森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【ストロベリーナイトサーガ】最終章(最終回)「ブルーマーダー」ネタバレ感想

f:id:aeron501:20190614015827p:plain
画像出典はフジテレビ公式サイトより引用

【ストロベリーナイトサーガ】最終章(最終回)「ブルーマーダー」ネタバレ感想

2019年春ドラマ、二階堂ふみさん主演「ストロベリーナイトサーガ」
いよいよ最終回目前となります。
最終章と題してラスト第10話、第11話が「ブルーマーダー編」となります。
本記事ではその最終章「ブルーマーダー」編のネタバレ感想を綴っていきます。

記事はネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

【AD】「ストロベリーナイト・サーガ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

『ストロベリーナイトサーガ』最終章「ブルーマーダー」前編ネタバレ感想(6/13放送10話)

第10話(6月13日)放送の「ブルーマーダー」前半のネタバレ感想です。

『ストロベリーナイトサーガ』最終章「ブルーマーダー」前編あらすじ

池袋の貸しビル内で一人の男が遺体となって発見された。殺されたのは暴力団組織、秋庭組組長の河村丈治(湯江タケユキ)。銃創、刺創ともに見当たらず致命傷になる出血もない一方で、内臓は破裂し27箇所もの骨折があったという。
姫川玲子(二階堂ふみ)は生活安全課の江田(久保田創)と組織関係者以外への聞き込みにあたることになった。 勝俣健作(江口洋介)は笹塚署の下井正文警部補(陰山泰)に呼び出されていた。下井は河村殺害に個人的な興味があるという。最近、河村が率いていた秋庭組が目立った活動をしていなかったと続ける下村。勝俣は秋庭組だけでなく、池袋界隈の組組織が急激に息を潜め始めているらしいと話す。
繁華街で聞き込みをする姫川は、河村殺害についてチンピラや半グレたちが必要以上に口を開かない事が気になる。聞き込み捜査を続けるうちに容疑者として浮上してきたのは、“ブルーマーダー”と呼ばれる謎の男。“ブルーマーダー”の名はすでに池袋界隈(かいわい)でとどろいており、行方不明になっている裏社会の人間は何十人もいるという。いったい何者なのか?そして、反社会組織の人間ばかりを狙って殺害し続ける、その理由とは・・・?
あらすじの出典はフジテレビ公式サイトより

『ストロベリーナイトサーガ』最終章「ブルーマーダー」前編視聴後、ネタバレ感想

二階堂ふみさん演じる姫川は暴力団関係の殺人事件を担当することに
前回の9話では姫川班でしたが、要所でバラバラになったメンバーが再び会います。
その解散から、1年後くらいの話です。
解体した姫川班ですが時々会っています。
その間、菊田(亀梨和也)は結婚をするわけですがそのことを姫川に言えずに....

今回はそんな姫川と菊田の再会シーンやらはじめの方に殉職してしまった大塚(重岡大毅)のことも出てきます。

今回は暴力団関係者や半グレ集団など、姫川班解体後の異動先となった池袋での殺人事件を追います。
その犯人は「ブルーマーダー」と呼ばれます。
ネタバレになりますがブルーマーダーの正体は要潤さんでした。
10話ではその正体がバレ、警察に追われることとなるのですが....
要潤さん演じるそのブルーマーダーこと木野はかつて元警察官でヤクザに潜入してスパイをしていたのですが....
捨てられた感じになりました、そして警察組織だけでなく、裏社会にも恨みを持っていたようです。

【AD】「ストロベリーナイト・サーガ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。

『ストロベリーナイトサーガ』最終章「ブルーマーダー」後半あらすじ(6/20放送11話)最終回

池袋界隈で暗躍する裏社会の者たちを次々に殺害し震撼させている“ブルーマーダー”。その手口は何らかの武器を用い、全身の骨をバラバラにすると残忍さだ。事件を追っていた姫川玲子(二階堂ふみ)は、勝俣健作(江口洋介)とバディを組む葉山則之(葉山奨之)から“ブルーマーダー”の正体がわかったと連絡を受ける。元警察官、木野一政(要潤)だった。そんな時、池袋のホテルで警察官も被害を受ける発砲事件が発生。現場に急行した姫川は、近くの公園に身を潜めていた木野を発見、確保する。
姫川が捜査本部に戻ると勝俣がいた。ホテルの事件現場に勝俣と下井正文(陰山泰)がいたことに疑問を持つ姫川。自分で調べろと取り付く島もない勝俣は、木野の取り調べは自分が行うと言い張る。安東智寛警視正(大谷亮介)は、取調官の選任は木野の治療が終わるまでに決まると告げるが勝俣は譲らない。
姫川がホテルで銃撃を受けた下井の病室を訪ねると、勝俣がいた。ホテルでの状況を聞く姫川に、下井は応じる。下井の話を聞いた姫川と勝俣は、木野が元警察官だという情報を組織に流したのは外部の人間ではないかと思い当たる。例えば、木野を組織の潜り込ませた作戦を知る当時の警察官だ。
菊田和男(亀梨和也)は指名手配犯、岩渕時生(木下ヒロト)の潜伏先として茅場組を張っている。菊田は、茅場元組長(相島一之)と出かけた男の風体が、姫川が確保した男に似ていたことが気になるが…。
あらすじの出典はフジテレビ公式サイトより

ブルーマーダーの正体が明らかに。
その正体はかつて警察官だった木野(要潤)
警察から逃げる木野
池袋で行方が分からなくなる。
姫川(二階堂ふみ)が見つけた閉鎖された駐輪所に木野の姿が

銃を構えた警察官が包囲する。
木野は抵抗することなく確保された。

逮捕された木野だが、その取調を勝俣(江口洋介)が行うという。
その裏に何かあると姫川は睨み、その事情を勝俣に迫る。


取り調べをする勝俣、姫川
一方、菊田(亀梨和也)が追っている指名手配犯の岩淵(大下ヒロト)、茅場(相島一之)が木野とよく似た男と一緒にいたことに気がつく。
そして菊田はその茅場に接触する。
結果、茅場と共にいた岩淵に銃を奪われてしまう。

岩淵は菊田を人質に立てこもる。
そして、周囲を警察が囲む。
特別班の到着を待てず、姫川(二階堂ふみ)が建物に入る。
そして、岩淵を説得しようと試みる。

姫川は高校生時代に男に襲われたこと、日々憎しみを持って生きていること、そして許す心も持っていることを話す。
そして、無事に菊田と連携し、岩淵を確保した。

『ストロベリーナイトサーガ』最終章「ブルーマーダー」後編ネタバレ感想(6/20放送11話)

ラスト10分はとても良かったです。
最後に勝俣とも少しわかり合えたような。
そして、姫川の過去、内側の殺意のようなもの。

このストロベリーナイトサーガは象徴的に雨が降りました。
ラストシーンも雨でした。
二階堂ふみさんの演技も今までとはちょっと雰囲気が違う感じで良かったです。

竹内結子さんのストロベリーナイトは未視聴ですが、そちらも気になります。

【AD】「ストロベリーナイト・サーガ」見逃し配信はFOD
▶▶▶FOD登録はコチラから
本記事の配信情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信情報はFOD公式サイトにてご確認ください。