森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【だから私は推しました】見逃し2話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20190727215705p:plain
画像はNHK公式サイトより引用出典

【だから私は推しました】見逃し2話のあらすじと感想

「だから私は推しました」はU-NEXTで見逃し配信予定です。
『U-NEXT』お試しはコチラから
本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
最新話の配信は翌日となります。

『だから私は推しました』見逃し2話のあらすじ

1年2ヶ月前
遠藤愛(桜井ユキ)はサニーサイドアップというアイドルグループの栗本ハナ(白石聖)と出会った。
それ以来、愛はハナを応援することで頭がいっぱいになった。
まずは「コールアンドレスポンス」を覚えようと必死

そして、サイリウムやキンブレを持ってライブハウスに。
そこでハナの「太客」という瓜田に会う。

瓜田は愛のことを「ヤッカイ」と呼び、不信感を隠せない。


愛はライブ後、ファン達と居酒屋に
そこで瓜田のことを聞くが瓜田の素姓は誰も知らない。
それでも瓜田は毎月60万円以上ハナにつぎ込んでいるという。

居酒屋帰りにハナと瓜田が一緒にいるところを目撃してしまうが、瓜田は一方的にハナのことを「恋人」だと思っている様だ。

チェキ券はすべて瓜田が買い占めるため他のファン達は逃げてしまったと言う。


この状況を愛は小豆沢(細田善彦)に相談する。
愛が「しばらくライブに行くのをやめる」というと小豆沢は少しおこったような声で「二度と来んなよ」と言った。
愛のことを薄情だと思ったのかサニーサイドアップがトラブルに巻き込まれないようにと思ったのかは謎。
それでも同じファンの長老格で弁護士の椎葉(村杉蟬之介)と何とかすると小豆沢は言った。


しかし、「来るな」と言われると気になってしまう。
この状況に自分にできることはないかと、ストーカー被害やハラスメントなどのことを必死に調べた。

愛(桜井ユキ)はあることを思いついた。
今はひとりずつのチェキ券だが「共通券」にすることで瓜田が1人でハナを買い占めるということを回避しようと言うのだ。
そのことを小豆沢(細田善彦)と椎葉(村杉蝉之介)に相談すると小豆沢はサニーサイドアップの花梨(松田るか)に指示して運営を説得した。

そして、ある日のライブではチェキ券が共通券になり、1枚に1分ずつでローテーションをしなくてはならなくなった。
今まではハナの分60枚を瓜田が全て買い占めて、60分ハナを独占したがそうも行かなくなった。

そのことで瓜田は発狂し会場で叫びながら出ていった。

想像以上の出来事に愛(桜井ユキ)や小豆沢、椎葉たちは驚いた。
それでもハナ(白石聖)は自分のためにみんながしてくれたことが嬉しいと泣いた。
愛も「ハナちゃんが大事にされていて嬉しいです」と涙を流した。


この時のできごとが1年2ヶ月後の事件の発端になったという。

『だから私は推しました』見逃し2話の感想

桜井ユキさん演じる愛と白石聖さん演じるハナの距離感がとても良いですね。
ハナ推しの瓜田はちょっと狂気的なところがあり怖い感じがします。
これから何か豹変するのでしょうか。

そして愛もハナのことを必死に応援していくのでしょう。
これから1年2ヶ月後、どんな事件が巻き起こるのでしょうか。

『だから私は推しました』見逃し配信情報

「だから私は推しました」はNHKオンデマンド、U-NEXTなどで見逃し配信されています。
いずれも通常は有料での配信となります。

1話216円からとなります。
見放題パックなども用意されており「1話だけ見る」「全話見る」などといった利用方法が選べます。
また、「U-NEXT」はNHK以外の映画やドラマなども配信されています。
配信数は14万本を超え、トップクラスのラインナップです。

『だから私は推しました』見逃し配信お試し情報

「U-NEXT」では初めての利用に限り31日間の無料お試し期間が用意されています。
お試し期間でもポイントの付与があります。
そのポイントを利用して1〜2話程度ですが有料配信を実質無料にて視聴することが可能となります。
もし、このポイントを使用して視聴して、31日間のお試し期間中に解約すれば請求がくることはありません。
もちろん「U-NEXT」は配信数がダントツです。
ポイントを利用しなくても見放題作品だけでもかなり充実しています。
最初から「無料」を目的に契約するのはあまりオススメできませんが、一度お試ししてみるときっとハマると思います。

>>>「U-NEXT」お試しはコチラから
本ページの情報は2019年7月 27日時点のものです。最新の配信状況は配信元にてご確認ください。

『だから私は推しました』関連記事情報

www.mori-drama.xyz