森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

【スカム(ドラマ)】6話のあらすじとネタバレ感想

f:id:aeron501:20190703011811p:plain
画像出典はMBS公式サイトより

【スカム(ドラマ)】6話のあらすじとネタバレ感想

『スカム(ドラマ)』6話のあらすじ

部屋に隠してあった札束を母に見つかってしまった誠実(杉野遥亮)
母はそのことを説明しろという。

母は誠実のパソコンも見て、息子が振り込め詐欺を働いていることを知った。
誠実は「詐欺の仕事」だと告白した。

それでも誠実は「でかい仕事に区切りがついたら辞める」と言った。
幸子(西田尚美)はノルマ達成してすっぱり辞めるのと言った。
そしてそのためには何か手伝えるかも知れないと誠実も驚くような提案をした。


母は介護の仕事で訪れている老人達の状況を誠実に流した。
その名簿には老人たちの家庭環境の様子やタンス預金の金額、ボケの具合などが詳細に記されていた。
その名簿は威力バツグンで誠実たちはノルマを達成しそうな勢い。

そんな時、誠実は毒川から呼び出される。
最近、集金屋が足りなくなっているという。
グループは増やしたが集金屋が少なくせっかく集金できそうなターゲットを見つけても回収ができないという。
対応策は神部(大谷亮平)が金主の東条(杉本哲太)に相談しているという。

神部は東条に会っていた。
東条は神部に「集金屋を手配してやる」というが神部は断る。
しかし、東条の側近が「ヤクザの集金屋が持ち逃げしても泣き寝入りするのを警戒しているんじゃないですかね」と言う。
神部は否定するが図星の様子
結局、東条は笑いながらも神部を牽制し、自分が集金屋を手配すると言った。


誠実(杉野遥亮)は集金屋がいないことに悩んでいた。
唯一心を許している清宮(前野朋哉)に事態を打ち明ける。
しかしその会話を来栖(福山翔太)に聞かれてしまう。

そして来栖から提案を受ける。
来栖は自分の知り合いを集金屋に提案する。
しかし、実際に会ってみるととても集金屋には適さないような男たちだった。
誠実は拒否した。
そんな誠実の態度に来栖は「いつもムカついている」と告白した。
そして「そんな上から目線だといつか後ろから刺されるぞ」と言う。
誠実が「誰に刺されるんだよ」と声を荒げると来栖は話をごまかし「冗談だよ」と握手をしてきた。


ある日、母は詐欺の罪悪感で堪らないと誠実に打ち明ける。
誠実も最初はそんな気持ちだったと告白した。


そして、母がいつもの様に訪問介護に向かうとそこでは介護先の老人が縛られていた。
数人の男が幸子(西田尚美)を襲う。

母が何者かに襲われたという連絡を受け、誠実は病院に
そこで見たものは.....

『スカム(ドラマ)』6話の感想

だんだん、怖い世界になっていきますね。
抜けられない感じ....

まさか母の幸子までこの世界に入ってくるとは..
幸子を襲ったのは来栖の息のかかった(集金人として紹介された)男達でしょう。

母はどんな姿になっているのでしょうか....
来週が怖いです..

『スカム(ドラマ)』の見逃し配信情報について

www.mori-drama.xyz