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年5月13日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

『ラジエーションハウス』見逃し6話のあらすじ

ラジエーションハウスの面々は甘春杏(本田翼)の父、元院長の話をする。
杏とは違いどんなスタッフにも思いやりがあって全員から慕われていたと言う話になる。


同じ頃、院長の大森渚(和久井映見)と診療部長兼放射線科長の鏑木(浅野和之)は五十嵐唯織(窪田正孝)が話をしている。
五十嵐が最近レントゲンやMRI画像の読影をしていることは問題だと鏑木は院長に詰め寄った。
院長はあまり動じず話を聞く。
そしてこのまま五十嵐を放置して問題があった場合には院長にも責任があると鏑木は言う。
そうなったら一緒に責任を取るのかと聞く、院長はもちろんだと答えた。

結果、鏑木は五十嵐の粗探しを始めることに。
まずは軒下(浜野謙太)に唯織が何か問題行動をしたら報告するようにと指示した。


ある公園で女の子がブランコから落ちた。
女の子はブランコの柵に胸から腹部を強く打ち付けた。
そして甘春総合病院に運び込まれてくる。
MRIの結果、内臓に出血がある事が分かった。
その状況に杏(本田翼)はIVRというカテーテルを使った治療をすることを決める。
まだ7歳の女の子の腹部を開くということも抵抗があった。
そのことを母親に報告し了承を得るが鏑木(浅野和之)は難色を示す。
カテーテルだけでは治療はこんなんだとして、腹部の切開を提案する。
技師たちもIVRの可能性を示すが鏑木は強行に開腹を指示した。
母親は急な変更に憤った。

同じくラジエーションハウスの技師たちも最新の技術があっても使う方がリスクを恐れて使わなくては意味が無いと落ち込む....
杏はIVRの経験が無かったが、杏の父はIVRの腕前がピカイチだったという。
その話を杏は立ち聞きしてしまい一層落ち込んだ。

 


杏(本田翼)の落ち込みように唯織(窪田正孝)は何か声をかけようとするが、それは出来なかったと唯織は大森(和久井映見)に相談した。


ラジエーションハウスの面々も少しずつ意識が変わってきた。
唯織(窪田正孝)はひとり部屋に残りIVRの勉強をする。
技師としてIVRの勉強をしても何の役にもたたないと周囲は言うがそれでも「すべての責任を背負う医師のためにできることをしたい」という唯織
その言葉に面々は気持ちを切り替えた。
そして、全員が居残り。
次にまた同じような状況になったときのために....さまざまな状況を鑑みてトレーニングや準備を始めた。
たまたま、帰り際に杏(本田翼)はその様子を見た。
技師たちの熱い思いを見せつけられた。


入院中の患者が倒れる。
患者の容態を見るとIVRしかない。
この状況に鏑木(浅野和之)が学会で不在。
しかし、猶予はない。
技師たちはその状況に杏ならできると背中を押した。

そして、IVRを強行する。
手術序盤、無事に進行していると思われたが突然患者の容態が悪化する。

その状況に全員が困惑する。
唯織が気がつく。
そして、杏に状況を伝える。
それまで手を震わせていた杏
全員からの思いを受けて自信を持って処置に臨んだ。
そして無事に処置は終わった。
自身の状況、そして周囲の協力を得て無事に成功できたこと、杏は唯織にハイタッチをした。


翌日、難しい症例のIVRを成功させたと話を聞いた辻村(鈴木伸之)が杏(本田翼)に声をかけた。
杏は辻村には言わなかったが一人の力ではなくチームだと強く感じていた。
父という大きな背中を見ていたがその技術は一人の力ではなく、自分を支えてくれる人の力があってこそだと改めて感じた。

『ラジエーションハウス』見逃し6話の感想

いいです。
かなりチーム感が出てきました。
確かにこの状況を見ていると医師ひとりだけでは限界があるのかもしれませんね。
技師だけでなくさまざまなスタッフあっての病院ですね。

唯織(窪田正孝)の思いも少しずつ杏(本田翼)に伝わってきましたね。
最終的に恋愛関係にまでなるのでしょうか...!?

【AD】「ラジエーションハウス」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年5月13日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。