森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報と9話のあらすじ感想

f:id:aeron501:20190327005741p:plain
画像はフジテレビ公式サイトより引用出典

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報と9話のあらすじ感想

【AD】「ラジエーションハウス」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年6月3日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

『ラジエーションハウス』見逃し9話のあらすじ

エスカレーターから転落した杏(本田翼)
その場に居合わせた五十嵐唯織(窪田正孝)も慌てる。
頭部のCTを撮影するが特に異常はなく一安心。


そんなとき、有名政治家安野(中村梅雀)が入院することに。
その入院の手配をしたのは鏑木(浅野和之)と辻村(鈴木伸之)の父で別大学病院の教授を務める辻村丈介(名高達男)
安野は入院はするが政治的なことを身を隠したいという事情
辻村丈介は入院の主治医は息子の駿太郎(鈴木伸之)に任せたいと言った。

そして、安野が入院するが検査をするつもりもなく「ただ、ゆっくりしにきただけだ」と言った。
その安野の出迎えに駿太郎は現れなかった。
ちょうど杏の肩のMRI検査をしていた辻村は安野の出迎えに行けず父に嫌味を言われてしまう。


唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)のMRI画像について辻村とは意見が異なっていた。
そのことを何とか伝えようとするが辻村は「技師」の意見に聞く耳を持たない。


翌日、病院の前に報道陣が押し寄せる。
安野(中村梅雀)の偽装入院が の情報がバレてしまた様子。

安野(中村梅雀)は不機嫌
何か適当に病名をつけて記者会見をしろと言う。

主治医の辻村(鈴木伸之)は「適当に」と形だけだと言う。
そんな状況に安野は納得がいかない。
検査もするつもりはない様子。
安野から事情を聞いた辻村の父が検査室に押しかけている。
自身の大学病院で先月人間ドックを受けた安野に異常が出るはずがないと言い、検査は無意味と切り捨てた。
その上で息子に「上を目指すなら、考えて行動しろ」と言い、検査の中止を念押しした。

辻村の父は帰ったが技師たちは検査を行うつもり。
辻村は何か安野の様子に違和感を感じていた。
大学病院は日本でも有数の病院でその優秀な医師たちが問題なしと診断したのだから意味はない、と言いながらも検査を続けることに。
そして、安野がブツブツ言うなか検査が進む。

そして、最後のバリウム検査
技師が淡々と検査をする。
そして、奇跡的にスキルス性胃がんを発見する。

辻村の父が教授を務める大学病院でも見落とした胃がんを見つけたことで双方丸く収まった。
辻村の父は自信を持って息子を自身の下で働かせる口実ができた。


そして、杏(本田翼)の肩の状況が思わしくない。
辻村は唯織の言うとおり手術が必要な状態だったことに気がついた。

辻村はその技師としての唯織の腕、安野の胃がんを見つけた技師たちのチームに感謝の気持ちを表した。

『ラジエーションハウス』見逃し9話の感想

いよいよ最終回目前です。
杏と唯織の関係はどんなところに落ち着くのでしょうか。

唯織は医師免許も持っていますがそのことを病院の人たちに明かす日はくるのでしょうか。
杏は院長(和久井映見)と小野寺(遠藤憲一)の会話で唯織が医師免許を持っていることを知ってしまいました。
そのことは最後にどんな展開になっていくのでしょうか。

【AD】「ラジエーションハウス」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年5月27日時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。